サミログinシンガポール ーシンガポールLife備忘録ー sakilogsg.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

東京でのworking woman生活から一転、2014年11月からシンガポールで始まったゆるやかな日々を綴っていきます.


by Sammy
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:海外旅行( 51 )



a0328548_20271260.jpg
3日目は朝8時から水上飛行機でホワイトヘブンビーチへ。
昨晩の大雨もあがり、青空が見えていてホッ。

a0328548_20271225.jpg
空港に着いた頃には少し雲が増えていたけれど、予定どおり決行!
a0328548_20271356.jpg
私たちを入れて4名のプライベート感があるツアーで出発。
a0328548_20271389.jpg
パイロットはフレンドリーな青年でしたが、ハミルトン島の滑走路は短くて技術を要するとどこかに書いてあったので、きっと上手なのかと!
a0328548_20271355.jpg
上空から見える島の姿。やっぱり海が透き通っていて綺麗。サンゴ礁もたくさん見えました。

a0328548_20271464.jpg
ホワイトヘブンビーチに近づくと海と白浜がブレンドされたような不思議な景色が!

a0328548_20271449.jpg
見えてきました…!海に降り立つ時は少し弾んでスリルがあります。
ピクニック用のブランケットとクーラーボックスに入ったシャンパン&グラスを渡されて
a0328548_20271547.jpg
まるでハネムーンのようなセッティングで2時間ほどまったり。

a0328548_20271522.jpg
もうひと組のカップルはずっと泳いでいました。
私たちは入ったりビーチで本を読んだり、音楽を聴いたり。
朝だったのと、少し曇っていたので、パラソルがなくても快適!
海風を胸いっぱいに吸いこんで、フカフカのシリカ砂の上に寝転んでいるだけで、かなりリフレッシュできました。
a0328548_20271549.jpg
また小型機に乗って、ものの20分ほどで到着。
フェリーだともう少し安いけれど、1時間ちょっとかかるので、やっぱり飛行機は快適。
上からの景色を見たい&船酔いが心配な人にはオススメです。
他にもヘリコプターのツアーもあり、これらはすべてビジターセンターで予約が可能です。

a0328548_20324034.jpg
島に戻ったらコアラが見られる「Wild Life」へ。

a0328548_20324126.jpg
朝8時〜10時はビュッフェが用意されていてコアラを見ながら朝食を食べることができます。
a0328548_20324066.jpg
園全体にヨガで流れるようなスピリチャルな音楽が流れていて、コアラは眠そうに葉っぱを食べていて、何ともまったりとした雰囲気です012.gif
ただし、抱っこできる時間は1日の内2回あり、決まっているのですが、コアラの体調などで抱っこできない場合もあるので、初日にこちらを訪ねて確認しておくのが良いかと思います。
私はタイミングが悪く抱っこできませんでした・・・
a0328548_20324168.jpg
島内をドライブしたり、マリーナをブラブラしたり。
a0328548_20324152.jpg
夜は島内で唯一のスパ施設「Spa Wumudaylin(ウーメデリン)」へ。

a0328548_20324249.jpg
クオリアのスパが利用できずがっかりしていましたが、ここのスパが思いの外レベルが高く、大満足でした。
サービスがきめ細かくてマッサージも上手でした。
予約がとても混み合うので、こちらも島に到着したらすぐに予約する方が良さそうです。
ギフトショップも素敵でした。

a0328548_14525001.jpg
4日目は午後の便でシドニーへ発つことになっていたので、マリーナで最後の朝食を。
Marina Cafeは朝6時半からオープンの朝食に人気のお店です。

a0328548_14525022.jpg
パンケーキやスムージー、スモークサーモンベーグルなどどれもヘルシーで美味しい。
海側のテラス席に座ると、カモメの襲撃にあって大変なので、お店の前の席で食べる方がいいです。
カモメの他に、ハミルトン島で多く見られるのがコカトゥーという鳥。バルコニーに遊びに来たりします。

テイラー・スウィフトがハミルトン島でバースデーパーティーを開いた時のインスタグラムにも登場していました。
a0328548_16000455.jpg
(From Instagram @taylorswift)
a0328548_14525111.jpg
楽しかった3日間もあっという間に終了。

a0328548_14525155.jpg
JetStarに乗ってシドニーへ戻ります。

a0328548_14525203.jpg


最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2016-05-26 16:04 | 海外旅行 | Comments(0)

a0328548_17010682.jpg
晴天であることを祈りながら寝たけれど、朝起きたら土砂降りの雨。
もしかしたらキャンセルになってるかもしれない、と思いつつ一応用意をしてマリーナへ向かうと、
ボートにゴルフウェアの女性グループとカップル数組がすでに乗っていました。

ってことはあるのかしら・・・と半信半疑で出発を待っていると、
「ゴルフ日和ではないけれど楽しみましょう」とスタッフの人。
どうやらがっかりしているのは私たちだけで、他のゴルファーたちはいたって陽気。
まぁしょうがない、楽しみましょう!というポジティブな雰囲気で出発しました。
a0328548_17010698.jpg
ものの5分で隣のデント島に到着。
小さな島のすべてがゴルフ場になっているゴルフアイランド。
ボートを降りると、傘を渡されてクラブハウスまで歩きます。

