サミログinシンガポール ーシンガポールLife備忘録ー sakilogsg.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

東京でのworking woman生活から一転、2014年11月からシンガポールで始まったゆるやかな日々を綴っていきます.


by Sammy
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2016年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧



a0328548_14560607.jpg
シンガポールでは水質が良くないのと、年中紫外線が強いためヘアと頭皮のこまめなケアが必要になってきます。
以前の記事でも少しご紹介しましたが、頭皮にオイルを塗布して、ブラッシングで血流を促すことをシャンプー前にしていれば、大分艶が違ってくると感じています。

さて、髪質が大分マシになったのに、無償にハイライトが入れたくなり、髪に一番良くないブリーチ(脱色)をしてしまいました。
若い子がブリーチをするのとは訳が違い、30オーバーが色を抜くと目も当てられないくらいパッサパサで、触るたびに悲しくなるほど007.gif
状態でいうと、神経を抜いた歯みたいにもろくて生気がないというか…

応急処置として毛先を切り、ヘッドスパに通ってみたものの、サロンに通うのは高くて続かず。
そんな時に出会ったのが日本のブランドTHREEから6/1に発売されたスキャルプ&ヘアクレンジングオイルの新作
KLのパビリオンというモールにTHREEが出店していて、新作だからないよね…と駄目元で見たらなんと展開がありました!

価格は日本円で4500円(安!)KLでは7800円ぐらいだったかな…
スポイトが使いやすいし、スパみたいな香りが良いし、べたつかないけどちゃんと浸透してる感じで、何より次の日の髪のコシが全然違う005.gif

このペースで使ってるとすぐなくなってしまいそうなんだけど、シンガポールで売ってくれないかな…
伊勢丹とかで…人気出ると思うんだけれど…
THREEはネイルカラーもニュアンスカラーの展開が多くて素敵。

シャンプーは色々試した結果やはり日系のサロンでも取り扱いが多いPremium Phytoが良い気がしました。
a0328548_11272606.jpg
シンガポールに来てから髪と同じくらいケアに気を使っているのはまつ毛です。
20台半ば〜30前半まで毎月エクステをしていてすっかり薄くなり、その後しばらくやめて頑張って伸ばしたけれど、
年末の一時帰国時にまたエクステに手を出してしまい…
2ヶ月続けてエクステしてたら、やはりまた薄くなってしまいました。

本当はエクステって、左右まばらになるし、家の床に落ちるし、目に入ると飛び上がるぐらい痛いし、いろんな意味で苦手…
なので、本腰入れてまつ毛を伸ばそうキャンペーンを3月〜6月まで3ヶ月間実施しました。

a0328548_14560722.jpg
まずは寝る前の Scalp-D Beauteと、気づいた時に塗るRevive Lash。
Scalp-Dの方がウェット感が強く、効果が感じられたので、寝る前に長時間つけました。
Reviveはウェット感があまりないので、気づいた時にササッと塗りました。
a0328548_14560771.jpg
あと、大事なのがマスカラ下地。
Diorのmaximizer 3Dの新作は使い勝手が良い(ダマにならず付けやすい)のと、美容液がたっぷりな優秀アイテム。
塗って割とすぐに乾くので、数秒後にマスカラを付けられます。
マスカラはRMKが一番セパレート感とボリュームが出るとおもいます。

a0328548_11272673.jpg

結果、ハゲハゲ状態だった3月から3ヶ月で長さと太さが大分出てきました!
もう少しバサッと感がでて下まつ毛も伸びるまで続けてみようと思います016.gif


最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2016-06-30 11:37 | シンガポール生活:美容 | Comments(0)

a0328548_17004160.jpg
ペナン最終日の3日目は夕方のフライトまで時間があったので、ジョージタウンのE&Oホテルでスパ&アフタヌーンティーでゆっくりすることにしました。
a0328548_17004107.jpg
2日目を宿泊したGホテルの朝食ラウンジ。
1泊目のJawi Peranakanと対照的な広々としたダイニングです。
a0328548_17004249.jpg
ビュッフェの種類も充実011.gif
前の晩が屋台で野菜不足だったのでサラダをたっぷりと。
a0328548_17004239.jpg
タクシーでジョージタウンに戻り、海沿いのE&Oホテルへ。
英国植民地時代の名残りを感じさせるコロニアル建築が美しい高級ホテル。
創業はシンガポールのラッフルズホテルと同じアルメニア人のサーキーズ兄弟だそうです。どうりで雰囲気が似ています。リークアンユーやチャップリンなど著名人が多く宿泊したことでも有名。
a0328548_17004339.jpg
a0328548_17004309.jpg
廊下には額に入ったプラナカンタイルの数々が012.gif
a0328548_17004426.jpg
スパのお部屋は広々と明るく気持ちがいい016.gif
a0328548_17004489.jpg
穏やかな海が見える窓。

