サミログinシンガポール ーシンガポールLife備忘録ー sakilogsg.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

東京でのworking woman生活から一転、2014年11月からシンガポールで始まったゆるやかな日々を綴っていきます.


by Sammy
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

<   2015年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧


ぜんぜんモテナイ…


日本人女子なら海外で誰もが経験したことがあるであろう根拠のないモテ。アメリカに住んでいた時は、工事現場を通ると必ず「ヒュー」という口笛の後「ハニー」とか「オーママ(スペイン語でベイブみたいな感じ)」と声をかけられたものです。イタリアでは「ナンパされないと女ではない」というジョークがあるくらい、しょっ中ウィンクだの口笛だのがあったし、その他の国でも一人で歩いていると何かしらありました。(年齢を重ねるとともに回数は減っていきましたが)
a0328548_19524156.jpg
シンガポールでは、工事現場には大体バングラディッシュ系やパキスタン系のお兄ちゃん&おじちゃんたちがいるので、アメリカのプエルトリカンやメキシカンの人たち同様、声をかけられるものだと思っていました。

今思えば、アホかと自分をどつきたくなるのですが、前を通るたびに「口笛くるぞ〜せーの」と心の中でカウントダウンをし、早歩きを開始したりしていました。…が、みんな全く無関心。最初は仕事中だからかしら〜と思っていましたが、休憩中に木陰で一服している人たちからも「ひゅー」の「ひゅ」の字も聞こえてきませんでした。(恥)

草食系の上メガネ率の高い(オシャレではないメガネです)シンガポーリアン男子から声をかけられることはもちろん一切ありません。
そんなある意味張り合いのない(?)日々が流れること3ヶ月。

事件はヨガ教室でおこりました。

ホットヨガを終え、疲れすぎて半ば放心気味で皆がスタジオを出て行くのを眺めていると、隣のマットの細マッチョ男性が声をかけてきたのです!

握手を求めてきて「ハロー、僕はなんちゃらかんちゃら、ヨガは始めたばかり?」

おぉぉ!これナンパだよね?結婚しているって言うべきだよね、でも失礼だし一応名乗ってからの方がいいかしら?!
と自問自答していると、

「君のコブラのポーズを見ていて思ったんだけれど、腕がほら、こうハイパーエクステンションになってるんだよね。そうすると腕と背中にすごく負担がかかるんだ」

…ん?ハイパーなんて?

「今Pure Yogaでティーチャートレーニング中なんだ。よかったら僕のクラスもまた来てよ。君の腕について、今日の先生に聞いてみたほうがいいと思う。」

と導かれるまま先生のところへ。二人してアドバイスしてくれたんだけれど、気が動転していてあんまり覚えてないっす…

ナンパだと思ったらヨガのポーズを指摘された上に、営業トーク!爆

いや〜我ながらなんという敗北感...

シンガポール駐在中に一度は、ひゅーぐらい言われるといいんですが…(焦)





[PR]
by sakilog-sg | 2015-02-25 19:54 | ぼやき | Comments(2)

旧正月休み二日目の金曜日。朝起きると夫は出勤しており、終わったころにマリナベイサンズでランチをすることに。

a0328548_18525654.jpg
MRTだと微妙に行きづらいのですが、バスだと目の前で停まってくれます。こうやって見上げるとやっぱりこの設計怖い…(笑)(上の船みたいな部分は日本が作り、下の部分は、耐震的に不安だと日本の会社が断ったので韓国の会社が作った、と聞いたことがあります)

a0328548_18525767.jpg
久々のShops at Marina Bay Sands。昨年7月に家探しの際に初めてシンガポールに来たとき、夫の仕事が終わるまでひとりで時間をつぶした場所でした。自然光が燦々と降り注ぐこの明るいショッピングモールで、「ここに住むのも悪くないかも?」と思ったのを思い出し、懐かしくなりました。

よく来ることになるかと思いきや、こちらに住んでからはまだ2回目。たまに来てみると、このバブリーで真新しい雰囲気が「シンガポール!」って感じがしてワクワクします。
a0328548_18525861.jpg
今日も快晴。ランチの後は以前から気になっていた島めぐりをすることに決定!