クラブハウスでコーヒーを飲みながら待つこと30分。
雨が小降りになったとたんに、以下にも常連らしいゴルファーたちがさっさとラウンドをスタート。
でもまだ降ってるしなぁ〜と外を眺めていると、みるみる内に晴れてきて青空が!
a0328548_12300315.jpg
ちなみにこの日は、風が強すぎてホワイトサンドビーチへのプロペラ機はキャンセルになったそう。
ゴルフを先にしてラッキーでした。

a0328548_12300456.jpg
エメラルドグリーンの海を眺めながらのティーショット。

a0328548_17010603.jpg

a0328548_12300631.jpg
爽やかなファーストハーフが終わったところでランチブレーク。
a0328548_12300716.jpg
ここのラウンジのレストランは割と高級感があり、正装でランチパーティーをしている人たちもチラホラ。
ゴルフウェアで少し恥ずかしかったけれど仕方ない・・・

a0328548_12300859.jpg
一見ボリューミーだけれどサックリと揚がったフィッシュアンドチップとこんがり焼けたバーガーは、空腹に絶品でした。

a0328548_12300893.jpg
午後になると少し雲が多くなってきました。
コース自体はそこまで難しくなく、メリハリがあって楽しんで回れる設計になっていました。
フィーもプライベートアイランドの絶景ゴルフ場にしては一万円代でお手頃。
レンタルしたクラブもいい感じで、全体的に大満足でした016.gif
a0328548_12300861.jpg
帰りのボートへ。
a0328548_12300995.jpg
ポツリポツリと来たので、スーパーで食材を買って夜は自炊をすることに。
a0328548_17213824.jpg
a0328548_17213906.jpg
グルテンフリーはシドニーに着いた途端にやめてしまいましたが、せっかくパスタが売っていたので買ってみました。

a0328548_17213914.jpg
外は大雨。ビジターセンターにあるレンタル屋さんで借りたDVDを見ながら次の日の晴れを祈ります。
島の天気は読めなさすぎて怖い…042.gif



最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2016-05-18 17:34 | 海外旅行 | Comments(3)

a0328548_19505923.jpg
3月のオーストラリア旅行の続きです。

シドニーで最初の3日間を過ごした後、旅の後半はハミルトン島へ。

ハートリーフが有名な、グレートバリアリーフの中に浮かぶ島。
ハネムーンで訪れる人も多いようです。

地下鉄で10分ほどで空港へ。
本当にアクセスが良くて便利!
お昼のフライトだったので、空港で軽くブランチを。

a0328548_19505934.jpg
シンガポールではロバートソンキーにあるToby’s Estateがあったのでコーヒーと、可愛いパイのお店があったのでミートパイを買ってみました。
Pie Faceというお店で、最近日本にも進出したのだとか。
後日、サマセットの地下でも見かけました。

a0328548_19510038.jpg
オーストラリアへヘルシー志向で、空港にもヨーグルトやグラノーラが豊富においてあるお店があるのが嬉しい。バランス良いブランチに満足し、いざ出発〜!
a0328548_19510042.jpg
2時間ちょっとの空の旅。
この日まで、ハミルトン島にはサイクロンが上陸していて、連日大雨のニュースをテレビで見ていたので、天気に関してはかなり期待度低めでしたが、ふと眼下を見ると晴れている!
透き通る海に島やサンゴ礁が…

a0328548_19510170.jpg
そして、虹が見えた!とはしゃいだ途端に雲が厚くなり、ハミルトン島に着陸した時には小雨が降っていました。
a0328548_19510110.jpg
うーん、残念と思うも、大雨じゃなかったことにホッとし、迎えのバンに乗って宿泊先へ。
青空が見えたと思ったらまた曇ったり不安定な天気でした。
a0328548_19510229.jpg
ハミルトン島で一番人気のホテルは「クオリア」というリゾートホテルで、日本人や欧米人のほとんどがそちらに泊まるようだけれど、リーズナブルな部屋でも一泊10〜15万円…
完璧なおこもりステイならまだしも、ゴルフや水上飛行などアクティブに過ごす予定だった私たちは、一泊2万円程の一軒家を借りることにしました。

a0328548_19510257.jpg
ハミルトン島にはサービスアパートという名の一軒家が点在していて、チョイスは数あれど、さすが人気の島だけあり、1月末時点ではすでに予約がいっぱいのところもチラホラ。

予約した「Anchorage」はマリーナを望む高台にあり、ゴルフカート付きで、結果大満足でした。

a0328548_19510272.jpg
家も二人では広すぎるくらいゆったりした造り。

a0328548_19510380.jpg
サービスアパートとはいえ、ベッドメイキングもタオルの取り替えもなしなので、タオルは自分たちで洗濯機で洗う必要がありますが、大型洗濯機&乾燥機で楽ちんでした。
a0328548_00590162.jpg
a0328548_00590159.jpg
欧米人用の家具は大きい!
a0328548_00590287.jpg
荷物置きとしてしか使わなかったけれどセカンドベッドルームは子ども部屋にぴったり。

大きなジャグジーもありました。。
部屋で少し落ち着いた後は、島散策と早めのディナーへ。

a0328548_00590228.jpg
ゴルフカートで5分の距離にあるマリーナというエリアが一番の繁華街。
マリーンアクティビティのレンタルもここ、ほかの島行きの船の発着もここからです。
いくつかのレストランと、小さなスーパー、フローリストやギフトショップ、ビーチウェアを扱うお店が軒を連ねています。
a0328548_22372607.jpg
雰囲気が良さそうだったので入ってみました。
a0328548_22372620.jpg
ヨットハーバーを望むゆったりとしたカフェ。
a0328548_22372795.jpg
a0328548_22372745.jpg
ギリシャ風サラダやイカのフライ、ピタパンにケバブなど。
爽やかな海風とワインに合います。
a0328548_22372754.jpg
この地図で「12」がマリーナのエリア、右端のビーチがあるあたりがクオリアの敷地。
レストランやスパだけ利用しようと思いましたが、宿泊者でなければ敷地の中にも入れない完全なプライベートリゾートで、立ち入ることができず。
私たちの宿泊先があるのが「7」のエリア。
他ホテルは左端のエリアに固まっており、ビジターセンターもここにあります。

