サミログinシンガポール ーシンガポールLife備忘録ー sakilogsg.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

東京でのworking woman生活から一転、2014年11月からシンガポールで始まったゆるやかな日々を綴っていきます.


by Sammy
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2017年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧




3泊4日のバリ・ウブドへの母娘旅行。
最終日は、朝ヨガ&朝食の後、車をチャーターしてシドゥメン村へ向かいました。

a0328548_11332860.jpg
シドゥメン村へはウブドから1時間ほどのドライブ。

a0328548_11332999.jpg
青空が映える田んぼや、

a0328548_11332959.jpg
ジュリアロバーツ主演の映画「食べて祈って恋して」を思い出させる椰子の木と水田の風景

a0328548_11333093.jpg
街中を通ると、学校帰りの子どもたちの姿が。
こんなに田舎でもきちんと制服を着て。ドライバーさん曰くバリ全土で同じ制服で、曜日ごとに色が違うのだとか。
近所の人が一目で子どもを見分けることができる、村全体で守っているような雰囲気が安心だなと思いました。

a0328548_12271633.jpg

お供え物のチャナン。
その場でお店の方が作ってくださいます。
a0328548_12271782.jpg


シドゥメン村が近づいてくると、一気にのどかな風景に。
この三匹のワンちゃん(見かけからして兄弟かも)じゃれあって遊んでいて可愛かった。
のびのびして幸せそうだなぁ…012.gif

a0328548_11333242.jpg
オランダ人の奥さんとインドネシア人の旦那さんが経営しているという、ガイドブックに載っていたタイルやさん。
a0328548_11333369.jpg
セメントタイルでなかなか重いのだけれど、上の段の細長い小さなタイルを一つ買おうと思ったら、ここはショールームでホールセールのみとのこと。残念だけれど、やっぱり重かったから見るだけでよかったかも042.gif
a0328548_11333308.jpg
そこのタイル屋さんの男の子がスクーターで道を案内してくれて、ワルンで一息。

a0328548_11333435.jpg
時折遊びに来るオーナーの娘さんが可愛かった016.gif

a0328548_11365797.jpg
さて、今回シドゥメン村へ向かった理由は、手相を見てもらうため。
松原亜希子さんは、シドゥメン村に嫁いで15年、鑑定歴は30年ほどのベテラン手相占い師さん。
道中で購入したチャナンをお供えしました。
a0328548_11365717.jpg

鑑定してもらっている母。亜希子さんの言葉に時々ホロリとしていました。
私も見てもらいましたが、手を差し出し、質問をすると、間を置かずにとてもはっきりと的確に答えてくださいました。
早いしハキハキしているのだけれど、まったく威圧的ではなく、優しく温かく、母が涙した理由も納得。
手相を見てもらうのは初めてでしたが、色々と言い当てながらも今後についてのアドバイスも分かりやすく、なんだかとても勇気がでました。

今まで占いを見てもらうというと45分とか60分が多い中、20分って短いのでは、と思っていたけれど亜希子さんの無駄のないスピード感で充実の20分。タイムアップ後も質問に答えてくださり、本当に親切だなぁと012.gif 料金は20分3000円でした。

私の後には、日本からそのまま来たであろう女子が控えていました。
私たちもガイドブックを見てきたのだけれど、ちょうど昨年末に発行されたばかりなのに、すでにたくさんの人が訪れているのだとか。

a0328548_11365898.jpg
亜希子さんの素敵なご自宅を後にし、途中テキスタイルのお店などを見ながらウブドに戻ってきました。

a0328548_11365940.jpg
Monkey Forest 通りのカフェで遅めのランチ。
母は日頃テニスやゴルフで日焼けしているからか、ウブドの風景に違和感なく溶け込んでいました(笑)049.gif

a0328548_11365932.jpg
リゾートに戻った後は、スパで2時間のトリートメント。
屋外のスパって気持ちがいい!と母は感激していたけれど、私はカエルの声がめちゃめちゃ近くてちょっと緊張しました(笑)
最後のディナーはゴージャスに!と行きたいところだけれど、結局二人とも胃が疲れていて、持参したフリーズドドライのにゅうめんを部屋で食べました。マイペースにできるのも母娘旅行の醍醐味…!

