サミログinシンガポール ーシンガポールLife備忘録ー sakilogsg.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

東京でのworking woman生活から一転、2014年11月からシンガポールで始まったゆるやかな日々を綴っていきます.


by Sammy
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:マレーシア ( 6 ) タグの人気記事



a0328548_20120361.jpg
大晦日は年越しもせずに11時に就寝し、翌朝は6:30に起きてタクシーで山を越え、今回の度のハイライトであるジェットスキーに挑戦!
大昔高校生のときにアメリカで体験したことはあるのですが、その時はビーチで遊んでいてノリで借りて小一時間乗り回した程度でした。

今回は4時間のツアーで、8つの島々をめぐるアイランドホッピングなので、ちょっと次元が違います。

a0328548_19580363.jpg
ビーチは空港の少し南で、この辺りにジェットスキーの業者がいくつもあるのですが、ネットの評判がよかったMega Sportsにしました。
乗る前にジェットスキー前で記念撮影。
いざツアーが始まると、ライフジャケット&ショートブーツの重装備で全然サマにならなかったので、先に撮っておいてよかった(笑)

さて、今回用意しておいてよかったものは
ースポーツ用のサングラス(とにかく激しく弾むので、ファッション用の物では落ちてしまいます)
ーiPhoneの防水カバー。(紐付き。Far East Plazaなどローカルモールで安く売っています)
ーラッシュガード(4時間炎天下のため長袖が必要)
ースプレー式日焼け止め(クリームを塗っている余裕がない)
ー予備のコンタクトレンズ
ーグミ(塩水で口がしょっぱくなるので)
ーミネラルウォーター(配られるかなと思いきや配られなかったので)
ー上記を入れる防水バッグ(Mega Sportsでも購入可能)
ーバスタオル2枚とハンドタオル1枚

逆に必要なかったものは
ー着替え(着替えるスペースがなく、結局水着&ショートパンツで帰ることに)
ーTevaなどのストラップ付きビーチサンダル(ショートブーツを貸し出してくれたので)
ーデジカメ(一応持って行ったし、撮りましたが今思えば落とす確率も高かったなと…)

持ってかなくて、必要だったと感じたものは
ー小銭とティッシュペーパー(ジオパークのトイレが有料)

a0328548_20120568.jpg

最初に運転したのは一応経験者である私ですが、インストラクターに4台(8人)でついていくのですが、とにかく波が荒く、ジャジャ馬に乗ってるかのように弾んで大変でした042.gif
前の人のジェットストリームに捕まると余計に弾むので4台V字で進むのですが、これがなかなか難しくて、しかも40マイルは出していないと逆に安定しないので、周囲をにらみつけながら、かなり神経を使いました
a0328548_20120400.jpg
夫に交代した途端になぜか、波が穏やかに015.gif
a0328548_20120561.jpg
絶壁や

a0328548_19580440.jpg
洞窟に入ったり、

a0328548_19580418.jpg
途中下りてジオパークに立ち寄り、淡水の湖で泳いだり、マングローブを見たり、イーグルネストがある岩を見たり…大自然を堪能しました。

a0328548_20120693.jpg
こちらは最後に立ち寄ったスポットで、通常ならシュノーケルがツアーに含まれているのですが、この日は波が荒くて中止となり少し残念でした。
最初は怖かったスピードも、段々はまってきて、最後には大声で叫びながら猛スピードで走ってすごくリフレッシュできました!

かなりアクティブな年始め。楽しい1年になるといいな〜024.gif

a0328548_20120728.jpg
ホテルに戻り、ランチの後はハンドルを握りしめた緊張で凝り固まった体をほぐしにスパへ。
前日のゴルフの後に入れていたのですが、荷物が遅れたため、1日後ろ倒しになり、結果それでよかった気がします。

風や鳥の音を聞きながらのスパは、エアコンが効いてスピリチャルな音楽がかかっている室内スパよりもずいぶんとリラックスできました016.gif
a0328548_20120767.jpg
東を向いているので夕日は見えないのですが、スパのテラスからのDatai Bayの景色が綺麗でした。