翌日の予報は雨。翌々日も雨。
ビジターセンターで色々パンフレットを見せてもらい、「ハートリーフは見なくても良いけれど、ホワイトサンドビーチを見てシュノーケリングをしたい」という結論に至るも、そんなツアーはすべて満席。
そりゃ前日には埋まってるよね……でも、天気が読めず、前々から予約することに躊躇したのだから仕方がない。
結局、翌々日の4人乗りのプロペラ機でホワイトサンドビーチを見て、ビーチにステイして帰って来る、というツアーが2席奇跡的に空いていることが分かったので、予約していたゴルフを翌日に動かすことに。

天気によってはキャンセルされてしまう飛行機でドキドキでしたが、はるばるハミルトン島まで来てグレートバリアリーフを見ずに帰ることはできない!とてるてる坊主でも作りたい気持ちで家に帰ったのでした。

2日目に続きます。


最後まで読んでいただきありがとうございました!058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2016-05-10 14:05 | 海外旅行 | Comments(0)

a0328548_16261756.jpg

3日目はワイナリーへ行く予定にしていたけれど、ツアーに入るのか自分たちで行くのかギリギリまで決められず、レンタカーを予約したのが前日の夜。
Red dotという会社で保険入れて100ドルぐらいで予約できました。

ナパでは自分たちで、パースではツアーに参加したけれど、早朝〜夕方まで時間を取られるのと、違うと思ったワイナリーにもいなくちゃいけないのと、ランチ場所が選べない、などを考え、ドライブも兼ねて自分たちで行くことにしました。
a0328548_16122519.jpg

旅行先のレストランはいつも私がリサーチしているので、3日目の朝食場所は夫に調べて決めてもらうことに。
a0328548_16231750.jpg
Edition Coffee」というカフェで、サリーヒルズの住宅街の一角にありました。
a0328548_16231796.jpg
客層はオシャレでヒップな感じ。休日のようなゆったり感ですが火曜日の朝です。
a0328548_16261648.jpg

a0328548_16282159.jpg
比較的新しいこのお店は、北欧x日本xオーストラリアという面白いコンセプト。
素材はオージー、メニューは北欧x日本って感じです。
店内は北欧家具で落ち着いた雰囲気です。
ミューズリーも、レンコンドッグも美味しくて、丁度いい軽さでした。
お店を出るときに、オージーの店員さんが「ジャーネー!」って笑顔で手を振ってくれました。
日本に住んでいたことがあって日本語がペラペラなんだとか005.gif

朝食後、Museum駅近くのレンタカーで車を借りたら、ナビに最初のワイナリーを入れてGo!
a0328548_16122574.jpg
この日もいい天気でした058.gif
a0328548_16122554.jpg
とても運転しやすいハイウェイ。
a0328548_16122572.jpg
2時間ほど進むとのどかな風景が。
a0328548_16122573.jpg
シドニーから車で2時間ちょい北上し、ハンターバレーに到着しました024.gif
まずはインフォメーションセンターでパンフレットを集めてから、
a0328548_16244992.jpg
最初のワイナリーTyrrell'sへ。
昨年ビンタン島にも一緒に行った元同僚&親友Eちゃんからのリコメンで。
彼女は、青山のアカデミードゥバンに通い、シドニーに弾丸出張中に一人でハンターバレーを訪れたワイン通027.gif
このワイナリーは、4代家族経営を続けてきた老舗でオーストラリアで初めてシャルドネの商品化に成功したのだとか。
a0328548_16261756.jpg
アットホームな雰囲気で、テースティングルームもとても小さく質素。
若い女性とおじいさんの二人が気さくに色々なワインを注いでくれます。
セミニョンを購入。

その後、2件ほど回り、ランチ場所へ。
ハンターバレーはナパと違って、ワイナリー同士がとても近いので、周りやすい!
a0328548_16244991.jpg
夜もオージー料理の予定だったので、お昼は「Cafe Enzo」でイタリアンにしました。
a0328548_16261720.jpg
キンキンに冷えたプロセッコが爽快!
a0328548_16261780.jpg
サラダとパスタ。
こんなにこじんまりした田舎のレストランでどうやったらこんなに本格的なイタリアンが作れるの?というぐらい、凝った味で美味しかったです011.gif
a0328548_16261735.jpg
ランチが終わった時点で2時半ぐらい。
レンタカーは6時リターンが厳守だったので、駆け足であと2軒回ることに。
McGuiganはハンターバレーでもメジャーな大型ワイナリー。
テイスティングも賑やかに混んでいたけれど、サービスがとてもスムーズで、アドバイスも的確。Shirazを買い、先日バーベキューに持って行きましたが、美味しいと好評でした016.gif
a0328548_16244813.jpg
最後はDe Bortoliという、これまたEちゃんオススメの一軒へ。
種類が豊富で、美味しいと思った白が7ドルという驚愕のお値段!
翌日からのハミルトン島で飲むために2本ゲット。

シンガポールに帰ってきてから思うのですが、ワイナリーでもっとたくさん買いたかった!
でも、スーツケースに入れて持って帰るのには限度があるし、梱包して発送するのも面倒だし…
4〜5本気に入ったのが帰ればベストかなと思いました。

レンタカーもギリギリ6時に返して、ディナーへ。
NYからハネムーンで訪れている友達夫婦と会うことになっていたのですが、予約してくれたEsterは、前日と同じChippendaleにありました。
やっぱりこのエリア流行っているのかな?
a0328548_16274234.jpg
メニューには、Leek/Sesame Sauce/Bread Crumbs
とか、Roasted Cabbage/Mustard/Miso
のように、素材と基本的な調理法が書かれているだけ。

最近Telok Ayerにできたオーストラリアン「Cheek by Jowl」もそんな感じなので、オーストラリアで流行っているスタイルなのかも?
a0328548_16115567.jpg
リークや
a0328548_16115422.jpg
エビ、
a0328548_16115436.jpg
タコと生ハム、
a0328548_16115408.jpg
などのほか、 Bone Marrowも…
ほとんど男性陣が食べましたが…
お料理はどれもダイナミックで、素材をそのまま生かしていて、美味しかった!
前の日のKensington Street Socialのは二人で分けるのにちょうど良い量なのに対し、
こちらはボリューミーなので、4人で行って良かった011.gif
a0328548_18103851.jpg


次の日からはいよいよハミルトン島へ…!