a0328548_18525916.jpg
フェリーが出ているのはマリナベイサンズからタクシーで5分ほどのところにある、Marina South Pierです。昨年夏にできたばかりのMRTレッドラインの新しい駅「Marina South Pier」があるところです。

a0328548_185305.jpg
屋上からの景色。ネットの時刻表では2時間おきに出ているとのことだったので3時のに乗るつもりでしたが、2時半にチケットを買いに行くと「早く!もう出るよ!」となぜか焦らされ…。

a0328548_1853171.jpg
慌てて停泊していた小さな船に乗り込みました。
大学生の時ギリシャの島々を1週間かけてフェリーで周り、同じような「アイランドホッピング」をしたな…と規模は全然違うけれど懐かしい気持ちに。
a0328548_19144285.jpg
セントジョンズ島までは約20分。小さい船なので揺れるか心配でしたが、揺れを感じる間もなく到着しました(笑)。
a0328548_1853215.jpg
窓からの景色。シンガポールはリバーもマリナベイも色が濁っているので、やっぱり海の色はいいな〜とテンションがあがりました。

a0328548_1853313.jpg
セントジョンズ島はかつてハンセン病患者の隔離施設や犯罪者の刑務所として利用されていたとのことですが、今は海辺でのバーベキューや釣りが楽しめるレジャースポットとなっています。
a0328548_1853381.jpg
何やら公園みたいなものがあるみたいなので、ビーチをあとにし、少し散策してみることに。
a0328548_1853594.jpg
米ドラマ「LOST」に出てくるような島を想像していましたが、きちんと整備されていて、ボタニックガーデンみたいでした。

a0328548_1853619.jpg

a0328548_1853732.jpg
小ぎれいなシンガポール大学のキャンパスもあり。

a0328548_1853861.jpg
ビーチは思いのほか狭く、座ってゆっくりする感じでもなかったので、小一時間ほど散歩したのち、次の船でクス島を目指しました。

a0328548_1853988.jpg

a0328548_1853107.jpg
ものの10分弱でクス(中国語で亀の意味)島に到着です。
a0328548_18531195.jpg
その昔、船が難破した際に漂流していたマレー人と中国人を亀が助けた、という言い伝えからクス島には中国系の寺院とマレー寺院があります。

a0328548_18531271.jpg
この日は空いていましたが、毎年9月ごろにはたくさんのシンガポーリアンがクス島に巡礼に訪れるのだとか。

クス島もセントジョンズ島も売店も何にもないので、飲み物や食べ物を持参する必要があります。そして、クス島はスマホが圏外(時々なぜかインドネシアの回線が入ってくる)ので、本などを持っていくといいと思います。

芝生で海風に吹かれながら角田光代さんの旅エッセイを読みました。東南アジアをよく旅されているので、海のすぐ向こうにいたなんて、と時折不思議に思いながら…。

a0328548_18555149.jpg
角田さんが描く主人公が好きで、小説はほとんど読んだと思うのですが、旅エッセイは初めてでした。

好奇心旺盛で旅が好きなんだけれど、神経質でビビりな自分といつも葛藤しているところとか、共感できる部分がたくさん描かれていて、気持ちがスッとしました。色々とわけがわからないことが多すぎて戸惑うんだけれど、この国にいる限り受け入れないと前に進めないというところが、自分のシンガポールでの日常と似ているな〜と感じたり。

そして、エッセイの中に垣間見られる、角田さんのサブカルチャー要素が強いんだけれど、基本ちゃんとしているところがナチュラルで素敵だなと思いました。

さて、話は戻りますが、セントジョンズ島とクス島。

結論から言って、日本から来た友達や家族を連れていくほどの特別感もないし、女子同士や家族同士でピクニック行こう〜ってほどの場所でもないです。とにかく何にもないし、大勢で座るような場所もあまりなかったので。

連休中、特になにもすることがない夫婦が、お菓子と本を持って半日過ごすにはちょうど良かったかな、と(笑)船も往復18ドルでお手ごろですし。スマホもあまり使えないので、デジタルクレンジングにもなります。

