サミログinシンガポール ーシンガポールLife備忘録ー sakilogsg.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

東京でのworking woman生活から一転、2014年11月からシンガポールで始まったゆるやかな日々を綴っていきます.


by Sammy
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

a0328548_12104959.jpg
(Borrowed from Trip Advisor)
自然が多いランカウイ島の中でも、私たちがステイしたDatai Bayエリアは熱帯雨林のなかにすっぽりと包まれています。
a0328548_17121296.jpg
2日目の朝になってもスーツケースはやっぱり届いていなかったけれど、気をとりなおして朝のネイチャーウォークに参加。
生物学を専門とするガイドさんについて敷地内を散策する1時間のアクティビティです。
無料ツアーで人気なので前日までにコンシェルジュデスクでの予約が必要です。

a0328548_17121309.jpg
数ある木々の中からを見つけてくれるのですが、モモンガみたいな動物や

a0328548_17121431.jpg
ランカウイでよく見られるDusky Leaf Monkey(シロマブタザル)など、珍しい動物がたくさん!
シロマブタザルは準絶滅動物に登録されていて主にマレー半島でしか見られないとのこと。赤ちゃんはオレンジ色ですごくかわいいですemoticon-0115-inlove.gif

a0328548_17121402.jpg
こんな風に大人も子どももぞろぞろ。マイナスイオンを浴びながら、珍しい動植物のふむふむ情報をたくさんもらって、楽しいウォークでした。

さて、プールサイドで朝食を食べ、ビーチでゆっくりしながら荷物を待ってもまだ来ない…
ホテル近くのゴルフ場でのティータイムも9時から12時、そして15時のトワイライトへと変更。
a0328548_17121860.jpg

このままじゃ何にもできないね…と、とりあえずプロショップでゴルフウェアを買い、クラブとシューズをレンタルして、メガネのままプレーしようか、とゴルフ場に向かいました。emoticon-0126-nerd.gif

a0328548_12105619.jpg
(Borrowed from Chakatravel.com)

アーニーエルスが設計したゴルフ場は海の間近にグリーンがあって、昨年プレーしたオーストラリア・ハミルトン島のゴルフ場を思い出しましたemoticon-0122-itwasntme.gif
ここで奇跡が!プロショップで買い物をしていると、フロントデスクのスタッフがゴルフバッグと荷物を持って現れたのです!!!emoticon-0177-toivo.gif
どうやら、ランカウイの空港に見に行ってくれたみたいで、空港内に放置されていた様子…空港も全然電話が繋がらなかったし、ほかの荷物でてんてこ舞いだったんでしょうね。とにかくよかった!

急いでウェアに着替えてランチ。
a0328548_17121706.jpg
アジア麺もサンドイッチ(ラップ)も美味しくて気分が上がってきました。
a0328548_17121525.jpg
海に向かって伸びるフェアウェイは、両サイドに森があり狭いですが、コース自体はそこまでトリッキーでもなく(バンカーも一つもない…!)楽しめました。
a0328548_17121647.jpg
道端で井戸端会議中のお猿さんたち。さきほどのシロマブタザルは草食で穏やかなのに対し、こちらはかなりヤンチャで、じゃれあって喧嘩したり、こちらに牙をむいてきたり。猿によってかなり性質が違うんですね〜

a0328548_17121659.jpg
屋根の上にも。
最終日にネイチャーウォークの今度はサンゴ版に参加しましたが、こちらでは岩の上でカニをバリバリと食べるたくましい猿に遭遇しました。

a0328548_20200369.jpg
こう見るとやっぱりシロマブタザルが一番かわいい…
a0328548_20200389.jpg
カラフルではないけれど、ちゃんと生きているサンゴ礁。8000年の年月をかけて形成され、Datai湾を津波から守ってくれたのだとか。
手付かずの自然の姿は圧巻でした。

