サミログinシンガポール ーシンガポールLife備忘録ー sakilogsg.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

東京でのworking woman生活から一転、2014年11月からシンガポールで始まったゆるやかな日々を綴っていきます.


by Sammy
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2016年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧



a0328548_20271260.jpg
3日目は朝8時から水上飛行機でホワイトヘブンビーチへ。
昨晩の大雨もあがり、青空が見えていてホッ。

a0328548_20271225.jpg
空港に着いた頃には少し雲が増えていたけれど、予定どおり決行!
a0328548_20271356.jpg
私たちを入れて4名のプライベート感があるツアーで出発。
a0328548_20271389.jpg
パイロットはフレンドリーな青年でしたが、ハミルトン島の滑走路は短くて技術を要するとどこかに書いてあったので、きっと上手なのかと!
a0328548_20271355.jpg
上空から見える島の姿。やっぱり海が透き通っていて綺麗。サンゴ礁もたくさん見えました。

a0328548_20271464.jpg
ホワイトヘブンビーチに近づくと海と白浜がブレンドされたような不思議な景色が!

a0328548_20271449.jpg
見えてきました…!海に降り立つ時は少し弾んでスリルがあります。
ピクニック用のブランケットとクーラーボックスに入ったシャンパン&グラスを渡されて
a0328548_20271547.jpg
まるでハネムーンのようなセッティングで2時間ほどまったり。

a0328548_20271522.jpg
もうひと組のカップルはずっと泳いでいました。
私たちは入ったりビーチで本を読んだり、音楽を聴いたり。
朝だったのと、少し曇っていたので、パラソルがなくても快適!
海風を胸いっぱいに吸いこんで、フカフカのシリカ砂の上に寝転んでいるだけで、かなりリフレッシュできました。
a0328548_20271549.jpg
また小型機に乗って、ものの20分ほどで到着。
フェリーだともう少し安いけれど、1時間ちょっとかかるので、やっぱり飛行機は快適。
上からの景色を見たい&船酔いが心配な人にはオススメです。
他にもヘリコプターのツアーもあり、これらはすべてビジターセンターで予約が可能です。

a0328548_20324034.jpg
島に戻ったらコアラが見られる「Wild Life」へ。

a0328548_20324126.jpg
朝8時〜10時はビュッフェが用意されていてコアラを見ながら朝食を食べることができます。
a0328548_20324066.jpg
園全体にヨガで流れるようなスピリチャルな音楽が流れていて、コアラは眠そうに葉っぱを食べていて、何ともまったりとした雰囲気です012.gif
ただし、抱っこできる時間は1日の内2回あり、決まっているのですが、コアラの体調などで抱っこできない場合もあるので、初日にこちらを訪ねて確認しておくのが良いかと思います。
私はタイミングが悪く抱っこできませんでした・・・
a0328548_20324168.jpg
島内をドライブしたり、マリーナをブラブラしたり。
a0328548_20324152.jpg
夜は島内で唯一のスパ施設「Spa Wumudaylin(ウーメデリン)」へ。

a0328548_20324249.jpg
クオリアのスパが利用できずがっかりしていましたが、ここのスパが思いの外レベルが高く、大満足でした。
サービスがきめ細かくてマッサージも上手でした。
予約がとても混み合うので、こちらも島に到着したらすぐに予約する方が良さそうです。
ギフトショップも素敵でした。

a0328548_14525001.jpg
4日目は午後の便でシドニーへ発つことになっていたので、マリーナで最後の朝食を。
Marina Cafeは朝6時半からオープンの朝食に人気のお店です。

a0328548_14525022.jpg
パンケーキやスムージー、スモークサーモンベーグルなどどれもヘルシーで美味しい。
海側のテラス席に座ると、カモメの襲撃にあって大変なので、お店の前の席で食べる方がいいです。
カモメの他に、ハミルトン島で多く見られるのがコカトゥーという鳥。バルコニーに遊びに来たりします。