a0328548_17004429.jpg
2時間半のボディートリートメントは466MYR(154 SGD)。
ボディラップやスクラブも入り、マッサージのクオリティも高く大変満足度の高いプランでした。
a0328548_17004549.jpg
マッサージの後は一階の1885というダイニングでアフタヌーンティーを。
焼き菓子、サンドイッチともにとても美味しくて、正統派の英国式アフタヌーンティーを堪能しました063.gifこれで一人20ドルちょっとだった気が…シンガポールの半額以下です。
a0328548_17190030.jpg
ダイニングを外にでると海が。
風光明媚なリゾート感、地中海沿いの街みたい…といっても反対側の出口から出ればまた全然違う雰囲気なのですが…
a0328548_17190015.jpg
フライトまでまだ時間があったので、タクシーで5分ほどのコーンウォリス要塞へ行ってみました。
a0328548_17190059.jpg
1786年に初めて英国人がペナンに上陸した際に建てられた要塞です。
ラッフルズがシンガポールに上陸したのは1819年ですから、30年以上も前にペナンはイギリスの植民地になっていたんですね005.gif
a0328548_17190149.jpg
いくつかある大砲の内、この大砲は子授かりの大砲と言われていて、花を手向けて二人で願い事をすると良いのだとか056.gif
a0328548_17190128.jpg
ペナンに上陸した東インド会社のフランシス・ライトの銅像。
10分もあればみて回れるのですが、その割に入場料が高いのが微妙でした…確か20ドルぐらいしたような。ガイドもなしでこれは高い気がします…

対照的に入場料が1リンギットと格安だったのが、ペナン博物館。
30円の安さにしては内容も充実していました。エアコンが効いていなくて暑いし、展示物は特に迫力があるものには欠けるので、まぁ行っても行かなくてもという場所ではありますが…015.gif
歴史が好きで、シンガポールの博物館にも良く行くということであれば、関連づけることができて楽しいかもしれません045.gif
a0328548_17190125.jpg
この小ささはシンガプーラキャットかな?
a0328548_17190273.jpg
お土産がないかとLove Laneをぶらぶら。
a0328548_17190283.jpg
こちらのお店はもともと中国から来た金細工職人のアトリエだったそうですが、5年前にギフトショップとして再オープンしました。

a0328548_17190311.jpg
レプリカですが、プラナカンタイルもたくさんありました。
a0328548_17190327.jpg
ペナンの有名観光名所の一つであるブルーマンション。
見学できる時間(ツアーの時間)が決まっていて11時、14時、15時半と1日に3回あるのですが、私たちは今回は参加できませんでした。
a0328548_17223032.jpg
マラッカでもプラナカンマンションを訪れたし、シンガポールにもオートラムパークにブルーマンションがあるし、いっか…と思ってスルーしましたが、TripAdvisorを見る限り、とても素晴らしい様なので、一見の価値ありかもしれません。

1日目はジョージタウンの壁画探し、2日目はガーニードライブでショッピング&屋台、3日目はE&Oホテルと観光、と朝着いて夜アウトだったので丸3日間ペナンに滞在しました。

もしかしたら、1泊2日でも十分楽しめるのかな、と感じたので、土曜の朝到着、ジョージタウン散策、夜ガーニードライブ屋台、日曜はバトゥフェリンギ(ビーチ)、ってのもありなのかもしれません。次回訪れるならそうするかな…?