夜は、元旦、ということで敷地内の日本食レストランで日本食でNew Year Dinner Buffetが開催されていたので行ってみることに。
あまり期待せずで行ったけれど、その場で揚げてくれる熱々の天婦羅に天つゆと大根おろし、生姜まで用意されていて割と本格的。
煮物も鉄板焼きも美味しくて、日本酒まで用意されていて、お正月気分を味わえました012.gif

Andaman Dataiには託児所も完備されていて、プールにはスライダーもありました。
ファミリーでも、大人だけでも楽しめるリゾートだと思います083.gif

今度は週末に、直行便で訪れたいと思います060.gif


最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2017-02-08 16:20 | 海外旅行 | Comments(0)

明けましておめでとうございます!
去年は極寒のソウルと雪の日本で年末年始を過ごしましたが、今年は3泊4日でマレーシアのランカウイ島へ。
ゴルフにジェットスキーとアクティブに過ごしました。

さて、初っ端からハプニングが。
早朝のシルクエアーからKLでマレーシアエアラインに乗り換えて、という旅程の中、不安が的中し、ランカウイ空港でスーツケースが出てこない…008.gif
私たちだけではなく30人ほどが同じ様な状況で小部屋の事務所前にはズラリと行列が。小一時間待ってようやく自分たちの番になり、滞在先とスーツケース、ゴルフバッグの特徴を伝えました。

さて、出てこないものは待っていても仕方がないので、滞在先の「Andaman Datai」へ。
空港から車で30分ほどの山を越えたところにあるDatai Bayに面しているリゾートです。
a0328548_18093704.jpg
ここにした理由は、近くにあるEls Clubでラウンドしたかったから!
もうひとつ「The Datai」という有名リゾートが近くにあるのですが、割高&満室で「Andaman」にしましたが、結果、正解だったと思います060.gif
a0328548_18093873.jpg

到着後、コンシェルジュに状況を説明すると、おそらく4時までには届くだろう、とのこと。その時点で1時だったので後数時間か〜雨も降ってきたし。ととりあえずランチをすることに。

朝食も用意される「The Restaurant」でのグリーンカレーとチキンバーガーがどちらも絶品でした016.gif
a0328548_18093987.jpg

ボトルキープしてくれるとのことだったので、Pouilly Fumeをボトルで。酒税がかからないランカウイだからか、70SGDとお得な価格でした069.gif

お部屋はオーシャンビューで、ソファとテーブルがついているのが気に入りました。小さなバルコニーもあり、バスタブも深くて全体的にゆったりとした感じでくつろげます。
a0328548_18093912.jpg

a0328548_18094028.jpg

a0328548_18094216.jpg

a0328548_18094219.jpg
朝から色々あって疲れたのでゆっくりバスタイム。

さて、4時になったのでコンシェルジュに行ってみるもののやはり届いておらず…夜の便で届くはずと言われましたが、保障はないので(ランカウイの空港に電話が繋がらないとのこと)、明朝のゴルフを午後に変更しました。
a0328548_18094332.jpg

部屋に戻りシルクエアー、KLの空港、マレーシアエアにかけてみるも、なしのつぶて007.gif今日はもう出てこない、と諦め、洗顔とローションを買いにギフトショップへ…と行ってみたもののおいてない…015.gif

バギーでスパに送ってもらい、事情を説明したら洗顔とローションを分けてくれたけれど、渋々といった感じがちょっと残念でした。

ディナーはビーチ沿いのレストランへ。ビーチにそのままあるので床が砂というのが面白かった。
a0328548_18094457.jpg


シーフードがメインのレストランで、魚を選んで料理してもらうこともできるけれど、お昼が遅かったので、アペタイザーのタコとメインのシーバスを一つずつでシェアして、一杯ずつ飲んで軽めに。

同じ便に乗っていた家族を見かけたので話しかけると、シンガポールからで4人の中、子ども2人は手荷物だったからまだマシだったとのこと。赤ちゃんがいたら大変だったと話していて、確かに…と納得&同じシチュエーションのゲストがいるということで、「お互い何かわかったらアップデートしよう」と話し、ちょっと心強く安心しました012.gif