Wikiによると、シンガポールには大小60以上の島々があるのだとか…!
次は自転車で回れるらしい、自給自足で有名な島「ウビン島」に行ってみたいと思います。


よろしければワンクリックお願いしますemoticon-0157-sun.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2015-02-24 18:52 | シンガポール自然公園 | Comments(0)

先週のことになりますが、愛読しているHoneycombersというウェブサイトで、オーガニックなハーブテイスティングとフラワーアレンジメントのワークショップがあると知って、友人と参加してきました。

主催しているのは「Edible Gardens」というパーマカルチャー(農業を中心とした持続可能な暮らしや思想)を啓蒙するソーシャルエンタープライズ。シンガポールのいくつかのビルの屋上で野菜やハーブ類を栽培したり、ミツバチを飼育したりしているのですが、今回は、「With Every Bloom」というフローリストとのコラボレーションイベントです。

場所はリトルインディアでもかなりディープな「Rowell」という通り。もともとアーティストのアトリエだったショップハウスを期間限定で「Growell」という名のポップアップスペースとして、色々なオーガニックイベントを開催しています。

a0328548_19311053.jpg
あまり綺麗といえない通りに廃墟のような建物。恐る恐る中にはいると、レンガの壁にお花がずらりと並んでいてなんとも素敵な雰囲気!

a0328548_19311147.jpg
爽やかな笑顔でお花を運んできたのは、主催者のひとりであるChris。もともとは、シェフとして働いていたそうですが、今はクリエイティブな人脈を生かして、こういったイベントを手がけているのだとか。コーヒーメイキングや、ラーメンのワークショップまで、そのジャンルは実に多彩。

a0328548_19311282.jpg

a0328548_19311381.jpg
With Every Bloom」のスタッフたちがフラワーアレンジメントのレッスンのセットアップをしている間に、1階のハーブのコーナーへ。
a0328548_1931999.jpg
20種類以上のハーブが生き生きと育っていて、いい香りが充満していました。Lemon Balm, Musculin, Fennelなど、おなじみのハーブから聞いたことがないものまで、ずらりとならんだハーブを摘み取り、少量のオリーブオイルをかけてテイスティングします。
a0328548_1401742.jpg
苦かったり甘かったり、ハーブのミックスサラダはよく食べるけど、ひとつひとつ味わうことってあまりしないので、貴重な体験でした。
a0328548_19311478.jpg
お次は2階へ移り、先ほどのハーブやキュウリ、ライムを入れて作ってくれるジントニックをテイスティング。タンカレーやボンベイサファイヤなどジンの種類も選べて楽しい。

そしてお待ちかねのフラワーアレンジメントのクラス。私は無類の花好きだと自分で思うのですが、アレンジメントを作るのは初めてなので、まずは形を決める、とか、グリーンで土台を作る、とか基本的なことかもしれませんがすごく興味深かったです。

a0328548_19311661.jpg
一人一人にビンが配られ、お花を選んでいきます。
ラナンキュラスやユーカリ、色々な種類のバラやガーデンフラワーのような小さな花もあって、私が好きなテイストのお花がたくさんあり、色々迷った結果…
a0328548_19311783.jpg
  
a0328548_19311826.jpg
先生にかなり手伝ってもらいながらも、いい感じに仕上がりました^^
a0328548_140831.jpg
a0328548_140912.jpg
このワークショップには、私たちの他に30人ぐらいのシンガポーリアンの若者たちが参加していました。輸入物が多く、あまりリサイクルが浸透していないシンガポールですが、エコ意識の高い人もいるのだと、安心。和気あいあいとした雰囲気で楽しいワークショップでした。

5時間と盛りだくさんな内容なのに、料金は「寄付金」として好きなだけ、というなんとも良心的なスタイル!若いのにこうやって休日に集まって意味のあるイベントをして偉いな〜…emoticon-0111-blush.gif

私もシンガポールでもエコ&オーガニックな生活をするように心がけよう、と身が引き締まる思いでした。



[PR]
by sakilog-sg | 2015-02-21 23:24 | シンガポール:習い事 | Comments(3)