風情があって安くて安全で…シンガポールから週末旅行で行くにはオススメの場所です016.gif




最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2016-06-25 19:07 | 海外旅行 | Comments(0)

a0328548_12444840.jpg
ペナン旅2日目の朝。
気持ちよく起きたと言いたいところですが、夜中のバイク&爆竹と朝5時台に朗々と響きわたるコーランで寝不足気味…014.gif
街中の歴史的建造物に泊まるのは素敵な体験ですが、街の騒音や窓があまり防音されていない点などは見落としていました。

Booking.comで2泊抑えたつもりが、うっかり1泊しか予約できていないということが旅行の数日前に発覚し、1日しか泊まれなかったのですが、それはそれで良かったのかもしれません…042.gif
a0328548_12444923.jpg
さて朝食ですが、このテーブルに宿泊者が集まり、
a0328548_12444979.jpg
フルーツやパン
a0328548_12444984.jpg
ナシレマやロティで軽い朝食を。
セルフサービスだし、ホテルの朝食としてはちょっとシンプル過ぎる気も…?

でも、ここのホテルはサービスがすごく温かかったので睡眠と朝食を除けばとても快適なステイでした。お部屋の温度も水の水圧もまったく問題ナシ、ベッドも寝心地良し、そしてフロントスタッフがいい人たちで、レストランのレコメン、タクシーを呼ぶ、諸々問い合わせや予約などテキパキとヘルプしてくれてとても助かりました。

さて、タクシーに荷物を積んで向かった先は2軒目のホテル。
a0328548_12444900.jpg
a0328548_13135221.gif
こちらペナンの地図をtourist malaysiaのサイトからお借りしました。
ジョージタウンから車で20分ほど北上したところが2泊目の宿泊先のガーニードライブです。さらに北上すると、ビーチリゾートでファミリーに人気のバツーフェリンギがあります。

到着したのは「Gホテル ケラワイ」。
目と鼻の先にもう一軒「Gホテル ガーニー」がありますが、ケラワイの方が新しく落ち着いた雰囲気です。
a0328548_12445020.jpg
一泊目とは対照的なモダンなデザイナーホテルといった雰囲気。
a0328548_12445030.jpg
チェックインの間までルーフトップのラウンジでお茶を出してくれました063.gif
a0328548_12445104.jpg
ルーフテラスとプールからペナンの街が一望できます。
a0328548_12445159.jpg
お部屋はゆったりとした広さで、かなり静か…!今夜はゆっくり眠れそうです。
a0328548_12555360.jpg
a0328548_12555312.jpg
深いバスタブと

a0328548_12555429.jpg
アメニティのブランドもオーストラリアのオーガニックブランド016.gif
a0328548_12445143.jpg
隣にガーニーパラゴンというモールがあったので、そこでランチにしました。
a0328548_13234168.jpg
(Borrowed from Hotels.com)
a0328548_12555485.jpg
2階の屋外にあるLuna Richというイタリアン。パスタもピザもとても美味しかった!
a0328548_12555469.jpg
ホテルを挟んでもう一軒向こうにプラザガーニーというやや庶民的なモールがあります。
a0328548_12555583.jpg
やはりシンガポールと比べると物価が安く感じました。
夫は、まったく予定外でしたがここでメガネを新調することに027.gif
ヴィクター&ロルフのメガネが日本やシンガポールで買うよりも6割ぐらいの値段で、視力を測りレンズもその場で作ってくれました。
一時間後にピックアップというのでその間、モール内にあるタイマッサージへ。
a0328548_12555563.jpg
昨日ジョージタウンの街を歩き回ったので足がかなり疲れ気味。
こちらのマッサージも綺麗な施設なのに値段がシンガポールの6割ぐらい…!
a0328548_12555534.jpg
無事メガネを受け取り、ホテルのルーフトップのカクテルアワーへ。
宿泊者には無料でアパタイザーのみならずドリンクもサーブされるというかなり太っ腹なサービスです。
a0328548_12555606.jpg
夜はお目当てのガーニードライブの屋台へ。
ホテルから海沿いを歩いて5分ほど北上したところにあります。
a0328548_12555618.jpg
ようやく出会えた絶品屋台メシ!
プラウンミーは海老の出汁が濃厚でかなり美味しかったです。
看板を撮り忘れてしまいましたが、入り口入って割とすぐ右手にあり、大きくプラウンミーとか海老麺と書いていた気がします。
a0328548_12565568.jpg
チャークイティオの行列に20分ほど並んでゲットしたのがこちら。

a0328548_12565577.jpg
海老がプリっとしていて美味しいけど、ちょっと卵と油が夜食べるには重いかな…
でも、食べてみてよかったと思える味でした。