最後まで読んでいただきありがとうございました!よろしければワンクリックお願いします058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2016-03-21 16:31 | 海外旅行 | Comments(0)


a0328548_16170966.jpg
シドニー2日目は、Bondi BeachのBillsでブランチと決めていたので、朝早くにホテルを出発。
Museum駅近くのバス停に行くまでに口ひげが可愛いカフェを発見したので、コーヒーをテイクアウトしました。
a0328548_16165018.jpg
a0328548_16165058.jpg
アーモンドミルクが置いてあるのが嬉しい016.gif
a0328548_16173659.jpg
オーストラリアのバスはシンガポールのバスととても似ています。
降りる際の黄色いボタンまで一緒でした。
30分ほどで目に飛び込んできたのはブルーグリーンの海!
a0328548_16171010.jpg
Billsは浜辺にあるのかと思ったら少し坂を登ったアパートメントホテルの1階にありました。
日曜なので混んでいたけれど、まだ10時台だったからか10分ほどで座れました。
この後11時頃から長蛇の列ができていたので、早めに行くのが良さそうです。
a0328548_16170906.jpg
定番のリコッタパンケーキと、スモークサーモン&ポーチドエッグをオーダー。
私はわからなかったけれど、夫は「原宿のとフワフワ感が全然ちがう!」と言っていました。
確かに美味しかったけれど、ビーチのそばというロケーションとお店の雰囲気が良かったのが大きいかな。
a0328548_16170936.jpg
Billsがある通りには、サーフショップや雑貨屋さんなどオシャレなショップが点在していました。ショッピングは予定に入っていなかったけれど、BillabongやBANKSのTシャツやGlasshouseやEcoyaのキャンドルなどオーストラリアブランドをGet。

弧を描くビーチはこじんまりとしてちょうどいい大きさ。波が高く、サーフィンを楽しんでいる人たちもたくさんいました。Malibuのようなリラックスした雰囲気058.gif
a0328548_16170966.jpg
水は冷たかったけれど、しばし泳いでリラックス。
a0328548_16170991.jpg
ビーチ全体を見渡せるBoard Walk。
a0328548_16165065.jpg
近隣のビーチをつなぐかなり長いwalkですが、
a0328548_16165042.jpg
波に削られた岩など自然の美しさを堪能できます。
a0328548_16173622.jpg
Walkを途中で切り上げ、住宅地からバスに乗り、Bondi Junctionへ。
a0328548_16173613.jpg
というのも行きに車窓から見えたというインテリアショップに立ち寄りたく!

a0328548_16504574.jpg
West Elm」はアメリカのインテリアショップで、Crate&Barrellよりもオシャレ感があり、
価格がリーズナブルなので、20代後半〜40代に人気のお店です。
LAに住んでいた時にサンタモニカのお店に行って以来9年ぶり!
シドニーには3年前にオープンした様子。
a0328548_16173628.jpg
a0328548_16504646.jpg
家具やライティングも素敵なので何も買えないのが残念だけれど、エスプレッソカップやテーブルランナーなどを購入063.gifシンガポールや東京にもいつかこないかな〜…023.gif

ホテルに戻り、シャワーを浴びてひと段落していると、初日、2日目と動き回ったからかドッと疲れが…ディナーの予約を遅らせて、タイマッサージに行くことに。

a0328548_17135680.jpg
サリーヒルズからCentralの駅を東の方に抜けて行くとチャイナタウンにたどり着く手前にちいさなタイタウンがあり、マッサージ屋さんと飲食店がところ狭しと並んでいます。
雑居ビルの中だったけれど、60分45ドルで本格的なタイマッサージが受けられました。

スッキリしたところで、タクシーで南下して、Chippendaleというエリアへ。
a0328548_16270467.jpg
Old Clare Hotelがある一角は、石畳でちょっといい雰囲気ですが、周りはあまり治安が良いとは言えない感じです。でも、このあたりにレストランが出来始めていて、今注目されているのだとか。
a0328548_16270415.jpg
予約していたのは、Old Clare Hotelの1階にある、Kensington Street Socialというレストラン。
シドニーのレストラン情報を収集するのに利用したWallpaper誌のサイトでも評価が高く、期待大でしたが、期待を上回る美味しさでした!
プレゼンテーションもユニークだし、素材の美味しさを最大限に引き出したお料理の数々に感激し、ウェイトレスの「5皿ぐらいがちょうどいいよ」というアドバイスを裏切り7皿も頼んでしまいました。
a0328548_16270479.jpg
a0328548_16270408.jpg
a0328548_16270413.jpg
などなど。
ワインリストも豊富で楽しいディナーでした016.gif
3日目のワイナリーへと続きます024.gif


最後まで読んでいただきありがとうございました!よろしければワンクリックお願いします058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2016-03-16 17:27 | 海外旅行 | Comments(6)

a0328548_15455071.jpg
チャンギを夜中の1時に出発し、翌朝11時半にシドニーに到着。
3時間の時差があるので、飛行時間は7時間半ほどです。
しばらく洋食になることを予測し、出発前はフードコートでバクテーとフィッシュボールヌードルを。お夜食にはピッタリの軽さでした。