仕事再開と旧正月料理


今年の旧正月は2/19(木)が元旦で週明けまで4連休です。街中で「新年快楽(シンネンクァイラ)!」と派手に書かれたオブジェが飾られ、金柑の鉢植えが置かれています。
a0328548_1371869.jpg
そして私が来星してから今日で3ヶ月。友人たちが2回遊びに来て、船便と航空便が来て、新年があり、バリ旅行があり、ウクレレとヨガを習い…と色々なことがありすぎて、3年ぐらい経ってしまったように感じるのですが、実際は11月から2月になっただけなんですね…。日本はまだまだ寒いし…。シンガポールのように季節がなくって日照時間がながいと、時間の感覚が狂ってしまう…。

そしてこのタイミングで仕事を再開することにしました。好きな時間に好きな事をし、趣味を楽しみ、シンガポール中を散策する生活は楽しいけれど、消費ばかりで生産性のない生活は少しストレスでもあり。(特に物価が高いシンガポールでは…。)
今は、夫の給料だけで生活や旅行を楽しめるけれど、いずれ東京に帰った時には二人働く、というのが現実的なので、キャリアは細々でも積んでおいた方がいいよね、とも思い…。

今までやってきたPRの仕事に近く、フリーランスのように自分のペースで働けるポジションが運よく見つかったので、トライしてみることにしました!

さて、今日は初出勤&歓送迎会も兼ねて、職場付近の中華料理屋さんで、旧正月料理「魚生(ユーシェン)」をいただきました。

a0328548_1372033.jpg
野菜の千切りに刺身、ナッツが加わったものを「ローヘイ(=今年もお金に恵まれますように)」といいながら箸で高く持ち上げ、みんなでかき混ぜます。

周りを見るとみんな立ち上がって盛り上がっていました。
a0328548_1371926.jpg
あまり美味しくないと聞いていたので身構えていましたが、まぁこんなもんでしょうか…?ドレッシングがあまったるいのがすべてを台無しにしている気がするので、来年は青じそやらピエトロ持参でトライしたいかなと(笑)。


しかし、久しぶりに敬語を使って複数の人と話し、書類を見たり会議をしただけで、ぐったりと疲れが。すっかり身体と頭がニート化していました。
3ヶ月前までは1時間かけて乗り継いで出勤し、ミーティングやアポや外出がいくつも入っていたなんて嘘のよう…。一人ランチに慣れてしまった今、接待ランチとかできる気がしない。ダラけてしまった自分が情けない…。
a0328548_1371789.jpg
気を取り直し、夕食はシンガポール3ヶ月記念に、チキンライスを作りました。
炊飯器に醤油や酒や生姜、ニンニク、長ネギと鳥ももを入れて、炊くだけ。
Huber'sで買った新鮮な鳥で。(こちらではホルモン剤が入っていない鳥を探すのにもひと苦労です><)

今日はスーパーも17:30までで、明日、明後日はどこもお休み。シンガポールはゴーストタウンみたいになってしまうのでしょうか。チャイナタウンに行ってみたいようなみたくないような…(笑)

[PR]
by sakilog-sg | 2015-02-18 01:37 | シンガポール生活初期 | Comments(1)

ホーランドビレッジというと「バーが多い」とよく聞いていたけれど、調べてみると、道を挟んで反対側に「Chip Bee Gardens」というエリアがあるとのこと。これは!と思ってチェックしたのが先週のこと。

その時はアサイーのお店がまだオープンしていなかったのと、雑誌「Monocle」のアンテナショップをチェックし忘れたので、夫を誘って土曜のランチに再トライ。

オーチャードからはバスが便利で20分ほど。

a0328548_1842369.jpg
同じマンションのキャバリアちゃんが丁度散歩中でした!私もキャバリアを飼っていたのですが、このワンちゃんはそっくりでいつも懐かしい気持ちになりますemoticon-0111-blush.gif
a0328548_1853131.jpg
Chip Bee Gardensはホーランドビレッジの住宅地の中にあって、レストランやギャラリー、カフェ、クッキングスクールなどが軒を連ねています。

a0328548_18423782.jpg
ランチはDa Paoloでイタリアン。新鮮な素材とマイルドな味付けで、パスタもアルデンテで満足な内容でした。
a0328548_18423889.jpg
外の席が風通しも良く気持ちがいいです。

a0328548_18423967.jpg
ランチの後は周辺を歩いてからライフスタイル誌「Monocle」のアンテナショップへ。
東京でも富ヶ谷や表参道にありますが、シンガポールには12月に新しくオープンしました。
a0328548_18424055.jpg

a0328548_18424145.jpg
アイテムのほとんどがメンズ物ですが、オシャレなメンズのお店ってシンガポールには少ない気がするので(ウィメンズもですが)見ていて楽しい。夫はMonocleとDelfonicsの名刺入れを買っていました。30ドルだけれどカワイイ。その他、ステーショナリーやインテリアグッズもあります。