そんな感じで、ペナンでホーカー行くならレッドガーデンよりガーニードライブだと思います。バトゥフェリンギにも人気のホーカーがあるようです。

最終日に続きます043.gif



最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2016-06-20 13:42 | 海外旅行 | Comments(2)


a0328548_16024785.jpg
ホテルに戻ると部屋の準備が出来ていました。

a0328548_16024806.jpg
2階建てのロフトになっていて2階にも大きなベッドがあるので、ファミリーでも十分に泊まれるサイズでした。
ゆったりしたソファもあり、居心地が良くてしばし一休み014.gif

a0328548_16024918.jpg
窓からは鮮やかなタイルの噴水が。
a0328548_16024967.jpg
a0328548_16025019.jpg
泳ぐというよりは鑑賞用だけれども、やはりタイルが素敵なプールも。
夕方になって大分涼しくなったので、また街に繰り出すことに。

最初の目的地は、お友だちがブログで紹介していたヘッドスパ
a0328548_16025078.jpg
資生堂のプロダクツをふんだんに使ったヘッドスパで、二人で70ドルというリーズナブルさ!
スタッフもとても親切で、二人がかりでブローをして髪も巻いてくれました016.gif
a0328548_16025144.jpg
ヘアサロンの近くにあるウォールアート。
人だかりの前でポーズをとって写真を撮る恥ずかしさにも段々慣れてきました(笑)
a0328548_16025118.jpg

a0328548_17431468.jpg

日が暮れ始めたジョージタウンの街をジャランジャラン。
日中よりもいい雰囲気です。
a0328548_16025280.jpg
a0328548_16025263.jpg
モスクもライトアップされていて綺麗でした。
a0328548_16065333.jpg
ペナンといえば屋台のローカルフードということで、レッドガーデンという大きなホーカーへ。

a0328548_16065400.jpg
ポピアやロバックをおつまみにお目当はペナン名物のラクサ。
日本人には好き嫌いが分かれるというこの味いかに…

ココナッツミルクは使われていないのでまろやかさはないのですが、かなり濃い目のスープに魚とタマリンドの酸味が効いています。
一口目は、新鮮で、冷汁とか魚介系ラーメンとかが好きな私は「いける!」と思って結構勢いよく食べていましたが、
段々魚っぽさというか汁にとけたシーチキンみたいな歯ごたえに飽きてきて、最終的には「まぁ・・・普通?」という結論に039.gif
マラッカで食べたカレーラクサの方がかなり美味しくて好きでした。

まぁ、レッドガーデン自体観光客向けっぽいホーカーなので、あまりレベルは高くないのかも。
やはりペナンで有名なのはガーニードライブというホーカーですが、そちらは2日目に訪れたのでまた後ほど…

タイガービールと屋台フードで終わるのがなんとなく寂しくて近くにあったワインバーへ。
a0328548_16065425.jpg

a0328548_16065422.jpg
オードブルなどをつまみました。
雰囲気が良くて居心地がいいお店です。
24 Muntri St.
a0328548_16065526.jpg
Muntri St.とLove Lane周辺にはワイヤーアートがたくさんあります。

偶然見つけて感激したのがこちら↓
a0328548_16065528.jpg
ペナン出身のJimmy Chooが初めて靴作りを学んだのが、この壁の後ろにあるHong Kong Shoe Storeというお店だったそうです。
こんなにローカル感のある場所で、世界的なデザイナーが誕生したなんて何だかすごい005.gif

いつまでもぶらぶらと散策していたい気持ちを抑えてホテルへ。

2日目に続きます016.gif
最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2016-06-17 17:45 | 海外旅行 | Comments(0)

a0328548_16240522.jpg
4月末、Labor Day の連休を利用し、2泊3日でペナンに行ってきました。
ペナンはマレーシア本土と橋でつながっている島で、KLやJBと並ぶ都市です。治安も良く、住みやすいことから、リタイヤ後のロングステイの場所としても人気。

そして、島の中の「ジョージタウン」というエリアが、マラッカとセットで2008年にユネスコに登録されてからは、世界中から旅行者が集まる観光地としても注目を集めています。