シドニー空港からは電車がとにかく便利です。
Opal CardというEZ LinkのようなCardを購入し、40ドルチャージ。
電車に乗っている時間は10分と短くても、宿泊先があるCentral駅までは17ドルほどかかりました。

今回の旅の最初の3泊は、ホテルではなく「Zara Tower」というアパートメントに泊まることに。
1泊300ドルぐらいのお値段の一番小さなお部屋でも100平米ぐらいありかなり広々!

a0328548_15455031.jpg
家具もモダンな感じで落ち着きます。

a0328548_15455170.jpg

a0328548_15455148.jpg
ダイニングテーブルやキッチンも大きめの作り。
a0328548_15455284.jpg
料理器具も充実していました。

a0328548_15455264.jpg
インテリアもポップでオシャレな雰囲気。

a0328548_15455209.jpg
ベッドはカーテンで区切られていて、マットレスもお布団もフカフカ016.gif

a0328548_15455303.jpg
Central駅前の「Metro」というスーパーで買ったライスクラッカーとハマスのセット。4ドルぐらいで、おやつにぴったり。美味しくて滞在中何回か買いました。

a0328548_15455317.jpg
ホテルから歩いて5分のところにあるMuseum駅からサブウェイにのり、5分ほどで到着したのが、

a0328548_15455460.jpg
サーキュラーキー駅。
メジャーなホテルが立ち並び、オペラハウスへも徒歩数分。
a0328548_15570849.jpg
真っ青な空!日差しは強いけれど、秋を感じる冷たい風も時折感じられて、気持ちがいい気候です016.gif

a0328548_16054200.jpg
オペラハウスとは反対側に進み、The Rocksのマーケットへ。
毎週、土日の10時〜5時に開催されています。

a0328548_15570896.jpg
お洋服や雑貨を扱うテントがずらり。
どれもオージーデザインで可愛かったけれど、ちょっと高めのお値段。
a0328548_15570961.jpg
1788年にイギリスから送られてきた700人の囚人と兵士、その家族たちがたどり着き、シドニー発祥の地と言われているThe Rocksエリア。
入植時代を彷彿とさせる石畳やレトロな雰囲気が素敵です。
a0328548_15570900.jpg
小腹が空いたので、賑わっているカフェに入ってみると、ジャーマンソーセージ&ビールのお店でした068.gif
a0328548_16054288.jpg
偶然にもお店のブルー&ホワイトと着ているものがマッチw
ちなみにこのパーカーはユニクロで39ドルとかだったと思いますが、UVカット機能があり、通気性もあって、旅行中大活躍でした。
a0328548_15570909.jpg
ぶらぶらと歩いていると見えてきたオペラハウス。
この時は、ふーん、結構黄色いね、ぐらいにしか思わなかったのですが、後日、再度夕方のライトアップと、朝のツアーに参加し、建築の素晴らしさにすっかり虜になりました。
また別記事で詳しく書きます027.gif
a0328548_15571041.jpg
ガイドブックに載っていたPancake on the Rocksにて。
この瞬間に私たちのグルテンフリー生活は幕を閉じましたw
うーん、雰囲気もファミレスみたいだし、パンケーキも普通だったから、超オススメというわけではないかな…?

a0328548_16054269.jpg
Circular Quayに戻り、Opal Cardでバスに乗ってサリーヒルズに戻ろうとするも、一向に停車する様子がなく、ようやく降りれたのが、ホテルとはかなり離れた場所…
なんと年に一度のマルディグラのお祭りで、LGBTパレードが始まる直前でした!
a0328548_16054362.jpg
NYのゲイパレードみたいに、マッチョなイケメンゲイや、ドラッグクイーンがトラックの上に立って踊りながら通り過ぎていくの期待していたら、走ってくるのは、バイクばっかり!
騒音とガスのにおいがすごくて、一瞬見ただけで「あ、帰ろ!」となるも、警官のバリケードがすごくて動けず…
結局パレードが終わるのを待ち、ようやく歩き始めることができました。

ヘトヘトで少しお腹も空いた…ということで、ホテル近くのレストランNomadへ。
a0328548_15560743.jpg
(Borrowed from goodfood.com.au)

オープンしたばかりで注目されているお店で、予約なしでは無理かも…と思ったけれど、運良く入ることができて、ワインとアパタイザーで軽めのディナーにしました。
a0328548_15462766.jpg

a0328548_15462895.jpg

a0328548_15462847.jpg
どれも新鮮でクリエイティブで美味しかった!

ホテルに戻ると3時間の時差ボケが効いてきて、夜10時には夢の中へ…
2日目に続きます024.gif
最後まで読んでいただきありがとうございました!よろしければワンクリックお願いします058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2016-03-15 16:05 | 海外旅行 | Comments(0)

a0328548_10541156.jpg
3日目のお昼は弘大(ホンデ)にあるうなぎのお店でランチ。

家族経営でこじんまりとアットホームな雰囲気。
オーナーの息子さんらしき店員さんが目の前でうなぎを焼いてくれます。
a0328548_10541167.jpg
ふっくら肉厚なうなぎをニンニクと一緒にサンチュとエゴマの葉にくるみ、コチュジャンをつけて食べるスタミナ料理。一見しつこそうですが、キムチを入れたりシソのお漬物を入れたり色々な組み合わせが楽しめるので飽きずに完食しました。
a0328548_10330861.jpg
ランチ後は弘大に隣接する今流行りのエリア「延南洞(ヨンナムドン)」を散策。
まだまだ開発途中な感じですが、ローカル感溢れる住宅地にカフェや雑貨屋さん、ギャラリーが点在しています。
大学が近くにあるので、留学生も多く住んでいるとか。多国籍で若い雰囲気が下北沢とか裏原宿みたいな雰囲気です。
a0328548_10330892.jpg
マカロンとカフェオレ❤︎ 韓国はスイーツが美味しい!
今日はスタートが遅かったので一気に日が暮れてしまいました。