「Monocle」は世界中のハイセンスな情報をキュレーションして発信しているマルチメディアで、雑誌が主ですがラジオ番組などもあります。
ビジネスからデザイン、ファッションまでかなり内容にも紙質にもこだわったユニークな雑誌です。
編集長のTyler Brule氏とは以前仕事でお会いしたことがありますが、とてもイケメンで知的なイギリス人で、Wallpaper誌を創刊した人でもあります。そして、日本が大好きなので、置いてあるアイテムもコムデギャルソンとのコラボとか、ヒノキの香りのルームフレグランスとか、お洋服も日本のメンズが好きそうなものが多いです。
Tyler氏プロデュース、建築家の隈研吾さんデザインのホテルをシンガポールにオープンするそうで、今からとても楽しみです。

a0328548_19185185.jpg
その後、先週火曜日にオープンしたばかりのアサイーのお店へ。
a0328548_18424292.jpg

a0328548_18424374.jpg
Project Acai」という名前でジュースバーのような感じです。

a0328548_1842449.jpg
Small から Largeまでありますが、6ドルちょっとのSmallでもボリューム満点。シンガポールらしく、ドラゴンフルーツが入っていたり、今話題の栄養満点穀物「チアシード」やクコの実なども入っていて内容も大充実。
そして、めちゃくちゃ美味しかったです!
自宅用のフローズンアサイーが売っていたので買って帰ることにしました。

こんなお店日本にできたら行列必至なのに、空いていて本当にラッキー…。
Chip Bee Gardens、休日のランチにオススメの場所ですemoticon-0148-yes.gif

よろしければワンクリックお願いしますemoticon-0157-sun.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2015-02-14 18:42 | シンガポール:インテリア | Comments(0)

今夜はGoogleでマーケティングをしている友達が「シンガポールにきて5周年」パーティーに招待してくれたので、友人を誘って参加することに。

二人で0次会をしよう〜ということになり、Orchard CentralのKiloに。
和食とイタリアンのフュージョンでBugisに本店があるのですが、Orchard CentralのKiloもかなり素敵です。
a0328548_2303648.jpg

a0328548_2303735.jpg
ハッピーアワーでビール(7ドル)もおつまみもお得emoticon-0167-beer.gif
奥にはPact+Limという日系のヘアサロンや、SIFRというポパイに出てきそうなオシャレメンズブランド(ウィメンズもちょっと置いてありますが、American Apparelみたいでカワイイです)のお店があり、いい雰囲気です。

その後、クラークキーにある「Bitters&Love」のパーティーへ。ホンリムパークに面しているのですが、入り口は「ShoeBox Canteen」というビストロになっています。
a0328548_2303832.jpg
この日はパーティーの主催者の友人が、お友達のバースデーをサプライズ企画して、ダブルセレブレーションでした。男の子なのにケーキのセンスが抜群!

a0328548_2303986.jpg
カラフルなのにオーガニックで美味しいケーキとパリパリのピザ、ミニバーガーにワインやカクテルなど。
a0328548_2304286.jpg
私の写真が暗すぎてバーの良さが伝わらないので、以下、愛読しているフードブログ「Seth Lui」からお借りしました。

a0328548_12170765.jpg
店内はビストロ調のカジュアルな感じで、とにかくカクテルがクリエイティブでカワイイ!
a0328548_12165729.jpg


a0328548_12170242.jpg
a0328548_12165247.jpg
a0328548_12164757.jpg
Telok AyerのJiggar & Ponyよりもこじんまりとしてオシャレで好きかも。