スーツケースが届き、次の日はメインアクティビティのジェットスキーでの島巡りへ!
次記事に続きますemoticon-0182-poolparty.gif

最後まで読んでいただきありがとうございましたemoticon-0157-sun.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by sakilog-sg | 2017-02-04 12:40 | 海外旅行 | Comments(0)

時々夢に出てくるんじゃないかってぐらい、ここしばらくハマっているのが歌志軒の油そばです。名古屋発のお店で名古屋や岐阜には店舗がたくさんありますが、東京には大岡山の地下商店街っていうかなりニッチな場所のみ。
シンガポールに住んでいてよかったと思える瞬間ですemoticon-0111-blush.gif
a0328548_17324316.jpg
一番のオススメ「まぜそば名古屋スタイル」。辛味噌と温泉卵、ネギ、海苔のマリアージュがたまりません!最後に小さなライスもつけてくれます。
a0328548_17324419.jpg
仕事中のランチはボートキー裏の「らーめん祭り」でよく食べていますが、並ぶし2階のGyoza Barに運良く座れない限りゆっくりできない。タンジョンパガー店(Orchid Hotel)も割と並んでます。

ところが・・・!

先日、Novenaにいるときに靴のカカトが取れて修理に持っていく途中に、歌志軒がオープンしているのを発見しましたemoticon-0104-surprised.gif
しかも割とニッチな場所に…Square 2の2階、Novena Medicalと繋がっている入り口からぐるっと歩いて真向かいにありました。

a0328548_17324561.jpg
ボートキーやタンジョンパガーの行列が嘘のような空き具合。
まだオープンして2週間と言ってたからあまり知られていないのかな・・・?
ノベナ近辺によく行かれる方で、まぜそば未体験という方はぜひ!
絶対ハマります…emoticon-0110-tongueout.gif

大満足な歌志軒だけど、この手の味は食後にコーヒーが飲みたくなりますemoticon-0162-coffee.gif
Square2からダイレクトに行ける隣のNovena Medical Centreの8階にあるカフェ「La Ristrettos」も穴場でオススメです。
a0328548_17324801.jpg
かなり「えっ」ってところに入り口があるのですが
a0328548_17324582.jpg
(Borrowed from Hungrygowhere.com)
中は割と広々。レンガの壁が落ち着いた雰囲気。
素敵な中庭席もあります。
a0328548_17324646.jpg
(Borrowed from HP)
(本物の)お花が飾ってあるのも気が利いていて嬉しいemoticon-0115-inlove.gif
a0328548_17324668.jpg
そしてコーヒーがかなり美味しい!Flat Whiteは5ドルでたっぷり。

a0328548_17324712.jpg
あいにくの雨でしたが、外はこんな感じ。
ブレックファーストやパスタを食べている人もみかけましたが、美味しそうでした。
今度はランチに来てみようかな?
隣のビルに歌志軒があると知った今、振り切ってこちらにこれるか分からないけれど…笑




最後まで読んでいただきありがとうございましたemoticon-0157-sun.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by sakilog-sg | 2017-01-21 18:05 | シンガポール:グルメ | Comments(6)


a0328548_23482531.jpg
ランカウイ旅行の写真整理に時間がかかっているので、カジュアルなインド料理屋のご紹介です。今年に入ってから通い始めたデザイン学校がKeong Saikにあるので、昨年のAmoy St.と同じ様に細々アップしていければと思います。

a0328548_00035434.jpg
(Borrowed from mismatchedpassports.com)
オートラムパークとタンジョンパガーの間にあるKeong Saik Rd.は決して長くはないけれど、ローカルなお店とおしゃれなカフェが混在していて歩いていて楽しい通りです。
巨大HDB「Pinnacle」に向かって左手にハンバーガーで有名な「Potato Head」を通り過ぎると2、3軒先にあるのが、カジュアルインド料理の「INDINE」です。