翌日10:40の便でシンガポールには1時過ぎに到着。
パラゴンの鼎泰豊でランチしたのは2時。何もかもがスピーディーでスムーズなのに母はびっくりしていました。
やっぱりシンガポールからの旅行は便利。

次回の母との旅行はどこに行こう?
ウブドの満足度が高かったので、これを超える旅はなかなか難しいけれど…
うーん、やっぱりいつかまた母とウブドに来たいなぁと思ったのでした012.gif



最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2017-02-24 12:28 | 海外旅行 | Comments(0)


a0328548_21362279.jpg
3泊4日でバリ島のウブドに行ってきました。
ウブドののどかな雰囲気と大自然、そして住んでいる人たちの親切さに本当に癒された4日間でした。
2年前、最初のバリ旅行はスミニャックだったのですが、私は断然ウブド派です012.gif

帰ってきてまだ1日…完全な「ウブドロス」に陥っており、大した文章が書けそうにないので、写真だけ載せます。
a0328548_21362319.jpg
テガラランの棚田
a0328548_21362418.jpg
スターバックスの裏にはこんなに素敵な寺院が

a0328548_21473145.jpg
目抜き通りのMonkey Forest StとHanoman Stを結ぶオシャレなDewisita St.

a0328548_21473251.jpg
色と質感が一目で気に入ってしまったセラミックのお店「Kevala Home
どこか馴染みのあるデザインだと思ったら、National Galleryのフレンチ「Odette」でも使われているとのことでした005.gif
a0328548_21473173.jpg

カゴショップ「Ashitaba

そのほか、ヨガウェアやジュエリー、アロマなど寄ってみたいお店ばかりでした。
a0328548_00274861.jpg

a0328548_00274913.jpg


a0328548_21500516.jpg
バイクは通るけれども道もきちんと清掃されていて、ふと足元を見ると、かわいいワンちゃんや

a0328548_21500517.jpg
チャナンと呼ばれるバリ特有のお供え物が。

a0328548_00274934.jpg

a0328548_21362501.jpg
Monkey Forest st の入り口にあるGaya のオーガニックジェラートもとっても美味しかった016.gif
a0328548_21473350.jpg
友人に勧められて宿泊したMaya Ubudは、ロケーション、ホスピタリティ、CPすべてが最高でした。

a0328548_21473422.jpg
広々と開放感たっぷりの敷地
a0328548_21500689.jpg
母と毎朝通ったヨガスタジオ

a0328548_21362741.jpg
渓谷を臨むカフェ

a0328548_21473410.jpg
朝食はチョイスは少ないけれどもオムレツ、菓子パン、スープ、どれもとっても美味しい。特に絶品だったのは、ムルタバ。レシピを知りたいくらい。

a0328548_21473508.jpg
お部屋も女子旅にぴったりのオシャレな色合いのインテリアと

a0328548_21473610.jpg
朝日が見えるバルコニー
a0328548_00275039.jpg


a0328548_21473680.jpg
ゴロンとなるのに最高なソファ


色々なアジアのリゾートに泊まった中でも、Maya Ubudのスタッフたちは、とりわけ感じが良く、いつも笑顔で本当に癒されました012.gif


ウブド滞在中に訪れた「シドゥメン村」へと続きます。








最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2017-02-21 00:28 | 海外旅行 | Comments(2)

a0328548_17391102.jpg

ぼちぼち更新のKeong Saikシリーズです。
今日は、よく行くLuxeカフェの隣に新しくポキのお店ができていたので行って見ました。
a0328548_17391239.jpg

Lolokuという名前でピンクの旗が出ています。壁画が可愛い。
Neil Rd寄りのピナクルに向かって左です。
a0328548_17391227.jpg

ベジタリアン、サーモン、マグロ、ハマチ、和牛のほか、カスタマイズできるメニューも。

私はサーモンにカスタマイズで玄米、キムチ、枝豆、トビコ、海藻サラダ、アボガドにわさびポン酢のタレにしてみました。Mサイズで16ドル。
a0328548_17391313.jpg

フラミンゴがモチーフのピンクでポップな店内。
a0328548_17391342.jpg

Telok Ayerの人気カフェSarniesのユニフォームを着ていたので提携してるのかも?
a0328548_17391409.jpg

インテリアも凝っていて素敵016.gif
a0328548_17391586.jpg

左上から時計回りに、和牛、ベジタリアン、ハマチ、サーモン。クラスメートたちのも味見させてもらったら美味しかった011.gif
a0328548_17391502.jpg