a0328548_11470753.jpg

暗闇に浮かび上がるギャラリーや、裏道にアートワークが飾ってあったり、オシャレな雰囲気。
a0328548_11470757.jpg
こんなに可愛いワンちゃんが店番をしていました016.gif
a0328548_10330970.jpg
弘大の方に行くと駅前はこんなに賑わっていました!
この日はクリスマスイブ。日本と同じように韓国でもクリスマス当日よりイブが盛り上がるようです。同じようなお洋服屋さんが立ち並んでいますが、前の晩に東大門のホールセールで見たニットが3倍の値段で売られていて、買えなかったのがますます悔しい!


a0328548_10330901.jpg
カフェでサクっとディナーをして、一旦Brianと別れてホテルに戻り、ドレスアップしたらItaewonのバーへ。Brianの友達たちと合流して皆んなでゲイクラブへ。
a0328548_10330933.jpg
K-Popで踊り、ドラッグクイーンのショーも見応えたっぷりで、ホテルに戻ったのは夜中の3時でした・・。疲れたけれど楽しかった!
a0328548_10330983.jpg
4日目の朝はホテル併設のインテリアショップでお土産を買い、日本から一緒に来たお友達とはブランチを食べてお別れ。
a0328548_10331055.jpg
タクシーで川を越えBrianのマンションへ。
a0328548_10541427.jpg
a0328548_10331088.jpg
二日酔いに辛ラーメンが染み渡る〜♪日本では見かけない辛ラーメンブラックにチーズを溶かして食べたら超美味でした。

a0328548_10541220.jpg
Brianのお友達が住んでいる向かいのマンションへ遊びに行くと前の晩にあった友達たちが集まっていました。ディナーの時間までリアリティ番組を見てまったり。
逐一英語に訳してくれてみんな本当に親切。
ロサンゼルスからソウルにBrianが引っ越してから4年。こんなにいい仲間たちに囲まれて楽しく暮らしていて嬉しいなぁ。
a0328548_10541258.jpg
窓の外から見えるソウルタワーの色は空気の透明度を表しているのだとか。
前の晩はPM2.5がひどかったようだけれど、この日はスッキリと澄んだ空気。

バスで明洞に移動し、ディナーへ。
留学先のロサンゼルスから戻ってきていたエレインちゃんと5年ぶりに再会!
a0328548_10541237.jpg
郷土料理の鳥料理で肉じゃがみたいな味で美味しかった〜
大皿をみんなで分けて、他にもスープやら色々食べて一人1000円ちょっと。
ソウルは食べ物が本当にリーズナブル。
a0328548_10541362.jpg
歩いて明洞教会に行ってミサを見学し、カフェでお茶をしていたら雪が降ってきました。
2年ぶりに見る雪!寒さを忘れて大はしゃぎ。ソウルでホワイトクリスマスを過ごすことになるとは〜!シンガポールにいる夫に雪の写真をLINEしたら羨ましがっていました(笑)
a0328548_10541339.jpg
次の朝、7時半に仕事に行ってしまったBrianを見送り、お昼頃バスで金浦へ。


a0328548_11470803.jpg


楽しかったソウル旅行も終わり…

a0328548_10541444.jpg
ただいま東京…!


最後まで読んでいただきありがとうございました!よろしければワンクリックお願いします058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2016-01-27 11:52 | 海外旅行 | Comments(0)

ソウル2日目の朝はホテル併設のカフェで朝食。
a0328548_11085250.jpg

a0328548_11085269.jpg


a0328548_10571937.jpg
焼きたてのパンや熱々のスープ、サラダや卵料理の他、おかゆやキムチ、韓国惣菜などバリエーションも豊富!

自然光がたっぷり差し込む空間で温かいスープが染み渡る〜

a0328548_10571938.jpg
部屋に戻り用意をして、ロビーへ。
シンガポールからネットで予約した「SPA ASUCA」のお迎えがちゃんと時間通りに来ていました!
日本語堪能な女性店長が運転するバンに乗り、20分ほどで東大門の店舗へ。
私たちが選んだコースはよもぎ蒸し+マッサージ+種パックの100分コースが74000ウォン(約7400円)。よもぎの種類も、ダイエット、美肌、不妊系、などが選べます。

a0328548_10022740.jpg
a0328548_10023506.jpg
広い室内で、じんわり温まりながら大画面でK-Popビデオを鑑賞。
漢方っぽいお水を飲みながら40分ほどスッキリと発汗!

その後エステルームに行き、おばちゃんたちがしっかりと体全体を揉みほぐしてくれて仕上げは種パック。
a0328548_10023873.jpg
こちらの種を水に溶かしてトロッとしたものを顔に塗るのですが、デトックス、老化防止、美白、保湿など様々効果があるとのこと。確かにこのパックのお陰か、空気が乾燥しているにも関わらず、ソウル旅行中と日本に帰ってからもしばらくは入浴後化粧水がいらないくらいしっとりしていました!

ランチの時間があるからと言えば、時間に間に合わせるようにテキパキと動いてくれたり、ランチ場所まで連れて行ってくれたり店長さんがとにかく親切。日本に住んだことがないなんて信じられないくらいペラペラなので、いろいろな要望も聞いてくれるのが安心。そして、店内を駆け回るペットのワンちゃんに癒され、楽しいスパ時間となりました❤︎

a0328548_11003890.jpg
ランチで向かった先は、Brianが絶賛する冷麺のお店。偶然にもエステサロンの2軒先という近さだったので、待ち合わせがとってもスムースでラッキーでした!