インダイン、と読むのかな?インドとダイニングをかけているのかも。
a0328548_23482667.jpg
インテリアはポップな感じ。ショップハウスなので奥に長いです。
a0328548_23482781.jpg
メニューを見て思ったのが、割とリーズナブルということ。
ランチセットはないけれど、サラダやスープが2〜5ドルというのは嬉しい価格帯。

a0328548_23482819.jpg
メインも7ドル〜12ドル。マンゴラッシーも4ドル。

a0328548_23482820.jpg
こちらは一つ3ドルのサモサ。

a0328548_23482980.jpg
外さっくり小麦感が強すぎず、中のカレー味のポテトもホクホクで美味!

a0328548_23482994.jpg
ジャスミンライス(4ドル)とチキンティカマサラ(11ドル)
二人で分けるのにちょうどいい量です。

a0328548_23483054.jpg
2ドルのサラダも二人で分けても十分。
これで一人10ドルぴったりでした。

6人で行ったのですが、トマトスープやほうれん草とコッテージチーズのカレー、ラムビリヤニなど味見したらどれも美味しかったです。

メニューのバリエーションも豊富で、インド人の店員さんもとても感じよく、リピートしたい一軒だなと思いましたemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0115-inlove.gif

最後まで読んでいただきありがとうございましたemoticon-0157-sun.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by sakilog-sg | 2017-01-18 00:17 | シンガポール:グルメ | Comments(2)

明けましておめでとうございます!
去年は極寒のソウルと雪の日本で年末年始を過ごしましたが、今年は3泊4日でマレーシアのランカウイ島へ。
ゴルフにジェットスキーとアクティブに過ごしました。

さて、初っ端からハプニングが。
早朝のシルクエアーからKLでマレーシアエアラインに乗り換えて、という旅程の中、不安が的中し、ランカウイ空港でスーツケースが出てこない…emoticon-0107-sweating.gif
私たちだけではなく30人ほどが同じ様な状況で小部屋の事務所前にはズラリと行列が。小一時間待ってようやく自分たちの番になり、滞在先とスーツケース、ゴルフバッグの特徴を伝えました。

さて、出てこないものは待っていても仕方がないので、滞在先の「Andaman Datai」へ。
空港から車で30分ほどの山を越えたところにあるDatai Bayに面しているリゾートです。
a0328548_18093704.jpg
ここにした理由は、近くにあるEls Clubでラウンドしたかったから!
もうひとつ「The Datai」という有名リゾートが近くにあるのですが、割高&満室で「Andaman」にしましたが、結果、正解だったと思いますemoticon-0159-music.gif
a0328548_18093873.jpg

到着後、コンシェルジュに状況を説明すると、おそらく4時までには届くだろう、とのこと。その時点で1時だったので後数時間か〜雨も降ってきたし。ととりあえずランチをすることに。

朝食も用意される「The Restaurant」でのグリーンカレーとチキンバーガーがどちらも絶品でしたemoticon-0115-inlove.gif
a0328548_18093987.jpg

ボトルキープしてくれるとのことだったので、Pouilly Fumeをボトルで。酒税がかからないランカウイだからか、70SGDとお得な価格でしたemoticon-0168-drink.gif

お部屋はオーシャンビューで、ソファとテーブルがついているのが気に入りました。小さなバルコニーもあり、バスタブも深くて全体的にゆったりとした感じでくつろげます。
a0328548_18093912.jpg

a0328548_18094028.jpg

a0328548_18094216.jpg

a0328548_18094219.jpg
朝から色々あって疲れたのでゆっくりバスタイム。

さて、4時になったのでコンシェルジュに行ってみるもののやはり届いておらず…夜の便で届くはずと言われましたが、保障はないので(ランカウイの空港に電話が繋がらないとのこと)、明朝のゴルフを午後に変更しました。
a0328548_18094332.jpg

部屋に戻りシルクエアー、KLの空港、マレーシアエアにかけてみるも、なしのつぶてemoticon-0106-crying.gif今日はもう出てこない、と諦め、洗顔とローションを買いにギフトショップへ…と行ってみたもののおいてない…emoticon-0114-dull.gif