テイラー・スウィフトがハミルトン島でバースデーパーティーを開いた時のインスタグラムにも登場していました。
a0328548_16000455.jpg
(From Instagram @taylorswift)
a0328548_14525111.jpg
楽しかった3日間もあっという間に終了。

a0328548_14525155.jpg
JetStarに乗ってシドニーへ戻ります。

a0328548_14525203.jpg


最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2016-05-26 16:04 | 海外旅行 | Comments(0)

a0328548_17010682.jpg
晴天であることを祈りながら寝たけれど、朝起きたら土砂降りの雨。
もしかしたらキャンセルになってるかもしれない、と思いつつ一応用意をしてマリーナへ向かうと、
ボートにゴルフウェアの女性グループとカップル数組がすでに乗っていました。

ってことはあるのかしら・・・と半信半疑で出発を待っていると、
「ゴルフ日和ではないけれど楽しみましょう」とスタッフの人。
どうやらがっかりしているのは私たちだけで、他のゴルファーたちはいたって陽気。
まぁしょうがない、楽しみましょう!というポジティブな雰囲気で出発しました。
a0328548_17010698.jpg
ものの5分で隣のデント島に到着。
小さな島のすべてがゴルフ場になっているゴルフアイランド。
ボートを降りると、傘を渡されてクラブハウスまで歩きます。

クラブハウスでコーヒーを飲みながら待つこと30分。
雨が小降りになったとたんに、以下にも常連らしいゴルファーたちがさっさとラウンドをスタート。
でもまだ降ってるしなぁ〜と外を眺めていると、みるみる内に晴れてきて青空が!
a0328548_12300315.jpg
ちなみにこの日は、風が強すぎてホワイトサンドビーチへのプロペラ機はキャンセルになったそう。
ゴルフを先にしてラッキーでした。

a0328548_12300456.jpg
エメラルドグリーンの海を眺めながらのティーショット。

a0328548_17010603.jpg

a0328548_12300631.jpg
爽やかなファーストハーフが終わったところでランチブレーク。
a0328548_12300716.jpg
ここのラウンジのレストランは割と高級感があり、正装でランチパーティーをしている人たちもチラホラ。
ゴルフウェアで少し恥ずかしかったけれど仕方ない・・・

a0328548_12300859.jpg
一見ボリューミーだけれどサックリと揚がったフィッシュアンドチップとこんがり焼けたバーガーは、空腹に絶品でした。

a0328548_12300893.jpg
午後になると少し雲が多くなってきました。
コース自体はそこまで難しくなく、メリハリがあって楽しんで回れる設計になっていました。
フィーもプライベートアイランドの絶景ゴルフ場にしては一万円代でお手頃。
レンタルしたクラブもいい感じで、全体的に大満足でした016.gif
a0328548_12300861.jpg
帰りのボートへ。
a0328548_12300995.jpg
ポツリポツリと来たので、スーパーで食材を買って夜は自炊をすることに。
a0328548_17213824.jpg
a0328548_17213906.jpg
グルテンフリーはシドニーに着いた途端にやめてしまいましたが、せっかくパスタが売っていたので買ってみました。

a0328548_17213914.jpg
外は大雨。ビジターセンターにあるレンタル屋さんで借りたDVDを見ながら次の日の晴れを祈ります。
島の天気は読めなさすぎて怖い…042.gif



最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2016-05-18 17:34 | 海外旅行 | Comments(3)

a0328548_19505923.jpg
3月のオーストラリア旅行の続きです。

シドニーで最初の3日間を過ごした後、旅の後半はハミルトン島へ。

ハートリーフが有名な、グレートバリアリーフの中に浮かぶ島。
ハネムーンで訪れる人も多いようです。

地下鉄で10分ほどで空港へ。
本当にアクセスが良くて便利!
お昼のフライトだったので、空港で軽くブランチを。

a0328548_19505934.jpg
シンガポールではロバートソンキーにあるToby’s Estateがあったのでコーヒーと、可愛いパイのお店があったのでミートパイを買ってみました。
Pie Faceというお店で、最近日本にも進出したのだとか。
後日、サマセットの地下でも見かけました。

a0328548_19510038.jpg
オーストラリアへヘルシー志向で、空港にもヨーグルトやグラノーラが豊富においてあるお店があるのが嬉しい。バランス良いブランチに満足し、いざ出発〜!
a0328548_19510042.jpg
2時間ちょっとの空の旅。
この日まで、ハミルトン島にはサイクロンが上陸していて、連日大雨のニュースをテレビで見ていたので、天気に関してはかなり期待度低めでしたが、ふと眼下を見ると晴れている!
透き通る海に島やサンゴ礁が…