早朝のタイガーエアーでひとっ飛び。1時間であっという間にペナンに到着です。

a0328548_16240533.jpg


空港でタクシー券を買うカウンターがあり、ジョージタウンまでは定額47リンギットでした。13〜15SGDと言ったところかな?出口を出るとすぐに係員が誘導してくれて、とても綺麗なセダンへ。
運転手は80ぐらいのおじいちゃん。英語で一生懸命ペナンの説明をしてくれました。 冷房も効きすぎておらず安全運転で、なんだか日本を思い出す安心感。ジョージタウンまでの快適なドライブで、すでに「ペナンっていいところ!」と好印象。その地に降り立ってから一番最初に接するタクシーの運転手って、その土地の第一印象を決める重要な役割なぁと実感。

今回ステイしたのは2軒のホテルです。一泊目は「Jawi Peranakan Mansion」というプラナカン建築の邸宅。
a0328548_13570974.jpg
ジョージタウン市内に点在するヘリテージホテルの中で一番新しいホテルです。
a0328548_13570941.jpg
イスラムとプラナカンが融合されたエキゾチックなインテリアが素敵016.gif
a0328548_13571075.jpg
プラナカンタイルもいたるところに。
a0328548_13571053.jpg
ランプはイスラム風。
まだ、12時前でチェックインできなかったので、荷物を預けて街散策に出かけることにしました。
a0328548_13571002.jpg
目抜通りのひとつであるCampbell通りを海の方向へ行くとぶつかるBeach通り沿いにあるカフェへ。
a0328548_13571159.jpg
China Houseという数あるペナンのカフェの中でも人気の一軒です。
a0328548_13571106.jpg
早めのランチに食べたカレーが期待以上に美味しかった!
a0328548_13571237.jpg
China Houseは焼きたてのケーキやタルトと

a0328548_13571268.jpg
アートギャラリーが有名。
ショップハウスを広々と使っていて気持ちがいい空間です。
夜にはDJも入ってカクテルアワーもあるみたい。オシャレだな〜

ペナンが注目されている理由のひとつが街中に点在するウォールアート。
4年前にリトアニア人アーティストが壁に描いた絵が人気を集め、その後色々なアーティストが壁に描き始めたことから、今では街の至る所で壁画を見ることができます。
ホテルはカフェに置いてあるMAPを手にウォールアートを探してみることに。
マップはコチラでダウンロードできます(重いので少し時間がかかるかもです042.gif
a0328548_15380527.jpg
(Borrowed from Tabizine)
こんな風にひっそりとある壁画。
a0328548_13571345.jpg
探し当てた時は嬉しくて思わず一緒にパチリ。
a0328548_14020915.jpg
こんな力作も。
a0328548_14020928.jpg
この古びれた色あせた感がレトロでなんとも素敵…

a0328548_14021086.jpg
Love Laneというバックパッカーに人気の通りにあるカフェで一休み。
a0328548_16240640.jpg

その後アート散策をしばらくしてから、一旦ホテルへ。

後半に続きます016.gif


最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村

[PR]
by sakilog-sg | 2016-06-16 16:28 | 海外旅行 | Comments(0)

a0328548_17203518.jpg

先日フロリダ州のゲイクラブで起きた銃の乱射事件。→記事
50人ちかくもの命が奪われ、犠牲者はほとんどが20〜35歳の若いヒスパニック系の同性愛者でした。
アメリカに長く住み、ゲイの友人が多い私にとって他人事ではないこの事件。
連日CNNで報道される遺族のインタビューを見ては胸が痛みます。



CNNのジャーナリスト、アンダーソン・クーパーが嗚咽を堪えながら名前を読み上げる動画に多くが共感し、SNSで拡散されています。彼自身ゲイであることを4年にカミングアウトしています。

同性愛者の結婚が認められる州が増えてきて、いい流れが来ていると感じられた矢先のこの事件。アメリカの大学時代のゲイの友人に連絡したところ、憤りを感じていると共に恐怖も感じているようでした。何も悪くない友だちが追い詰められていることに、暗い気持ちになります。
a0328548_14015624.jpg
(Borrowed From Reuter)

犠牲者の中には来月から大学に通うはずだった18歳の女の子もいたとのこと。
取材しているCNNのジャーナリストの男性Don Lemmonも以前、自分がゲイであることを公表しています。
a0328548_13454711.jpg
日本だとゲイのタレントは多いけれど報道関係では見かけない気がします。
このような事件が多発するアメリカだからこそ、様々な人種やセクシュアリティのジャーナリストが必要とされているのかもしれません。