女友達とのディナーやデートにも使えそうな居心地の良さ。
a0328548_17391615.jpg


a0328548_17391627.jpg

このキッチンの隣にまた別のダイニングと、バーがあってかなり広かったです。
今度はカクテルに来てみたいかも069.gif

Loloku
1 Keong Saik Rd
https://www.loloku.sg



最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2017-02-14 18:13 | シンガポール:グルメ | Comments(0)

a0328548_20120361.jpg
大晦日は年越しもせずに11時に就寝し、翌朝は6:30に起きてタクシーで山を越え、今回の度のハイライトであるジェットスキーに挑戦!
大昔高校生のときにアメリカで体験したことはあるのですが、その時はビーチで遊んでいてノリで借りて小一時間乗り回した程度でした。

今回は4時間のツアーで、8つの島々をめぐるアイランドホッピングなので、ちょっと次元が違います。

a0328548_19580363.jpg
ビーチは空港の少し南で、この辺りにジェットスキーの業者がいくつもあるのですが、ネットの評判がよかったMega Sportsにしました。
乗る前にジェットスキー前で記念撮影。
いざツアーが始まると、ライフジャケット&ショートブーツの重装備で全然サマにならなかったので、先に撮っておいてよかった(笑)

さて、今回用意しておいてよかったものは
ースポーツ用のサングラス(とにかく激しく弾むので、ファッション用の物では落ちてしまいます)
ーiPhoneの防水カバー。(紐付き。Far East Plazaなどローカルモールで安く売っています)
ーラッシュガード(4時間炎天下のため長袖が必要)
ースプレー式日焼け止め(クリームを塗っている余裕がない)
ー予備のコンタクトレンズ
ーグミ(塩水で口がしょっぱくなるので)
ーミネラルウォーター(配られるかなと思いきや配られなかったので)
ー上記を入れる防水バッグ(Mega Sportsでも購入可能)
ーバスタオル2枚とハンドタオル1枚

逆に必要なかったものは
ー着替え(着替えるスペースがなく、結局水着&ショートパンツで帰ることに)
ーTevaなどのストラップ付きビーチサンダル(ショートブーツを貸し出してくれたので)
ーデジカメ(一応持って行ったし、撮りましたが今思えば落とす確率も高かったなと…)

持ってかなくて、必要だったと感じたものは
ー小銭とティッシュペーパー(ジオパークのトイレが有料)

a0328548_20120568.jpg

最初に運転したのは一応経験者である私ですが、インストラクターに4台(8人)でついていくのですが、とにかく波が荒く、ジャジャ馬に乗ってるかのように弾んで大変でした042.gif
前の人のジェットストリームに捕まると余計に弾むので4台V字で進むのですが、これがなかなか難しくて、しかも40マイルは出していないと逆に安定しないので、周囲をにらみつけながら、かなり神経を使いました
a0328548_20120400.jpg
夫に交代した途端になぜか、波が穏やかに015.gif
a0328548_20120561.jpg
絶壁や

a0328548_19580440.jpg
洞窟に入ったり、

a0328548_19580418.jpg
途中下りてジオパークに立ち寄り、淡水の湖で泳いだり、マングローブを見たり、イーグルネストがある岩を見たり…大自然を堪能しました。

a0328548_20120693.jpg
こちらは最後に立ち寄ったスポットで、通常ならシュノーケルがツアーに含まれているのですが、この日は波が荒くて中止となり少し残念でした。
最初は怖かったスピードも、段々はまってきて、最後には大声で叫びながら猛スピードで走ってすごくリフレッシュできました!

かなりアクティブな年始め。楽しい1年になるといいな〜024.gif

a0328548_20120728.jpg
ホテルに戻り、ランチの後はハンドルを握りしめた緊張で凝り固まった体をほぐしにスパへ。
前日のゴルフの後に入れていたのですが、荷物が遅れたため、1日後ろ倒しになり、結果それでよかった気がします。

風や鳥の音を聞きながらのスパは、エアコンが効いてスピリチャルな音楽がかかっている室内スパよりもずいぶんとリラックスできました016.gif
a0328548_20120767.jpg
東を向いているので夕日は見えないのですが、スパのテラスからのDatai Bayの景色が綺麗でした。