a0328548_19510170.jpg
そして、虹が見えた!とはしゃいだ途端に雲が厚くなり、ハミルトン島に着陸した時には小雨が降っていました。
a0328548_19510110.jpg
うーん、残念と思うも、大雨じゃなかったことにホッとし、迎えのバンに乗って宿泊先へ。
青空が見えたと思ったらまた曇ったり不安定な天気でした。
a0328548_19510229.jpg
ハミルトン島で一番人気のホテルは「クオリア」というリゾートホテルで、日本人や欧米人のほとんどがそちらに泊まるようだけれど、リーズナブルな部屋でも一泊10〜15万円…
完璧なおこもりステイならまだしも、ゴルフや水上飛行などアクティブに過ごす予定だった私たちは、一泊2万円程の一軒家を借りることにしました。

a0328548_19510257.jpg
ハミルトン島にはサービスアパートという名の一軒家が点在していて、チョイスは数あれど、さすが人気の島だけあり、1月末時点ではすでに予約がいっぱいのところもチラホラ。

予約した「Anchorage」はマリーナを望む高台にあり、ゴルフカート付きで、結果大満足でした。

a0328548_19510272.jpg
家も二人では広すぎるくらいゆったりした造り。

a0328548_19510380.jpg
サービスアパートとはいえ、ベッドメイキングもタオルの取り替えもなしなので、タオルは自分たちで洗濯機で洗う必要がありますが、大型洗濯機&乾燥機で楽ちんでした。
a0328548_00590162.jpg
a0328548_00590159.jpg
欧米人用の家具は大きい!
a0328548_00590287.jpg
荷物置きとしてしか使わなかったけれどセカンドベッドルームは子ども部屋にぴったり。

大きなジャグジーもありました。。
部屋で少し落ち着いた後は、島散策と早めのディナーへ。

a0328548_00590228.jpg
ゴルフカートで5分の距離にあるマリーナというエリアが一番の繁華街。
マリーンアクティビティのレンタルもここ、ほかの島行きの船の発着もここからです。
いくつかのレストランと、小さなスーパー、フローリストやギフトショップ、ビーチウェアを扱うお店が軒を連ねています。
a0328548_22372607.jpg
雰囲気が良さそうだったので入ってみました。
a0328548_22372620.jpg
ヨットハーバーを望むゆったりとしたカフェ。
a0328548_22372795.jpg
a0328548_22372745.jpg
ギリシャ風サラダやイカのフライ、ピタパンにケバブなど。
爽やかな海風とワインに合います。
a0328548_22372754.jpg
この地図で「12」がマリーナのエリア、右端のビーチがあるあたりがクオリアの敷地。
レストランやスパだけ利用しようと思いましたが、宿泊者でなければ敷地の中にも入れない完全なプライベートリゾートで、立ち入ることができず。
私たちの宿泊先があるのが「7」のエリア。
他ホテルは左端のエリアに固まっており、ビジターセンターもここにあります。

翌日の予報は雨。翌々日も雨。
ビジターセンターで色々パンフレットを見せてもらい、「ハートリーフは見なくても良いけれど、ホワイトサンドビーチを見てシュノーケリングをしたい」という結論に至るも、そんなツアーはすべて満席。
そりゃ前日には埋まってるよね……でも、天気が読めず、前々から予約することに躊躇したのだから仕方がない。
結局、翌々日の4人乗りのプロペラ機でホワイトサンドビーチを見て、ビーチにステイして帰って来る、というツアーが2席奇跡的に空いていることが分かったので、予約していたゴルフを翌日に動かすことに。

天気によってはキャンセルされてしまう飛行機でドキドキでしたが、はるばるハミルトン島まで来てグレートバリアリーフを見ずに帰ることはできない!とてるてる坊主でも作りたい気持ちで家に帰ったのでした。

2日目に続きます。


最後まで読んでいただきありがとうございました!058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2016-05-10 14:05 | 海外旅行 | Comments(0)