今回の事件は、イスラム系の男性によるものでした。
9/11以来最悪のテロ行為とされていますが、同性愛者に対するヘイトクライムでもあるとされています。しかし、最近の展開では、容疑者自身がゲイであった可能性も出てきており、自分自身との葛藤であったかもしれないという見解もあります。

a0328548_13454862.jpg
こちらの女性はイスラム系でレズビアンの大学教授です。この状況でテレビで話すなんて勇気がある方だなと思いました。

a0328548_15553359.jpeg
今思えばアメリカにいた間、他の人種の友だちはいても、ムスリムの友だちはいませんでした。大学の時に発生した同時多発テロ以降は遠い存在になってしまったし、関わるきっかけもなく、どこか躊躇もしていました。

でも、それから10年以上が経ち、シンガポールに暮らすようになってからは、イスラムカルチャーが、ぐんと身近に感じられるようになりました。ムスリムの友だちも出来たし、アラブストリートも地下鉄で数駅という近さ。先週末にはクアラルンプールに行き、美術館でイスラムアートに触れたばかりです。KLにいるムスリムの人たちもおおらかで親切だなと感じました。
a0328548_15573480.jpg
そうやって実際に関わることで、自分の中での隔たりがなくなったことは大きいなと感じます。

たとえば、昨年のトランプ氏の「ムスリムは米国への入国を制限されるべき」という発言。アメリカにいた頃なら、おかしいと分かっていてもこのような事件が相次ぐ中、真向からは反対できなかったかもしれません。でも、今は、もしムスリムの友だちが留学や仕事でアメリカに行くことができなくなったら、と考えると絶対おかしい、と思えます。

でも、こうやって身をもって異文化や異宗教の体験をすることってアメリカでは実は割と難しいことなのかもしれません。人種間のバリアを感じるし、交わることは色々な事情で難しかったり。

そういった意味で、個人のマインドを変えることは難しいけれど、アメリカが直面している一番の問題は銃規制だと言えます。容疑者はFBIのウォッチリストに入っていたけれども銃を購入することができたし、銃がなければ、個人が50人近くの命を奪うことはできなかったはずです。

先月からは義妹一家がデトロイトに赴任していますが、この街は銃による犯罪率が特に高くて心配です。次の大統領選では民主党が勝利し、1日も早く銃の規制に着手し、アメリカが安心して暮らせるような国になることを願うばかりです。

*******************
コメント下さった方へ:トランプ氏は先月ロンドン市長からの指摘を受けるまで「イスラム教徒入国全面禁止」を表明していました。そしてロンドン市長からの指摘後一度はトーンを緩めたものの、事件後、またイスラム禁止のトーンを強めています。

最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2016-06-15 16:05 | ぼやき | Comments(0)

引き続きAmoy St.周辺で一人でふらりと入れるランチスポットのご紹介です。

Wanton Seng's Noodle Bar
いつも激混みで外の席も埋まっているヌードル専門店。
1時半以降に行くと座れるかもしれません。
a0328548_16274979.jpg
オシャレな店構えですが、もとはDunman Food Centreというイースト地区のホーカーセンターで人気だったワンタンミーの老舗ストールだったとのこと。

バーカウンターも広く、アフターファイブのカクテル&おつまみでも使えそうなお店です。
a0328548_16274963.jpg
こちらは6.5ドルのチャーシューミーに2ドルの半熟卵を追加したもの。

a0328548_16274990.jpg
甘辛い炙りチャーシューは割とあっさりとしていて、細麺もコシがあり、洗練されたまぜ麺といった印象です。
エビシュウマイもついて、飽きることなくぺろり。
スープもついていて、ボリューム的には女性は十分、男性には腹八分めぐらい。餃子を一緒にオーダーするとちょうど良いかもしれません。