平壌冷麺」という店名のとおり北朝鮮の冷麺が人気のお店。老舗感たっぷりの店構えです。
a0328548_10024286.jpg

一人ずつ冷麺と
a0328548_10572024.jpg
蒸し餃子。

a0328548_10572033.jpg
冷麺はコシのある麺と旨味たっぷりのスープが評判どおりの美味しさでしたが、
びっくりするほど美味しかったのは餃子!
豆腐が入っていてフワフワで優しい味付けで、自宅でも作ってみたいと思った味でした。
a0328548_10572030.jpg
通りの向こうにはザハ・ハディドによる巨大建築「東大門デザインプラザ(DDP)」が。
去年夏にシャネルがクルーズのショーを行ったことでも話題になった場所でオープンして2年足らずの新しい施設です。

a0328548_10572031.jpg

a0328548_10572171.jpg
とにかく広くてグネグネと面白い建築!
すごくお金がかかってそう…なのですが、実際使われているスペースが少なくて何だかもったいない〜と思ってしまいました。
オシャレなベンチではおじさんたちが寝ていたり(笑)
夜はライトアップされてとても綺麗なようです。

a0328548_14573533.jpg
(borrowed from nikkeibp)

お茶をするために地下鉄に乗り、川を越えて江南の狎鴎亭(アックジョン)エリアへ。
隣接する清潭洞(チョンナムドン)は韓流スターもショッピングに訪れる高級ショッピングエリアです。
セレクトショップ「10 Corso Como」のカフェに行きたかったけれど満席だったので向かいのレストランカフェへ。
a0328548_10572125.jpg
a0328548_10572150.jpg
「10 Corso Como」に戻り物色。
雑貨類は可愛いけれど、洋服はハイブランドがほとんどでやっぱり高い〜…ので見るだけ。

a0328548_18275420.jpg
(borrowed from official HP)

カロスギルにアウトレットがあったのですが、そちらの方がリーズナブルで見やすかったのでオススメです。

バスでホテルに一旦戻り、一休みしたら、友達が夜の東大門でショッピングしたいというので、その前にホテル近くでディナーをすることに。
夜は冷え込んで寒いのでソルロンタンが食べたくなり、新沙駅近くの「永東ソルロンタン」へ。30年続くローカル感たっぷりの老舗です。

a0328548_21125469.jpg
白い牛骨スープに岩塩やネギを入れて、カクテキと一緒に。
うーん、本場の味はやっぱり美味しかった!

地下鉄に乗って東大門へ。この時点で既に23時。
a0328548_11003821.jpg
そして、この写真、ショッピングも終盤も夜中の2時半の写真!
めちゃくちゃ賑わって活気付いていました。
a0328548_11003810.jpg
a0328548_11003945.jpg
ほとんどの人たちが自分たちのブティックの買い付けに来ているので、ホールセールが基本。一枚で売ってくれるお店は少なく、「ハナ、アンデ!(一枚はダメ!)」とお店の人の対応も冷たかった…残念ながら戦利品はタンクトップやアクセサリーのみ。
時間帯が遅すぎたのかも…業者の人たちが大量買いしている中で私たちは明らかに邪魔でした…w 開いてすぐの20時とかに行けばよかったかもしれません…

そして、帰りのタクシーも少なく結果的にかなりボッタクられてしまいました(涙)
東大門、行くなら深夜はNGです…><

最後まで読んでいただきありがとうございました!よろしければワンクリックお願いします058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2016-01-14 18:41 | 海外旅行 | Comments(0)

冬のソウルへ


a0328548_13155222.jpg
(年末年始で帰省しており、更新がすっかり滞ってしまいました。今年もよろしくお願いします016.gif

12月下旬より、4泊5日でソウルへ行ってきました。
年末まで仕事がある夫をおいて一足先に日本へ帰国011.gif
夜東京に着いて、実家で冬服をパッキングし直したら、翌日の早朝便で羽田からソウルへGo!

a0328548_13155209.jpg
近所に住む友達とガーリズトリップ。二人ともソウルは3回目です。
ソウルには大学時代の友達が住んでいるので、独身の頃は一人で遊びに行っていました。
最後に行ったのが2010年の夏なので、5年半ぶり!

a0328548_13155283.jpg
宿泊先はカロスギルというプチ表参道みたいなエリアにある「Hotel La Casa Seoul」にしました。

a0328548_13155310.jpg
Casa MioというIDEEみたいなインテリアショップに併設されているホテルだけあって、ロビーもオシャレな雰囲気。

a0328548_13155377.jpg
お部屋もゆったりしたベッドが二つに日当たりも良く、女子旅に最適!
a0328548_13155491.jpg
デスクも二つあり、旅行中も仕事をしなければならないという友達は喜んでいました。
ipodスピーカーもありました♪
a0328548_13155453.jpg
最上階のバーも素敵な雰囲気。朝食は1階のカフェで焼きたてのパンとビュッフェ形式のご飯が用意されます。
a0328548_13155582.jpg
チェックインを済ませたら早速カロスギル散策へ!
5年前とは店が大分変わっていました。
ちょっと小腹が空いたので、以前訪れたことがある「School Food」へ。
若者に人気なカフェレストランです。
a0328548_13155573.jpg
ラーメンとトッポギをオーダーしたらこの赤さ!

a0328548_13155567.jpg
チーズをトッピングしているけれど、激辛すぎて何杯も水を飲みながら休み休み無言で食べる私たち…。
最初のご飯から早速韓国料理の辛さの洗礼を受けました(笑)。

a0328548_13225649.jpg
お店を見ながらカロスギルブラブラ。
メインストリートを少し外れるとブティックやカフェが点在しています。
小さなビルの2階にギャラリーの看板があったので入ってみると
a0328548_13225683.jpg
ちょっと不思議で可愛いアート作品たちが。

a0328548_13225695.jpg
この日はオープニングカクテルが行われていました。
アーティストの方は日本在住歴10年で多摩美で先生をしているらしく日本語ペラペラでした!

