サミログinシンガポール ーシンガポールLife備忘録ー sakilogsg.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

東京でのworking woman生活から一転、2014年11月からシンガポールで始まったゆるやかな日々を綴っていきます.


by Sammy
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

オシャレなカフェ&建築ツアー@National Gallery


a0328548_14101338.jpg
ナショナルギャラリー内のショップ&カフェがオシャレだと聞いて、ランチに訪れました。
a0328548_14101301.jpg
こちらは建物の裏、Supreme Court Lane側ですが、旧裁判所を思わせる整然とした景観が素敵です。
City Hall駅の出口B(North Bridge Rd.沿い)が一番近く、Coleman 通り側のエントランスまで屋根が設置されているので、雨の日にも便利です。

a0328548_14101328.jpg
こちらはパダン側の正面エントランスからの景観。
階段を降りた地下にチケットカウンターがあります。
このアトリウムが、右手の建物(旧市庁舎)と左手の旧最高裁判所を連結しています。

まずはランチということで、入り口入って右手の廊下を進んだところにあるGallery& Co.のカフェへ。
a0328548_14101459.jpg

a0328548_14101446.jpg
カフェの奥にはショップがあります。
a0328548_14101500.jpg
サンドイッチのほかにもパスタ、チキンやサーモンのグリルなどがあります。
a0328548_14101509.jpg
広々としたイートインスペース。
Wifiが無料なので、作業や打ち合わせをしている人もいました。
a0328548_14101601.jpg
日当たりの良い窓際席は人気で、後日週末に訪れた時も埋まっていました。
この日のランチはサーモンとクスクスのサラダを
a0328548_14101776.jpg
後日、牛ほほの赤ワイン煮とチキンとバジルのサンドイッチをトライしてみました。(これは2人分です)
一見簡素的なカフェテリアなのですが、ひとくち食べると焼き具合やソースなど本格的でびっくりしました。
ヘルシーにタンパク質を摂りたい時にオススメです。クラフトビールも種類豊富です001.gif
a0328548_14145174.jpg
Gallery & Co.の並びにはチョンバルやオーチャードにあるPlain Vanilla Bakeryもあり、カップケーキがずらり。
a0328548_14145226.jpg
ギャラリーショップにはMaison Kitsuneが豊富に展開016.gif
a0328548_14145210.jpg
ほとんどがメンズなのがちょっと残念ですが、トートバッグや携帯カバーなど小物もありました。
(レディースのMaison KitsuneはCapitol Piazza2階のセレクトショップ「Manifesto」にあります016.gif

キツネの顔が描いてあるトートが可愛くて迷ったけれど買わず、家でググってみると2016秋冬の新作で日本では完売状態なのだとか。この間のUniqlo xルメールじゃないけれど、日本で人気のものがこちらでサラッと買えるのは大変ありがたいです。

余談ですが、ルメールがUniqloのデザイナーとして着任し、「Uniqlo U」というパーマネントラインが秋ラインから発表されるのだとか。こちらで着るなら春ラインから注目したいところです。

a0328548_14145399.jpg
ランチの後、ちょうど3時だったので建築ツアーに参加しました。(午前中にも11:30に開催)
地下のチケットカウンターで券を買うのですが、SQのフライトコンファメーションを見せると少し割引になります。

a0328548_14145313.jpg
元エンジニアの経歴を持つ初老の男性が、この建物のデザインから構造までを詳しく説明してくれました。
以前訪れた時は、ポンピドゥー展を見て帰っただけだったので、建てる時の苦労話や工夫、昔の建物がシンガポールにとってどのような意味を持っていたのか、などを知るのはとても興味深かったです。
a0328548_14145428.jpg
例えばこちらは1959年にリークアンユー氏が首相に就任した際の会場だったそうです。

a0328548_14145460.jpg
白い部分は建物の元々の姿をの残したものですが、原型を崩さないように工事を進めるのはかなり難しかったのだとか。
a0328548_14145442.jpg
アートの展示は旧市庁舎で行われており、最高裁判所側は、歴史の展示がメインとなっています。
a0328548_10223205.jpg
今開催中の展示の中でもぜひオススメしたいのが、4階にあるWu Guan Zhong Galleryの個展です。
中国の現代絵画の巨匠、呉冠中の作品が初期〜晩年まで展示されています。

a0328548_10223273.jpg
中国からパリの美術学校へ国費留学した若き時代の美しい風景画。
a0328548_10223275.jpg
a0328548_10223391.jpg
a0328548_10495013.jpg
そして、文化大革命で迫害を受け、田舎に送り込まれて労働を強いられ、1966年からの6年間は筆を持つことさえ許されなかったのだとか。
a0328548_10223380.jpg
a0328548_10495129.jpg
ようやく与えられるようになった僅かな自由時間で描き続けた田舎の風景。過酷な状況でも純真な目線や芸術へのパッションを失わなかった作家の強さが美しい絵から伝わり、感動しました。

a0328548_10223418.jpg
学生時代を過ごしたパリを30年後に訪れた際に描かれた絵や、故郷の風景を水墨画で表現したものなど、91年にわたる激動の人生を感じられる素晴らしい展示となっています。
a0328548_10495295.jpg
a0328548_10223591.jpg


展示は9/25まで開催中です。
長い記事にお付き合いいただきありがとうございました012.gif



最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2016-08-03 10:53 | シンガポール:アート | Comments(0)