Amoy Stに行かなくとも、 Deliverooで宅配オーダーできるのが便利011.gif

52 Amoy St.
6221 1336

こちらはAmoy St.と交差するBoon Tat St.にあります。
a0328548_16274859.jpg
Telok Ayer St.の近くにありますが、メイン通りから少し離れているためか、ランチ時でも空いている穴場カフェです。
a0328548_16274829.jpg
自然光が差し込む落ち着いた店内。
a0328548_16274809.jpg
ランチメニューの中からオススメはOrzoというパスタのサラダ。
コクがありつつさっぱりしていて美味しいです。
ちょっとハーブが効いていてレモン風味で爽やかなので暑い日にオススメのメニューです。

29 Boon Tat St.
6220 0629
日曜定休

最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2016-06-13 17:23 | シンガポール:グルメ | Comments(0)

シンガポールで「アモイストリート」というと、ちょっと気の利いたお店が入ったショップハウスが立ち並ぶエリアで、東京でいうと中目黒みたいな感じでしょうか。

a0328548_19173553.jpg

ロケーションはダウンタウンラインの Talok Ayer駅とグリーンのタンジョンパガー駅の間、ラッフルズプレイスやチャイナタウンからも徒歩圏内にあり、とても便利。

a0328548_19173677.jpg
近隣に大企業から小さなプロダクションまで会社がたくさんあるので、お昼時はとても賑やかです。

さて、そんなアモイストリートにとある理由で通っており、周辺のランチスポットを開拓中なのでシリーズでご紹介します。

①気軽なハワイアンカフェ「Aloha Poke
数ヶ月前にできた割と新しいカフェレストランです。
a0328548_11305894.jpg
(Borrowed from bertieretie.blogspot.com)
a0328548_11305881.jpg
中はトロピカルで明るいハワイの雰囲気♪
a0328548_11305912.jpg
ハワイアンビールも種類豊富!
a0328548_19173637.jpg
お店の名前どおり、ポキの専門店ですが、すべてのボウルにライスとサラダ、マグロかサーモンのポキ(タレに漬けたもの)、パイナップルとライムがつき、これにトッピングを2つ、スーパーフードを1つチョイスして追加できます。

a0328548_11305979.jpg
ツナポキのアボカド、とび子、枝豆をトッピングしました。
面白い味だけど、ヘルシーでこれはこれでありかと011.gif
これで11.90ドル、ポキを増やせば15.90ドルです。

夜はブリトーとかもあるみたいなので、ハワイアンビールと軽いディナーも良さそう!
a0328548_19374053.jpg
②「Pho 99」
こちらも一人でフラリと入れるお店です。
場所はAmoy Street Food Centreの前、いつも混み合っている人気店です。
a0328548_11310039.jpg
(Borrowed from myfoododyssey.blogspot.sg)

a0328548_11310061.jpg
コシがある米粉麺に柔らかいお肉が美味しい熱々のフォー。
個人的には少し濃かったのですが、男の人は好きな味かも。
次回はVermicelliを食べてみたい!
a0328548_11310007.jpg
ローカルな雰囲気も居心地が良い。
a0328548_19444330.jpg
(Borrowed from coffeeluvs.blogspot.sg)
次に続きます016.gif


最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2016-06-07 19:53 | シンガポール:グルメ | Comments(0)

a0328548_14153318.jpg
ハミルトン島からシドニーに午後到着し、チェックインしたのはインターコンチネンタルシドニー。
次の日にシンガポールに戻るまでの1泊だけなので、ハーバーに近くてアクセスが良いロケーションを選びました。
a0328548_14075496.jpg
ハミルトン島のサービスアパートの倍の値段でこじんまりとしたお部屋だけれど、窓から見える景色がすごくキレイ!
眼下に広がるのは王立植物園。
a0328548_14075575.jpg
旅の前半のシドニー滞在ではオペラハウスに行く時間がなかったので、歩いて見に行くことに。
a0328548_14075589.jpg
金曜日の夜ということもあり、観光客の他にもアフターファイブを楽しむ人たちで賑わっていました。

a0328548_14075532.jpg
ライトアップされたオペラハウスが出現!
ハーバーの景観にマッチして何とも言えない存在感。
a0328548_14075635.jpg
館内にあるガラス張りのバーで、カクテルを。
ライティングがロマンティック。
シンガポールのマリーナの夜景のような豪華さはないけれど、しっとりしていて大人な雰囲気が心地よい012.gif

a0328548_14075692.jpg
ハミルトン島では毎日洋食で、さすがに舌が疲れてきていたので、ディナーにはお寿司をつまみました。
日本人向けというより、オシャレなラウンジみたいな感じで、お料理の内容は西麻布の権八を思わせる、外国人に受けそうな味付けが多かったですが、久しぶりの和食は美味しかったです。