コンシェルジュに寄り、最後の確認をしてやはり荷物はなく、明朝のネイチャーウォークを予約。その夜は何だかどっと疲れて早めの就寝でした014.gif

次の日に続きます。


最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2017-01-07 18:26 | 海外旅行 | Comments(0)

a0328548_17004160.jpg
ペナン最終日の3日目は夕方のフライトまで時間があったので、ジョージタウンのE&Oホテルでスパ&アフタヌーンティーでゆっくりすることにしました。
a0328548_17004107.jpg
2日目を宿泊したGホテルの朝食ラウンジ。
1泊目のJawi Peranakanと対照的な広々としたダイニングです。
a0328548_17004249.jpg
ビュッフェの種類も充実011.gif
前の晩が屋台で野菜不足だったのでサラダをたっぷりと。
a0328548_17004239.jpg
タクシーでジョージタウンに戻り、海沿いのE&Oホテルへ。
英国植民地時代の名残りを感じさせるコロニアル建築が美しい高級ホテル。
創業はシンガポールのラッフルズホテルと同じアルメニア人のサーキーズ兄弟だそうです。どうりで雰囲気が似ています。リークアンユーやチャップリンなど著名人が多く宿泊したことでも有名。
a0328548_17004339.jpg
a0328548_17004309.jpg
廊下には額に入ったプラナカンタイルの数々が012.gif
a0328548_17004426.jpg
スパのお部屋は広々と明るく気持ちがいい016.gif
a0328548_17004489.jpg
穏やかな海が見える窓。

a0328548_17004429.jpg
2時間半のボディートリートメントは466MYR(154 SGD)。
ボディラップやスクラブも入り、マッサージのクオリティも高く大変満足度の高いプランでした。
a0328548_17004549.jpg
マッサージの後は一階の1885というダイニングでアフタヌーンティーを。
焼き菓子、サンドイッチともにとても美味しくて、正統派の英国式アフタヌーンティーを堪能しました063.gifこれで一人20ドルちょっとだった気が…シンガポールの半額以下です。
a0328548_17190030.jpg
ダイニングを外にでると海が。
風光明媚なリゾート感、地中海沿いの街みたい…といっても反対側の出口から出ればまた全然違う雰囲気なのですが…
a0328548_17190015.jpg
フライトまでまだ時間があったので、タクシーで5分ほどのコーンウォリス要塞へ行ってみました。
a0328548_17190059.jpg
1786年に初めて英国人がペナンに上陸した際に建てられた要塞です。
ラッフルズがシンガポールに上陸したのは1819年ですから、30年以上も前にペナンはイギリスの植民地になっていたんですね005.gif
a0328548_17190149.jpg
いくつかある大砲の内、この大砲は子授かりの大砲と言われていて、花を手向けて二人で願い事をすると良いのだとか056.gif
a0328548_17190128.jpg
ペナンに上陸した東インド会社のフランシス・ライトの銅像。
10分もあればみて回れるのですが、その割に入場料が高いのが微妙でした…確か20ドルぐらいしたような。ガイドもなしでこれは高い気がします…

対照的に入場料が1リンギットと格安だったのが、ペナン博物館。
30円の安さにしては内容も充実していました。エアコンが効いていなくて暑いし、展示物は特に迫力があるものには欠けるので、まぁ行っても行かなくてもという場所ではありますが…015.gif
歴史が好きで、シンガポールの博物館にも良く行くということであれば、関連づけることができて楽しいかもしれません045.gif
a0328548_17190125.jpg
この小ささはシンガプーラキャットかな?
a0328548_17190273.jpg
お土産がないかとLove Laneをぶらぶら。
a0328548_17190283.jpg
こちらのお店はもともと中国から来た金細工職人のアトリエだったそうですが、5年前にギフトショップとして再オープンしました。

a0328548_17190311.jpg
レプリカですが、プラナカンタイルもたくさんありました。
a0328548_17190327.jpg
ペナンの有名観光名所の一つであるブルーマンション。
見学できる時間(ツアーの時間)が決まっていて11時、14時、15時半と1日に3回あるのですが、私たちは今回は参加できませんでした。
a0328548_17223032.jpg
マラッカでもプラナカンマンションを訪れたし、シンガポールにもオートラムパークにブルーマンションがあるし、いっか…と思ってスルーしましたが、TripAdvisorを見る限り、とても素晴らしい様なので、一見の価値ありかもしれません。

1日目はジョージタウンの壁画探し、2日目はガーニードライブでショッピング&屋台、3日目はE&Oホテルと観光、と朝着いて夜アウトだったので丸3日間ペナンに滞在しました。

もしかしたら、1泊2日でも十分楽しめるのかな、と感じたので、土曜の朝到着、ジョージタウン散策、夜ガーニードライブ屋台、日曜はバトゥフェリンギ(ビーチ)、ってのもありなのかもしれません。次回訪れるならそうするかな…?

