サミログinシンガポール ーシンガポールLife備忘録ー sakilogsg.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

東京でのworking woman生活から一転、2014年11月からシンガポールで始まったゆるやかな日々を綴っていきます.


by Sammy
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年 01月 29日 ( 2 )



シンガポールはちょうどアジアパシフィックのど真ん中に位置していることと、市街地からチャンギ空港までタクシーで飛ばせば20分というアクセスの良さから、こちらに住んでいる人たちは毎週末といっても良いほど旅行しているように感じます。

私たち夫婦も、シンガポール駐在中はなるべく多くの近隣諸国に行こう!と意気込んでおり、手始めに正月旅行にバリに行くことに決めたのが、11月末。1/3(土)〜6(火)とピークは外したつもりでも、フライトはほぼ満席、ホテルもbooking.comで予約しましたが、満室のところが多かったです。

日本から年末年始を過ごしに遊びにきていた友達とチャンギ空港で別れ、朝10時の便でバリ・デンパサール空港へ出発です!

数日前のエアアジアの墜落事故があったゾーンを通るので少しドキドキしていましたが、大きな揺れもなく、2時間20分後に無事到着。機内アナウンスで気がついたのですが、シンガポールとバリは同じタイムゾーンに位置するため時差がありません。(インドネシア自体は3つのタイムゾーンに分かれているので、ジャカルタとバリでは1時間の時差があります)
a0328548_22165829.jpg

予約していたThe Legian Baliはスミニャックにあるリゾートホテル。スミニャックはオシャレなカフェやレストランがあり、ゲイカップルも沢山いる大人の街といった感じです。
a0328548_16531218.jpg
From HP
お昼頃ホテルに着いたので、早速ホテルに車をアレンジしてもらってウルワツ寺院へ。バリ市街はものすごく交通量が多く、ウルワツまで2時間ぐらいかかりました。3時に出て着いたのは5時ぐらい。

ケチャダンスが始まるまで散策。ドライバーさん(19歳の日本語が少しできる男の子)に「サルイルカラ、サングラスダメ」と言われかなり警戒しながら歩いていましたが、この日はサルには出会いませんでした。
a0328548_22170001.jpg
ウルワツ寺院のメインイベントは夕日をバックに行われるケチャダンス。ガイドさんが席を確保してくれたので、いよいよ始まる、座ったところでハプニングが…。

混んできたので少し横にずれた途端に、太ももの付け根に激痛が。思わず声をあげ飛び上がり、木の棘が刺さったのかと確認するも、棘らしきものは見当たらず。まさか…と思って夫に聞くと、言いにくそうに「ちっちゃなハチが飛んでった」と。
「!!」恐る恐る太ももを触ってみると腫れていてしかも激痛。

これは消毒したしたほうが良いのではとキレイキレイで拭き、それでも不安でガイドさんに事情を話すと、「オソレルコトハアリマセン」と笑っていて、それで妙に安心したのでした。ここの人たちはきっといつも刺されて平気なんだと。

とりあえず、痛い太ももを我慢してケチャダンスを鑑賞。
a0328548_22170285.jpg
最初は儀式的な雰囲気でしたが、最後の方は、サル役の人が観客席に座って一緒にセルフィーを撮ったり、シルクドソレイユ的な参加型になって、エンタメっぽくて楽しかったです。

後から調べたところ、恐らくハチではなくアブだったのではと。ブヨはかゆくなるらしいですが、アブは刺された途端に噛みちぎられるらしく、激痛はあるものの、後には残らない、とのことなので、アブでよかったかも…。

帰りも渋滞で、ようやく8時にホテル着。私の傷を気遣ってか、帰り道は日本の音楽を流してくれたドライバーさん。高校生でアルバイトで運転手をしているらしい。60ドルのところtipとして70ドル渡したら目をキラキラさせてお礼を言ってきました。かわいいな〜。アメリカ人だったら、20ドルのチップは当然と思って、10ドルごときではあんなに喜ばないわ。

ディナーはホテルから歩いて五分の海沿いのインドネシアン/イタリアン「La Luciola」へ。
a0328548_17023806.jpg
From HP
海に面したバルコニー席にキャンドルが灯っていて何ともロマンチックな雰囲気。素材は新鮮、そしてワインもお食事もクオリティは高いのにシンガポールの半額ぐらいのお値段。日本より少し安いぐらいでしょうか。値段を気にせず色々なお料理を心置きなく楽しんだのは久しぶりかも。

バリでの1日目が終わりました。
もしよろしければワンクリック頂けるとうれしいです058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2015-01-29 22:34 | 海外旅行

新鮮な野菜やお肉、お魚が安価で手に入るとシンガポールの主婦の間で絶大な人気を誇るチョンバルマーケット。シンガポールには「ウェットマーケット(床が濡れている)」と呼ばれる市場がいくつかありますが、中華系でメジャーなのはチョンバル、インド系はテッカセンターと言われています。

シンガポールに引っ越してきて2ヶ月半。家の近くのCold StorageやMarket Placeで買い物していますが、野菜はなんかしんなりしているし、お肉も種類が少なく、お魚なんてシャケやタラの切り身しか買いたいものがない、、という状況で、(言い訳になるかもしれませんが)あまり料理にも力が入らず…。

