サミログinシンガポール ーシンガポールLife備忘録ー sakilogsg.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

東京でのworking woman生活から一転、2014年11月からシンガポールで始まったゆるやかな日々を綴っていきます.


by Sammy
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2014年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧



不動産エージェントのアンソニーとマリナベイエリアからドライブすること10分ほどで、リバーバレーに到着しました。
今日は金曜日でコンドミニアムは見れないとのことなので、サービスアパートメントを下見です。
サービスアーパートメントとは、ホテルのような部屋にキッチンがついたユニットのことで、ハワイなどにあるヒルトンやマリオットなどのタイムシェアの部屋に作りが似ています。
サービスアパートメントの良いところは:
ー毎日クリーニングが入るので、部屋が常に清潔(お皿も洗ってくれます)
ー毎朝ラウンジやプールサイドで無料の朝食が用意される
ークリーニングを部屋から出して部屋に届けてくれる
ー宅配を受け取ったり、電球を取り換えたり、エアコンを直してくれたり、サービスが行き届いている
ータクシーを呼んでくれたり、傘を貸してくれたり、ホテル並みのサービスがある
ーフロントが24時間常駐しているので安心

なので、単身の駐在員の方などには打って付けだと思います。

私的には、夫婦二人だしそんなにサービスも必要ないし、ホテル暮らしみたいで落ち着かなさそうなので、コンドミニアムがいい、とアンソニーにメールで伝えていたのですが、
「掃除もしてくれるし、絶対楽ですから!」
とアンソニーが強く勧めてくるので、とりあえず下見することにしました。

リバーバレー以外にも、ロバートソンキーや、オーチャードから少し離れたシャングリラホテルの隣りにあるサービスアパートも見せてもらいましたが、どれも同じ理由(古い、廊下が外、家具のセンスがイマイチ、バスタブがない)で却下し、
「やっぱりサービスアパートはないかな」
と思っていたところ、最後に見た物件が、他のとは比にならないぐらい素敵でした。

外観はレンガの壁で落ち着いた感じ、ロビーもアールデコ風なハイセンスな感じで、デザイナー家具がラグジュアリーな感じ。そして、かかってある絵も私が大好きなNYのセントラルパークの白黒写真。偶然にも夫との初旅行の場所でもあります。
お部屋の中も、広くはないものの、家具もシンプルだし、なにより窓から見る景色は眼下に緑が広がっていて素敵。

スタッフも親切でプールも綺麗だし、いいかもしれない!ととりあえずサービスアパートの中では唯一の候補に。そこで今日の内見は終了となりました。

a0328548_12562579.jpg

[PR]
by sakilog-sg | 2014-07-10 01:06 | シンガポール生活初期 | Comments(0)

はじめまして


はじめまして。
2014年11月に東京からシンガポールに引っ越してきました。
今は夫と二人、オーチャードという地区に住んでいます。

「東京24区」という異名を持つほど日本のものが溢れていて日本人もたくさん住んでいるシンガポールですが、やはりここは外国。毎日慣れない湿気とシングリッシュと戦いながらも、色々な発見に満ちた新鮮な日々を送っています。

夫のシンガポール転勤が決まった時には、楽しい東京OL生活を離れたくない!という思いでいっぱいでしたが、シンガポールに暮らす機会に恵まれたことに感謝し、充実した数年にしたいと思います。

というわけで、自分のための備忘録と、また、私自身引っ越す前にたくさんの人のブログに助けられたので、これからシンガポールに来る方たちのお役に立てるようなブログになれば幸いです。
個人的にはインテリアとグルメが好きなので、情報がそちらに偏るかもしれませんが、どうかおつきあいくださいませ072.gif
a0328548_19160735.jpg


[PR]
by sakilog-sg | 2014-07-01 19:10 | シンガポールについて | Comments(2)