*********************
そして次の朝。
窓のブラインドを開けると、何とも爽やか!

a0328548_14075661.jpg
夫は早速ランニングへ。
今日半日で最後だなんて名残惜しすぎる007.gif
a0328548_14075748.jpg
英国植民地時代は財務局だった歴史的建造物だけあり、ロビーの雰囲気もレトロ。

a0328548_14075757.jpg
朝食はバランスよくたっぷりと063.gif
a0328548_14075760.jpg
建物の雰囲気がとても気に入ったので、シドニーに来た時にはまた宿泊したいなと思いました♪
あと、サービスも良心的だなと思ったのが、ハンターバレーで買ったワインをハミルトン島に行っていた4日間預かってくれたこと!
瓶を持たずに移動できて本当に助かりました。
チェックアウトをし荷物を預けて、再度オペラハウスへ。
a0328548_14153318.jpg
ウォーターフロントではなく、植物園から歩いて行きました。

a0328548_14153304.jpg
実は正面から見ると3つ独立した建物になっています。
青い空とホワイトのコントラストが美しい…
a0328548_14153419.jpg
ツアーに参加しないと中には入れないので、建物の中だけサラッと見ることはできません。
なので、ツアーで見て回るとほぼ貸切状態でとても空いています。
a0328548_14153400.jpg
日本人ガイドの女性がとても上手で分かりやすかったです。そしてとても綺麗な方でした!
a0328548_14153404.jpg
シドニー交響楽団の本拠地でもあるオペラハウスには大小5つの劇場があって、オペラや演劇、コンサートなど年間1600以上が上演されているとのこと。ってことは1日5つ?!何とも忙しい会場なのです。

a0328548_14153530.jpg
デンマークの建築家、ヨーン・ウツソンによるデザインは、一次選考は落ちたものの遅れてきた選考員のサーリネンの目にとまり、233件の応募作品の中から選ばれたのだとか。
複雑な構造のため、工事が難航し、当初4年だった工期は16年にもおよび、ようやく1973年に完成しました。
2007年に世界遺産に登録されました。
a0328548_14153532.jpg
オペラハウスの屋根には105万6000枚という気が遠くなる数のタイルが使われています。
艶があるホワイトと光沢のないクリーム色が組み合わさってできているので、天候や時間によって見え方が変わるようになっています。
汚れにくい特殊加工が施されていて雨でキレイになるため定期的な清掃が必要ないのだとか。
建設されてから今までに掃除されたのは、2回だけらしいです・・・!

a0328548_14153512.jpg
30分の駆け足ツアーでしたが、あまり時間がなかった私たちには嬉しいスピード感でした。
地下鉄に乗ってショッピングモールへお土産と、コスメを買いに…!
a0328548_14153655.jpg
St. Jamesの駅を降りたところにあるのは大型デパートのWest Field
隣にはオーストラリアのDavid Jonesというデパートがあり、ここの地下に欲しかったブランドがほとんど集約されていました!

a0328548_14153600.jpg
ミランダカーが手がけるオーガニックブランドのKORA、おなじみAesop、ルームディフューザーで愛用しているGlass House、Ecoyaのキャンドルなどなど。ハーブが入ったネックピローなどもあり、もっと時間があれば色々見たかった…
それにしても、オーストラリアってオーガニックコスメがたくさんあって本当に羨ましい…

a0328548_14170466.jpg
ホテルに戻り、荷物をピックアップしたら地下鉄で空港へ。

a0328548_14170519.jpg
この赤茶色の大地も見納め。
思い立って2月に予約して3月に決行したオーストラリア旅行だけれど、7泊8日のシドニー&ハミルトン島はとても充実したプランでした。
レンタカーでワイナリーに行ったり、アイランドゴルフを楽しんだり…
白い砂浜で朝からシャンパンを飲むなどという非現実的(かつちょっと手持ち無沙汰)なことをしてみたり。

美味しい空気を吸って、美しい景色をたくさん見て、心からリフレッシュできた旅でした。
またいつか来れたらいいな…012.gif


最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2016-06-02 22:53 | 海外旅行 | Comments(0)