こんなに素敵なお店なのに残念ながら4月には閉店してしまうそうです…。
レストランのフードもとても美味しそうなのに残念すぎる!
a0328548_12242445.jpg

それまでに一度ディナーに行きたいと思いますemoticon-0142-happy.gif

もしよろしければワンクリックお願いしますemoticon-0157-sun.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2015-02-12 12:25 | シンガポール:バー、クラブ | Comments(0)

3月は帰国ラッシュとのこと、ようやく掲示板を通して変圧器を購入することができました。
待ちに待ったVitamixの再開!
冷蔵庫にあったキウイとほうれん草と、アパートのロビーの朝食で並んでいたドラゴンフルーツ、メロン、りんごでグリーンスムージーを作りましたemoticon-0171-star.gif

a0328548_0345310.jpg
ドラゴンフルーツは初めてなので、ドキドキしながら味見してみたところ、ただ甘いというか、シャキッともしないし。味は普通?でもアサイーと同じく栄養素の高いスーパーフルーツとのことなので期待大です!
a0328548_0345427.jpg
攪拌、攪拌〜

a0328548_0345635.jpg
ドラゴンフルーツのおかげか、今までのグリーンスムージーの中でピカイチの美味しさでしたemoticon-0104-surprised.gif 甘さ控えめで爽やかで、ごくごくいけます。
これからは、DONQやTOAST BOXのパンをやめて、朝はグリーンスムージーでヘルシー生活にしよう!(というのもFacebookを見た日本の友達から「太った?」と言われ少しショックでして…。

a0328548_0345933.jpg
日本人会で借りてきた本にも、
a0328548_0345932.jpg
ドラゴンフルーツのスムージーが載っていました!流行っているのかな?
a0328548_0345736.jpg
その後ジムに行き、ランチは友人とマンダリンギャラリーのProvidoreでチキンとキヌアのサラダを食べました。
Providore雰囲気よくて大好きです。

そして、通っているPure Yogaで今日はホットヨガに初挑戦。いつものヨガと違い、かなりキツイ…。数リットルの汗をかいて爽快でしたが、心臓がかなりバクバクしていたので、あまり無理しないほうが良いかも、と思い、週2ぐらいのペースで続けてみようと思います。
a0328548_0345788.jpg
夜は酢重でディナー。焼酎ときゅうりと豆腐。(と牛すじとカリフォルニアロールと)

変圧器と友達のコメントから始まったにわかヘルシー生活ですが、続けられることを願います…。



よろしければワンクリックお願いしますemoticon-0157-sun.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2015-02-12 00:55 | シンガポール生活:美容 | Comments(8)

バリは夕日が本当に綺麗でした。インフィニティプールに映ると更に美しく、2日目も3日目もプールサイドでカクテルを飲みながら夕日を堪能しました。

a0328548_23104303.jpg
a0328548_23171208.jpg
2日目の夕食はTripadvisorでもスミニャックのレストランで1位のインドネシア料理「Bambu」へ。
オープンエアで、とても素敵な空間。サーバーの服も白いバリの民族衣装で素敵でした。男の人も長い長いスカートにお花を頭につけているのに全然違和感がなかった。バリの男の人たちは、みんな肌が小麦色でツヤツヤで、細マッチョで、目がキラキラしていて、かなり美男子でした。
そして、バリの人たちは物腰が柔らかく、サービスがきめ細かく、ホスピタリティ精神にあふれ、まるで日本のレストランにいるような気持ちになりました。

a0328548_23173036.jpg
a0328548_23182728.jpg
味付けもマイルドで素材が新鮮で、美味しかったです。

そして、これは3日目の夜に起こったことなのですが、某レストランで食べた後、夜通し激しい腹痛と嘔吐に見舞われ、ほとんど一睡もできませんでした…。朝になっても収まる様子がなく、このままの状態だとフライトに乗れない、と思い、ホテルが連絡してくれたスミニャック市街のクリニックに行くことに。
a0328548_23271828.jpg
お医者さんは、症状を聞くなり「よくあります。特にここ2、3日。注射を打ちましょう」と。
なんの注射かわからなかったし、ここ2、3日、とはどういう意味なのか詳しく聞きたかったけれど、フライトの時間もあるし、とにかく胃痛が激しかったので、注射をすることに。