一旦ホテルに戻りゆっくりしたら、地下鉄に乗って漢江を渡り、イテウォンへ078.gif
大学時代の友人・Brianと予約してくれていたオシャレな家庭料理のお店「Parc」で待ち合わせ。
a0328548_13225709.jpg
Brianはハワイ生まれの韓国系アメリカ人で、ワシントンDCの学生時代と、その後ロサンゼルスでも共に暮らしていた親友です。
8年前に私が日本に帰国するとその後彼もソウルに引っ越し、今はソウル大学で博士号取得に奮闘中。
去年シンガポールに引っ越す前は、福岡で待ち合わせて九州を旅行しました043.gif

a0328548_13225885.jpg
照明が暗いですが、ひとつひとつが定番の料理ながらとてもヘルシーで美味しかった!
a0328548_13225752.jpg
Brianとの旅行写真をSNSに載せると彼を知らない友達からは「どういう仲?」と不思議がられるのですが、彼は女性に興味はないんです^^;
このレストランがあるItaewonはちょっとオシャレなゲイタウンで、数年前までは米軍基地も近かったことから六本木みたいな雰囲気だったのですが、最近では若い世代がParcのようなオシャレレストランや、カフェ、ヨーロッパでファッションを学んだデザイナーたちがブティックをオープンするなど、洗練された雰囲気になってきています。

a0328548_13225819.jpg
こんな風に昔の銭湯を改造したカフェや

a0328548_13225936.jpg
ブルックリンにありそうな大きなロフトのカフェなど。
a0328548_13225948.jpg
一緒に来た友達とBrianもすっかり打ち解けて、楽しくGirls Talkをしながら1日目の夜は更けてゆくのでした012.gif

Tel: 02-546-0088(日本語は通じず英語のみ)
ソウル特別市 江南区 新沙洞 527-2

School Food(カロスギル店)
Tel: 02-510-5005
AM11:00 ~ PM09:30

Tel: 02-792-2022
Lunch: 11:30-15:30
Dinner: 17:30-22:00(金土は23時まで)
月休


最後まで読んでいただきありがとうございました!よろしければワンクリックお願いします058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2016-01-12 14:42 | 海外旅行 | Comments(4)

a0328548_23481804.jpg


9歳の時に家族4人でプーケットに旅行した時、スピードボートに乗って訪れたコーラル島。
サンゴ礁の近くに行くと、足元にたくさんの魚が寄ってきて怖かった私は父にしがみ付いて上から恐る恐る眺めていました。
今でもハッキリ思い出せるぐらい鮮やかな色の魚たちをまた見たい!と思い、スノーケルスポットをネットで探すも、
あがってくるのは、プーケットの南の方の島々。
宿泊先のマイカロビーチからは車で2時間+スピードボート、と少し遠く、早起きすれば行けなくもないけれど、ちょっと慌ただしいよね、ということで近場で探すことにしました。

上位にあがってきたのは「Surin Beach」。マイカロビーチから車で40分、Google画像検索では
a0328548_17233890.jpg
(from TripAdvisor UK)

こんな感じの写真がたくさん出てきたのに、実際に行ってみるとビーチにはゴミが多いし、周りも工事中だし、水も透き通っていなくてガッカリ。予定ではここでスノーケリングをして、夕日も見るつもりだったのに・・・数分滞在した後、街をブラブラすることに。
a0328548_23481859.jpg
ローカル感溢れる通りにはカフェやブティックがチラホラ。
a0328548_17294371.jpg
a0328548_23481997.jpg
SALEと書いてあるけれど、お洋服はタングリンやクルニーコートにあるものと値段が変わらずちょっとお高め。
a0328548_17295816.jpg
a0328548_23481961.jpg
何軒かハシゴして見つけたジュエリーの数々に一目惚れ016.gif

a0328548_23481900.jpg
シャンデリアピアスやターコイズのネックレスをGetしました。
いつでも買える値段のお手頃ジュエリーは、昔は会社帰りや普段の買い物で買っていたけれど、
増えるばかりでキリがないので、最近は旅先で買うことに決めています。
そのもの自体の価値に思い出がプラスされて大切にするかな、と…

雨が降ってきたのでゆっくり見れなかったけれど、Surin Beachにはインテリアショップやアートギャラリー、ファーマーズマーケットなどが充実しているようです。

夕日はマイカロビーチに帰って見ることに。
a0328548_23482038.jpg
ソファに寝転がってハッピーアワーのモヒートを飲みながら日が落ちていくのをゆったり眺める贅沢な時間。
1日目と全然違う空の色。ピーチーピンクやパープルやグレーの混ざり合った、不思議な自然の色合いがとても綺麗でした。

アイランドホッピングもスノーケリングもしなかったけど、満喫できたプーケット。
新年に行ったバリ以来のリゾート旅だったけれど、飛行機で1時間半という短さと、バリに比べて交通量が少ないのがリラックスするにはぴったりでした。

それにしても、スパやジュエリーショッピングなど女子旅みたいな旅行を一緒にエンジョイしてくれた夫に感謝(笑)
アドベンチャーは得意ではないけれど、次は、夫が行きたがっているアンコールワットにお供しようと思います!


最後まで読んでいただきありがとうございました!よろしければワンクリックお願いします058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2015-11-17 12:37 | 海外旅行 | Comments(0)