風情があって安くて安全で…シンガポールから週末旅行で行くにはオススメの場所です016.gif




最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2016-06-25 19:07 | 海外旅行 | Comments(0)

a0328548_12444840.jpg
ペナン旅2日目の朝。
気持ちよく起きたと言いたいところですが、夜中のバイク&爆竹と朝5時台に朗々と響きわたるコーランで寝不足気味…014.gif
街中の歴史的建造物に泊まるのは素敵な体験ですが、街の騒音や窓があまり防音されていない点などは見落としていました。

Booking.comで2泊抑えたつもりが、うっかり1泊しか予約できていないということが旅行の数日前に発覚し、1日しか泊まれなかったのですが、それはそれで良かったのかもしれません…042.gif
a0328548_12444923.jpg
さて朝食ですが、このテーブルに宿泊者が集まり、
a0328548_12444979.jpg
フルーツやパン
a0328548_12444984.jpg
ナシレマやロティで軽い朝食を。
セルフサービスだし、ホテルの朝食としてはちょっとシンプル過ぎる気も…?

でも、ここのホテルはサービスがすごく温かかったので睡眠と朝食を除けばとても快適なステイでした。お部屋の温度も水の水圧もまったく問題ナシ、ベッドも寝心地良し、そしてフロントスタッフがいい人たちで、レストランのレコメン、タクシーを呼ぶ、諸々問い合わせや予約などテキパキとヘルプしてくれてとても助かりました。

さて、タクシーに荷物を積んで向かった先は2軒目のホテル。
a0328548_12444900.jpg
a0328548_13135221.gif
こちらペナンの地図をtourist malaysiaのサイトからお借りしました。
ジョージタウンから車で20分ほど北上したところが2泊目の宿泊先のガーニードライブです。さらに北上すると、ビーチリゾートでファミリーに人気のバツーフェリンギがあります。

到着したのは「Gホテル ケラワイ」。
目と鼻の先にもう一軒「Gホテル ガーニー」がありますが、ケラワイの方が新しく落ち着いた雰囲気です。
a0328548_12445020.jpg
一泊目とは対照的なモダンなデザイナーホテルといった雰囲気。
a0328548_12445030.jpg
チェックインの間までルーフトップのラウンジでお茶を出してくれました063.gif
a0328548_12445104.jpg
ルーフテラスとプールからペナンの街が一望できます。
a0328548_12445159.jpg
お部屋はゆったりとした広さで、かなり静か…!今夜はゆっくり眠れそうです。
a0328548_12555360.jpg
a0328548_12555312.jpg
深いバスタブと

a0328548_12555429.jpg
アメニティのブランドもオーストラリアのオーガニックブランド016.gif
a0328548_12445143.jpg
隣にガーニーパラゴンというモールがあったので、そこでランチにしました。
a0328548_13234168.jpg
(Borrowed from Hotels.com)
a0328548_12555485.jpg
2階の屋外にあるLuna Richというイタリアン。パスタもピザもとても美味しかった!
a0328548_12555469.jpg
ホテルを挟んでもう一軒向こうにプラザガーニーというやや庶民的なモールがあります。
a0328548_12555583.jpg
やはりシンガポールと比べると物価が安く感じました。
夫は、まったく予定外でしたがここでメガネを新調することに027.gif
ヴィクター&ロルフのメガネが日本やシンガポールで買うよりも6割ぐらいの値段で、視力を測りレンズもその場で作ってくれました。
一時間後にピックアップというのでその間、モール内にあるタイマッサージへ。
a0328548_12555563.jpg
昨日ジョージタウンの街を歩き回ったので足がかなり疲れ気味。
こちらのマッサージも綺麗な施設なのに値段がシンガポールの6割ぐらい…!
a0328548_12555534.jpg
無事メガネを受け取り、ホテルのルーフトップのカクテルアワーへ。
宿泊者には無料でアパタイザーのみならずドリンクもサーブされるというかなり太っ腹なサービスです。
a0328548_12555606.jpg
夜はお目当てのガーニードライブの屋台へ。
ホテルから海沿いを歩いて5分ほど北上したところにあります。
a0328548_12555618.jpg
ようやく出会えた絶品屋台メシ!
プラウンミーは海老の出汁が濃厚でかなり美味しかったです。
看板を撮り忘れてしまいましたが、入り口入って割とすぐ右手にあり、大きくプラウンミーとか海老麺と書いていた気がします。
a0328548_12565568.jpg
チャークイティオの行列に20分ほど並んでゲットしたのがこちら。