飲み薬を処方されて全部で1万5000円ほど也。
デンパサールの空港で、コーンフレークを食べてから飲み薬を飲んだら、飛行機には乗れるくらいの症状にはなり、一安心。無事シンガポールに帰ってまいりましたemoticon-0141-whew.gif

インターネットでしらべると「バリ腹」といって、このような原因不明の腹痛は誰にでも起こるとのこと。
ミネラルウォーターで歯磨きをしたし、気をつけてはいたつもりでも、やっぱりプールには入ったし、サラダも食べたので、まったく菌が入ることはなかったとも言い切れず。しかし、どう気をつければいいんでしょうね。またバリには行きたいのですが、この思いは二度としたくはないな、とも思い…。複雑ですemoticon-0108-speechless.gif

帰国後もしばらく収まらず、食欲もなかったので、ブキティマに新しくできた水炊き屋さん「鶏金」に行ってまいりました。

水炊きのほかにとんぺい焼きとポテサラをオーダー。
とんぺい焼きとポテサラはとっても美味しかったです。
水炊きも、作ってくれるし、それなりに美味しいのですが、スープと野菜と鶏を一緒に食べたい場合には、ちょっと歯がゆいかも。というのも最初にスープだけ飲んでから最後の雑炊まではほとんど汁気がないまま具を食べることになるからです。
a0328548_23470920.jpg
a0328548_23470386.jpg
a0328548_23465793.jpg
でも、お店の雰囲気とコスパはとてもよかったし、新鮮な鶏の出汁のおかげ(?)でこの後バリ腹は快復したので、もう一度行ってみたいと思います。

鶏金

住所:557 Bukit Timah Rd Crown Centre 1F

電話:6464-5908 

18:00~23:00(LO22:30)
土日祝12:00~15:00、18:00~23:00(LO22:30)


[PR]
by sakilog-sg | 2015-02-02 23:07 | 海外旅行 | Comments(0)

初日は渋滞とアブに刺され疲れたので、次の日はホテルとスミニャックの街を満喫することにしました。
朝8時のヨガを予約。海を見て風に吹かれながらのヨガは気持ちがいい…!ハワイのコオリナでのヨガを思い出しました。シンガポールのスタジオで受けているヨガよりも、先生物静かで瞑想も長く、スピリチュアルな感じがしました。
a0328548_17230928.jpg
a0328548_22170684.jpg
a0328548_13302038.jpg
ヨガの後は海を見ながらのバイキングブレックファースト。フルーツがびっくりするほど美味しかった。洋食のほか、ナシゴレンなどインドネシア料理も楽しめるのが嬉しい。

この後ビーチをKutaの街方面に歩いて行ってみたけれど、とにかく波打ち際のゴミがひどくてびっくりしました。ビニール袋や瓶、食べ物などなど。ホテルの前のプライベートビーチでさえゴミだらけで、少しがっかり。
子どもを遊ばせるのには全然適していないビーチですね…。あと、ビーチでも街中でも目立ったのが野良犬の多さ。犬をずっと飼っていた私でも、「噛まれたら狂犬病になるかも」と思うとちょっと怖かったです。

繁華街はバイクも多いし、やっぱりホテル内を楽しむか、ウルワツやウブドなど自然が多いところでバリを満喫するのが一番ですね。

a0328548_13365329.jpg
a0328548_13362664.jpg
サテーとグリーンスムージーで軽いランチ。

スミニャックの街は、可愛いお店やカフェがたくさんあるので、ブラブラするのには楽しかったです。シンガポールでも人気のカフェ(Toby's Estate)などもあり。
a0328548_13371273.jpg
午後はホテルのスパとインフィニティプールを満喫。バリはマッサージが安いということで、スミニャック市街のスパにも行ってみたのですが、泊まったホテル(The Legian Bali)のスパは有名らしく、技術・清潔感ともに最高でした。
a0328548_13401614.jpg
a0328548_13421737.jpg

長くなったので次の投稿に回します。

[PR]
by sakilog-sg | 2015-02-01 17:20 | 海外旅行 | Comments(0)