バギーでスパに送ってもらい、事情を説明したら洗顔とローションを分けてくれたけれど、渋々といった感じがちょっと残念でした。

ディナーはビーチ沿いのレストランへ。ビーチにそのままあるので床が砂というのが面白かった。
a0328548_18094457.jpg


シーフードがメインのレストランで、魚を選んで料理してもらうこともできるけれど、お昼が遅かったので、アペタイザーのタコとメインのシーバスを一つずつでシェアして、一杯ずつ飲んで軽めに。

同じ便に乗っていた家族を見かけたので話しかけると、シンガポールからで4人の中、子ども2人は手荷物だったからまだマシだったとのこと。赤ちゃんがいたら大変だったと話していて、確かに…と納得&同じシチュエーションのゲストがいるということで、「お互い何かわかったらアップデートしよう」と話し、ちょっと心強く安心しましたemoticon-0111-blush.gif

コンシェルジュに寄り、最後の確認をしてやはり荷物はなく、明朝のネイチャーウォークを予約。その夜は何だかどっと疲れて早めの就寝でしたemoticon-0113-sleepy.gif

次の日に続きます。


最後まで読んでいただきありがとうございましたemoticon-0157-sun.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by sakilog-sg | 2017-01-07 18:26 | 海外旅行 | Comments(0)

気がつけば来星2年が過ぎていました。
2年目に入る時に書いた記事に:

「まずは今より1時間早く起きて、運動もヨガも週に回数を決めてする、中国語の勉強を始める、本をたくさん読む、料理のレパートリーを増やす」

と目標を立てていましたが、結局達成されることはなく。
ヨガと料理は少しがんばったかな…?
早起きも中国語もできなかったけれど、在星生活を充実させようと自分なりに試行錯誤した1年でした。
自分のための記録の意味も含めて1年を振り返ってみました。

1)資格取得
今年の7月に2年の駐在が終わって本帰国になるんじゃないかと思っていたので、シンガポールでしかできないことをしようと上半期は、とある資格の学校に通いました。

以前から気になっていた資格ですが、日本では働きながら夜学校に行く気力もなく断念。
シンガポールで良い学校を見つけることができたのはラッキーでしたemoticon-0155-flower.gif
平日朝3時間の授業と4つの試験、実技など半年かけて無事に資格を取得した時には、久しぶりに感じた達成感がありましたemoticon-0123-party.gif

プラスαで良かったと思ったのが、シンガポール人のクラスメイトたちと一緒に勉強したりバーベキューをしたりする内に、1年目には気が付かなかった彼らの良いところを見つけることができたこと。好奇心旺盛で明るく裏表がない、自分達の国を割と客観的に見ることができている、基本的にとても親切、などなどemoticon-0142-happy.gif

もうひとつ良かったことは、学校があるテロックエア、Amoy St. アンシャンヒル・エリアにちょっと詳しくなったことですemoticon-0177-toivo.gif (細々とAmoy Stシリーズを更新中です)

2)旅行
7月に日本に帰るまでに…と上半期は毎月のように旅をしていました。

2月:日本
4月:ペナン
5月:カンボジア・アンコールワット
6月:クアラルンプール

どう記事にしよう、と思いあぐねている内に結局ブログに登場することはなかったアンコールワットへの旅。朝4時起きでトゥクトゥクに乗って見に行った朝日の美しさや、大学時代の友だちとの思いがけぬ再会など、忘れられない旅となりました。

a0328548_12490026.jpg


そして印象深いのが、考古学の知識も豊富で日本語も流暢なガイドさんたち。日本を訪れたこともないのに独学の人がほとんど。韓国語や中国語を話すガイドさんもいて、皆で遺跡について定期的に勉強会をし、アップデートをしているのだとか。彼らの勤勉な姿勢に刺激を受け、自分の時間の使い方について考えさせられました。

a0328548_12490079.jpg


a0328548_12490153.jpg



3)仕事
結局7月に辞令が出ず、下半期の過ごし方はノープランだったので、学校が終わってからはとにかくヒマな毎日。1年目は旅行者気分でフットワーク軽くあちこち出かけていたけれど、2年目はあまりその気が起きなくなっていましたemoticon-0114-dull.gif