a0328548_12565577.jpg
海老がプリっとしていて美味しいけど、ちょっと卵と油が夜食べるには重いかな…
でも、食べてみてよかったと思える味でした。

そんな感じで、ペナンでホーカー行くならレッドガーデンよりガーニードライブだと思います。バトゥフェリンギにも人気のホーカーがあるようです。

最終日に続きます043.gif



最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2016-06-20 13:42 | 海外旅行 | Comments(2)


a0328548_16024785.jpg
ホテルに戻ると部屋の準備が出来ていました。

a0328548_16024806.jpg
2階建てのロフトになっていて2階にも大きなベッドがあるので、ファミリーでも十分に泊まれるサイズでした。
ゆったりしたソファもあり、居心地が良くてしばし一休み014.gif

a0328548_16024918.jpg
窓からは鮮やかなタイルの噴水が。
a0328548_16024967.jpg
a0328548_16025019.jpg
泳ぐというよりは鑑賞用だけれども、やはりタイルが素敵なプールも。
夕方になって大分涼しくなったので、また街に繰り出すことに。

最初の目的地は、お友だちがブログで紹介していたヘッドスパ
a0328548_16025078.jpg
資生堂のプロダクツをふんだんに使ったヘッドスパで、二人で70ドルというリーズナブルさ!
スタッフもとても親切で、二人がかりでブローをして髪も巻いてくれました016.gif
a0328548_16025144.jpg
ヘアサロンの近くにあるウォールアート。
人だかりの前でポーズをとって写真を撮る恥ずかしさにも段々慣れてきました(笑)
a0328548_16025118.jpg

a0328548_17431468.jpg

日が暮れ始めたジョージタウンの街をジャランジャラン。
日中よりもいい雰囲気です。
a0328548_16025280.jpg
a0328548_16025263.jpg
モスクもライトアップされていて綺麗でした。
a0328548_16065333.jpg
ペナンといえば屋台のローカルフードということで、レッドガーデンという大きなホーカーへ。

a0328548_16065400.jpg
ポピアやロバックをおつまみにお目当はペナン名物のラクサ。
日本人には好き嫌いが分かれるというこの味いかに…

ココナッツミルクは使われていないのでまろやかさはないのですが、かなり濃い目のスープに魚とタマリンドの酸味が効いています。
一口目は、新鮮で、冷汁とか魚介系ラーメンとかが好きな私は「いける!」と思って結構勢いよく食べていましたが、
段々魚っぽさというか汁にとけたシーチキンみたいな歯ごたえに飽きてきて、最終的には「まぁ・・・普通?」という結論に039.gif
マラッカで食べたカレーラクサの方がかなり美味しくて好きでした。

まぁ、レッドガーデン自体観光客向けっぽいホーカーなので、あまりレベルは高くないのかも。
やはりペナンで有名なのはガーニードライブというホーカーですが、そちらは2日目に訪れたのでまた後ほど…

タイガービールと屋台フードで終わるのがなんとなく寂しくて近くにあったワインバーへ。
a0328548_16065425.jpg

a0328548_16065422.jpg
オードブルなどをつまみました。
雰囲気が良くて居心地がいいお店です。
24 Muntri St.
a0328548_16065526.jpg
Muntri St.とLove Lane周辺にはワイヤーアートがたくさんあります。