夜は、元旦、ということで敷地内の日本食レストランで日本食でNew Year Dinner Buffetが開催されていたので行ってみることに。
あまり期待せずで行ったけれど、その場で揚げてくれる熱々の天婦羅に天つゆと大根おろし、生姜まで用意されていて割と本格的。
煮物も鉄板焼きも美味しくて、日本酒まで用意されていて、お正月気分を味わえました012.gif

Andaman Dataiには託児所も完備されていて、プールにはスライダーもありました。
ファミリーでも、大人だけでも楽しめるリゾートだと思います083.gif

今度は週末に、直行便で訪れたいと思います060.gif


最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2017-02-08 16:20 | 海外旅行 | Comments(0)

a0328548_12104959.jpg
(Borrowed from Trip Advisor)
自然が多いランカウイ島の中でも、私たちがステイしたDatai Bayエリアは熱帯雨林のなかにすっぽりと包まれています。
a0328548_17121296.jpg
2日目の朝になってもスーツケースはやっぱり届いていなかったけれど、気をとりなおして朝のネイチャーウォークに参加。
生物学を専門とするガイドさんについて敷地内を散策する1時間のアクティビティです。
無料ツアーで人気なので前日までにコンシェルジュデスクでの予約が必要です。

a0328548_17121309.jpg
数ある木々の中からを見つけてくれるのですが、モモンガみたいな動物や

a0328548_17121431.jpg
ランカウイでよく見られるDusky Leaf Monkey(シロマブタザル)など、珍しい動物がたくさん!
シロマブタザルは準絶滅動物に登録されていて主にマレー半島でしか見られないとのこと。赤ちゃんはオレンジ色ですごくかわいいです016.gif

a0328548_17121402.jpg
こんな風に大人も子どももぞろぞろ。マイナスイオンを浴びながら、珍しい動植物のふむふむ情報をたくさんもらって、楽しいウォークでした。

さて、プールサイドで朝食を食べ、ビーチでゆっくりしながら荷物を待ってもまだ来ない…
ホテル近くのゴルフ場でのティータイムも9時から12時、そして15時のトワイライトへと変更。
a0328548_17121860.jpg

このままじゃ何にもできないね…と、とりあえずプロショップでゴルフウェアを買い、クラブとシューズをレンタルして、メガネのままプレーしようか、とゴルフ場に向かいました。027.gif

a0328548_12105619.jpg
(Borrowed from Chakatravel.com)

アーニーエルスが設計したゴルフ場は海の間近にグリーンがあって、昨年プレーしたオーストラリア・ハミルトン島のゴルフ場を思い出しました023.gif
ここで奇跡が!プロショップで買い物をしていると、フロントデスクのスタッフがゴルフバッグと荷物を持って現れたのです!!!078.gif
どうやら、ランカウイの空港に見に行ってくれたみたいで、空港内に放置されていた様子…空港も全然電話が繋がらなかったし、ほかの荷物でてんてこ舞いだったんでしょうね。とにかくよかった!

急いでウェアに着替えてランチ。
a0328548_17121706.jpg
アジア麺もサンドイッチ(ラップ)も美味しくて気分が上がってきました。
a0328548_17121525.jpg
海に向かって伸びるフェアウェイは、両サイドに森があり狭いですが、コース自体はそこまでトリッキーでもなく(バンカーも一つもない…!)楽しめました。
a0328548_17121647.jpg
道端で井戸端会議中のお猿さんたち。さきほどのシロマブタザルは草食で穏やかなのに対し、こちらはかなりヤンチャで、じゃれあって喧嘩したり、こちらに牙をむいてきたり。猿によってかなり性質が違うんですね〜

a0328548_17121659.jpg
屋根の上にも。
最終日にネイチャーウォークの今度はサンゴ版に参加しましたが、こちらでは岩の上でカニをバリバリと食べるたくましい猿に遭遇しました。

a0328548_20200369.jpg
こう見るとやっぱりシロマブタザルが一番かわいい…
a0328548_20200389.jpg
カラフルではないけれど、ちゃんと生きているサンゴ礁。8000年の年月をかけて形成され、Datai湾を津波から守ってくれたのだとか。
手付かずの自然の姿は圧巻でした。

スーツケースが届き、次の日はメインアクティビティのジェットスキーでの島巡りへ!
次記事に続きます083.gif

最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2017-02-04 12:40 | 海外旅行 | Comments(0)