人気ブログランキング |

サミログinシンガポール ーシンガポールLife備忘録ー sakilogsg.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

東京でのworking woman生活から一転、2014年11月からシンガポールで始まったゆるやかな日々を綴っていきます.


by Sammy
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

タグ:ジャズ ( 1 ) タグの人気記事



4/3(金)が休みだと二日前に気がついた私たち。
当然旅行の予定もなく、夫は思いつきで「ペナンに行こう」と言っていましたが、ノープランで旅行するのは疲れそうで却下。
とりあえずちょっと豪華なランチで始めよう、とリージェントホテル内のイタリアン「Basilico」のランチビュッフェに行くことにしました。

前回、当日予約で玉砕したのですが、前日夜にウェブですんなり予約できました。
日本人会の割引は祝日は適用ナシなので、60ドル++。かなり豪華な、駐妻に絶大な人気を誇るランチとはどんなもんでしょ?と期待大で向かいました。

Tanglin Mallの隣にあるのは知っていましたが中にはいるのは初めて。
Four Seasons系列とだけあって、豪華だけれど洗練されていて上品なインテリアが素敵です。

a0328548_23234784.jpg

a0328548_23260358.jpg
円形のビュッフェテーブルに群がる客たち。
焦って転びそうになりながらもとりあえず一周し、他のアイランドも見てどこから攻めるか戦略を組み立てます。
a0328548_23382675.jpg
早る気持ちを抑えながらドリンクをオーダー。プロセッコのフリーフローは110ドルとのことですが、ここはアイスティーで我慢。
後から知ったのですが、一杯だけが無料とのこと。そのことを知らされずに2杯目のオーダーを取られたので、無料になりましたが…。
案外、知らんふりして2杯目オーダーして知らなかったよ、と言うのが賢いのかもしれません011.gif
a0328548_0135776.jpg

a0328548_0135846.jpg

a0328548_0135975.jpg

a0328548_0135984.jpg

a0328548_014815.jpg
ビュッフェはこんな感じandルクルーゼ(ストウブだったかな?)に入ったアクアパッツァやラザニアなどメインが並んだテーブルが一つ。

さて60ドルの内容とは。
a0328548_01444.jpg

a0328548_014451.jpg

a0328548_01453.jpg

a0328548_014689.jpg

あとジェラートもありました。夫はこれプラスローストビーフを食べていたので元は取れたかと。
個人的にはアペタイザーとラザニアのレベルが高いと思ったのと、4種のチーズピザが美味しかったです。
デザートはもう一歩かな?

平日と休日では10ドル以上差があるので次は平日に来たいと思います001.gif

夜は軽めにして、アラブ人街のジャズバーへ。Time Outみたいなイベントサイトで無料のジャズコンサートがあると書いてあったので、友人夫婦を誘って聴きに行きました。

場所はBali LaneにあるBlu Jaz Cafe。外席もたくさんあり大賑わい。
a0328548_0141070.jpg
中はアーティーでカジュアルな感じで、客層はローカルから欧米人まで年齢も様々。私は知らなかったのですが、ガイドブックにも載っているような有名店らしいです。

今宵のパフォーマンスはローカルのジャズファンクバンド「Fungki Munkees (ファンキーモンキース)」が披露。
a0328548_01491.jpg
サクス、ギター、ベース、パーカッション、ドラム、キーボードを含む総勢9名の本格派バンドです。
シャカ・カーンやアリサ・フランクリン、スティービー・ワンダー、Earth Wind & Fireなどの誰もが知る名曲から、Amy Winehouse、Adeleなど最近のポップソングまで幅広くカバー。エンタメ性抜群のパフォーマンスで、観客を魅了しました。
最後は最近流行っているBruno Marsの「Uptown Funk」で大盛り上がり。とにかくボーカルのマレー系の女の子の声が素晴らしくて歌い方もすごく素敵でした。あれはGiftですね。

帰宅してからから彼女のインタビュー記事を読んだのですが、シンガポールではジャズシンガーと生きていくことがキャリアとして認められておらず、家族からも未だに早く職につけと言われているよう。でも、日々オーディションを受けて頑張っているそうです。彼女のシンガポーリアンの若者たちへのメッセージは「Don't be afraid to fail(失敗を恐れないで)」。よく聞く言葉ですが、この国の若者たちは自分が好きなことにチャレンジすることにまだまだ消極的なので、すごく大切なことだと感じました。

久々のジャズハウス楽しかった〜
Bali Laneいいな。いろんな文化やアートが混ざっていてフランクな感じがワシントンDCのAdams Morganというエリアを思い出します。
アラブ人街の夜、今後もっと開拓したいかも069.gif

a0328548_01034601.jpg
(From Blu Jaz HP)

よろしければワンクリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
by sakilog-sg | 2015-04-05 23:47 | シンガポール:グルメ