偶然見つけて感激したのがこちら↓
a0328548_16065528.jpg
ペナン出身のJimmy Chooが初めて靴作りを学んだのが、この壁の後ろにあるHong Kong Shoe Storeというお店だったそうです。
こんなにローカル感のある場所で、世界的なデザイナーが誕生したなんて何だかすごい005.gif

いつまでもぶらぶらと散策していたい気持ちを抑えてホテルへ。

2日目に続きます016.gif
最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2016-06-17 17:45 | 海外旅行 | Comments(0)

a0328548_16240522.jpg
4月末、Labor Day の連休を利用し、2泊3日でペナンに行ってきました。
ペナンはマレーシア本土と橋でつながっている島で、KLやJBと並ぶ都市です。治安も良く、住みやすいことから、リタイヤ後のロングステイの場所としても人気。

そして、島の中の「ジョージタウン」というエリアが、マラッカとセットで2008年にユネスコに登録されてからは、世界中から旅行者が集まる観光地としても注目を集めています。

早朝のタイガーエアーでひとっ飛び。1時間であっという間にペナンに到着です。

a0328548_16240533.jpg


空港でタクシー券を買うカウンターがあり、ジョージタウンまでは定額47リンギットでした。13〜15SGDと言ったところかな?出口を出るとすぐに係員が誘導してくれて、とても綺麗なセダンへ。
運転手は80ぐらいのおじいちゃん。英語で一生懸命ペナンの説明をしてくれました。 冷房も効きすぎておらず安全運転で、なんだか日本を思い出す安心感。ジョージタウンまでの快適なドライブで、すでに「ペナンっていいところ!」と好印象。その地に降り立ってから一番最初に接するタクシーの運転手って、その土地の第一印象を決める重要な役割なぁと実感。

今回ステイしたのは2軒のホテルです。一泊目は「Jawi Peranakan Mansion」というプラナカン建築の邸宅。
a0328548_13570974.jpg
ジョージタウン市内に点在するヘリテージホテルの中で一番新しいホテルです。
a0328548_13570941.jpg
イスラムとプラナカンが融合されたエキゾチックなインテリアが素敵016.gif
a0328548_13571075.jpg
プラナカンタイルもいたるところに。
a0328548_13571053.jpg
ランプはイスラム風。
まだ、12時前でチェックインできなかったので、荷物を預けて街散策に出かけることにしました。
a0328548_13571002.jpg
目抜通りのひとつであるCampbell通りを海の方向へ行くとぶつかるBeach通り沿いにあるカフェへ。
a0328548_13571159.jpg
China Houseという数あるペナンのカフェの中でも人気の一軒です。
a0328548_13571106.jpg
早めのランチに食べたカレーが期待以上に美味しかった!
a0328548_13571237.jpg
China Houseは焼きたてのケーキやタルトと

a0328548_13571268.jpg
アートギャラリーが有名。
ショップハウスを広々と使っていて気持ちがいい空間です。
夜にはDJも入ってカクテルアワーもあるみたい。オシャレだな〜

ペナンが注目されている理由のひとつが街中に点在するウォールアート。
4年前にリトアニア人アーティストが壁に描いた絵が人気を集め、その後色々なアーティストが壁に描き始めたことから、今では街の至る所で壁画を見ることができます。
ホテルはカフェに置いてあるMAPを手にウォールアートを探してみることに。
マップはコチラでダウンロードできます(重いので少し時間がかかるかもです042.gif
a0328548_15380527.jpg
(Borrowed from Tabizine)
こんな風にひっそりとある壁画。
a0328548_13571345.jpg
探し当てた時は嬉しくて思わず一緒にパチリ。
a0328548_14020915.jpg
こんな力作も。
a0328548_14020928.jpg
この古びれた色あせた感がレトロでなんとも素敵…

a0328548_14021086.jpg
Love Laneというバックパッカーに人気の通りにあるカフェで一休み。
a0328548_16240640.jpg

その後アート散策をしばらくしてから、一旦ホテルへ。

後半に続きます016.gif


最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村

[PR]
by sakilog-sg | 2016-06-16 16:28 | 海外旅行 | Comments(0)