というわけで、チョンバルマーケットでウェットマーケットデビューをすることにしました043.gif
a0328548_13504925.jpg
市場の朝は早く、人気のお肉やさんなんかは9時前に売り切れる、という情報のもと、8時には行こう!と意気込んでいたものの、結局いつもどおりの時間に起きてしまい、着いたのは10時半…。でも保冷剤と保冷バッグは持ってきたので、準備万端です。

a0328548_13505056.jpg
お野菜も果物も種類が多く色が鮮やか!

a0328548_13505176.jpg
まずは売り切れ必至と言われている鶏肉屋さんへ。
a0328548_13505269.jpg
日本語が通じると主婦の方のブログなどで読んでいたので、「鳥ももと胸ください」というと、「モモ、ムネあと一つ。オソイネ!」と初っぱなからダメだしされました(笑)。「骨取るから」ととても親切。モモ150と胸肉300gを無事にゲット。全部で6ドルぐらいだったかな?なんてリーズナブル!

a0328548_13505466.jpg
そしてここも日本語が通じると調べていたお肉さんへ。近づくと「ショウガヤキ?」と聞かれたので、生姜焼き用を6枚、ひき肉を200gゲット。合計4ドル也。安いな〜
a0328548_13505566.jpg
お魚もエビも気になるけれど、一気に買っても保存が大変なので、次回にすることに。
それに、魚はもっと朝早く来てどこが人気が見るべきかもと思い。

a0328548_1350574.jpg
さて、お野菜。入って右手にある八百屋さんをまずチェック。芽キャベツや筍、オクラになんでもあります。袋売りからいくつか取ってもいいのかな、と迷ってシンガポーリアンらしき主婦の二人組に聞くと、お店のお兄さんに向かって「アイバーン、ハーフ キャン オア キャンノット?」とシングリッシュで聞いてくれました。「キャンラ!(Canlah)」とのことなので、無事必要分をゲット。
他の八百屋さんも見たかったけれど、とりあえずいくつか買って、支払おうとしたら目に止まったのが「ごぼう」と日本語で書かれたごぼう。いくらか聞くと、なんと1ドル30セント!慌てて買って後悔したのですが、よくみると「ごぼう(中国産)」と書かれていました…。返品したかったけど、お兄さんが親切に半分に切ってくれたし、持って帰ることに。

a0328548_13505842.jpg
次の店では「これどこ産?」といちいち聞いてみることに。すると「チャイナ!」と悪びれもせずに言うではありませんか。いや、正直で本当助かる。だって、隣のオーストラリアの主婦は「I love China, but not made in China」と言い返していたので、中国産が外国人主婦の間で不人気なのは知っているはず。でもちゃんと中国産は中国産と教えてくれるので、ほうれん草などはゲットせず、タイ産のインゲンや、ニュージーランド産のカリフラワー、マレーシア産のパプリカなどを購入。

a0328548_13505943.jpg
ウェットマーケットの2階はホーカーセンターになっています。
シンガポールに数あるホーカーの中でもレベルが高いとチョンバルは特に人気。
(ちなみにシンガポーリアンの知り合いに聞いたところチョンバル、マックスウェル、オールドエアポート(ベドック)はローカルが認めるレベルなのだとか)

a0328548_1351062.jpg
お肉を持っていなかったら、早めのランチを食べたいところだけれど…。
a0328548_1351182.jpg
ジュースで我慢。いつもはスイカやパイナップルなど無難なところをチョイスするけれど、ブログで見て美味しいと書いてあったサトウキビにトライ。

a0328548_1351281.jpg
想像以上に甘さ控えめ、すっきり、レモンの酸味が爽やかで美味しかった!1ドル40セント也。
5ドルとかのアイスコーヒー買うのバカバカしくなるわ〜。
いやしかし、こういうものにトライしてブログに書いてくれる主婦の方がいるから助かるんですよね。自分でならトライしてなかったかも。

両手に荷物でタクシーに乗りたいところだけど、タクシー代の5ドルで肉がたんまり買えると知った今、乗る気にはなれず、16番のバスで帰宅。
a0328548_1351395.jpg
ちょっと買いすぎたかな?ちなみに、産地を聞かなかった芽キャベツは中に結構虫が入っていました。こういった失敗を繰り返してウェットマーケットに詳しくなっていくのかな。
こうやってみるとオクラ大きいな…。ネギは買った覚えないけど、サービスかな?

a0328548_1351432.jpg
アップルマンゴー5ドルとマスカット4ドル。フルーツはちょっとお高め?
でも成城石井でこの2/3ぐらいのアップルマンゴーは800円ぐらいしたし、やっぱりお得かも。

a0328548_1351527.jpg
さて、何を作ろう。日本人会の図書館で借りてきた料理本とにらめっこ。

結局鳥ももはメインにするには中途半端な量だったので、野菜と一緒にポトフに、生姜焼き用は味噌床に一晩寝かせることに(一昨日生姜焼きだったので…。)。胸肉は蒸すかな?オクラは胡麻和えかな、と午前中はほとんど料理で疲れました(笑)。中国産のゴボウはどうするかな〜…。

今回学んだこと:
ー肉や魚が買いたきゃ早めに行け
ー野菜の産地は細かく聞け

正解だったこと:
ースニーカーで行った
ー保冷剤を多めに持って行った
ーキレイキレイのウェットティッシュを持って行った(やっぱりお肉屋さんは肉まみれの手で渡してくるので)

チョンバルマーケット、次は早起きして再チャレンジだ!



もしよろしければワンクリック頂けるとうれしいです058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2015-01-29 13:50 | シンガポール生活:主婦