勉強しよう、本を読もう、とか意気込むにも、1日中フリーだと生産的に過ごすのは、性格的に困難なことに気づき、仕事をすることに。すると、隙間時間を有効に使おうとするので、段々と毎日が充実してきましたemoticon-0115-inlove.gif
少しでも収入があることで精神的にも余裕ができた気がします。
a0328548_12490217.jpg

仕事とは別に細々続けているボランティアも3年目に突入しました。

4)趣味

今まで趣味と言えるものはヨガとゴルフだけでしたが、今年はサルサとウォーターカラーに挑戦しました。まだまだビギナーなので楽しいと思えるまでに時間がかかりそうですが、何かを習得する時間は豊かで楽しいです。2017年はスキューバのライセンスを取得したい…!


a0328548_12490205.jpg


a0328548_12490308.jpg
ウォーターカラー(ボタニカルアート)の先生のアトリエemoticon-0115-inlove.gif
自然光が入るショップハウスでお花を観察し、音楽を聴きながら3時間絵を描く穏やかな時間emoticon-0155-flower.gif

5)シンガ生活対する気持ち

1年目は自分にとってのHOMEは家族も友達もいる日本でした。
離れてから日本の良さを再発見したことはプラスだったけれど、振り返ってばかりでは前に進めないことにも気づきました。

加えて、2年目も半ばに入るとシンガポールに落ち着きたい気持ちも芽生えてきました。
旅行から戻るとやはり落ち着くし、なんだかんだ言ってここでの生活は気に入っている。であれば、日本の友だちとLINEばかりしているのではなく、この地で人と知り合うことにも積極的になるべきでは、と。

日本では学生の時からの付き合い、同僚、といった自分をよく知る仲間の中で心地良く「狭く深い」交友関係に満足していました。

東京を離れ、シンガポールで趣味や学校を通じて知り合いが増えて行く内に、軽やかに輪を広げて行くことの大切さにも気づきました。色々な人との会話を楽しめるよう引き出しも増やす必要があるので、自分ひとりの時間の過ごし方も重要になり、興味も知識も増えていきますemoticon-0126-nerd.gif

東京では同い年か同世代、同じような仕事をしている友だちが大半だったけれど、今は20代前半〜60代、様々なバックグラウンド・人種の人たちと付き合うことができて、たくさん刺激をもらっています。
そして、甘えられない自立した「大人の」交友関係の中で、東京の仲間たちが懐かしく恋しくなったりするのも、良い変化かなと思います。

シンガポールに来れて、いい出会いに恵まれ、自分も成長することができて良かったと思えた1年でしたemoticon-0115-inlove.gif

*駐在3年目に向けて*

今年は、父が心臓手術をし、大好きだった叔母が急逝し、命、時間が有限であることを強く感じた一年でした。
駐在3年目、今年こそラストになるかもしれないシンガポールでの1日1日を大切にしたいと思います。
過去のこと、将来のことは考えずに今をエンジョイするのって簡単なようで難しいけれど、今の自分には必要な気がしています。

そんな風に思っていた時に、DempseyのChop Sueyカフェでもらったフォーチュンクッキーの言葉。

a0328548_13291452.jpg
Carpe Diem-ラテン語で「今を生きる」。

来年が皆様にとって充実した素敵な一年でありますように。
長文におつきあい頂きありがとうございましたemoticon-0115-inlove.gif




最後まで読んでいただきありがとうございましたemoticon-0157-sun.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by sakilog-sg | 2016-12-29 13:42 | シンガポール生活:日常 | Comments(5)