サミログinシンガポール ーシンガポールLife備忘録ー sakilogsg.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

東京でのworking woman生活から一転、2014年11月からシンガポールで始まったゆるやかな日々を綴っていきます.


by Sammy
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:海外旅行( 51 )



a0328548_12104959.jpg
(Borrowed from Trip Advisor)
自然が多いランカウイ島の中でも、私たちがステイしたDatai Bayエリアは熱帯雨林のなかにすっぽりと包まれています。
a0328548_17121296.jpg
2日目の朝になってもスーツケースはやっぱり届いていなかったけれど、気をとりなおして朝のネイチャーウォークに参加。
生物学を専門とするガイドさんについて敷地内を散策する1時間のアクティビティです。
無料ツアーで人気なので前日までにコンシェルジュデスクでの予約が必要です。

a0328548_17121309.jpg
数ある木々の中からを見つけてくれるのですが、モモンガみたいな動物や

a0328548_17121431.jpg
ランカウイでよく見られるDusky Leaf Monkey(シロマブタザル)など、珍しい動物がたくさん!
シロマブタザルは準絶滅動物に登録されていて主にマレー半島でしか見られないとのこと。赤ちゃんはオレンジ色ですごくかわいいです016.gif

a0328548_17121402.jpg
こんな風に大人も子どももぞろぞろ。マイナスイオンを浴びながら、珍しい動植物のふむふむ情報をたくさんもらって、楽しいウォークでした。

さて、プールサイドで朝食を食べ、ビーチでゆっくりしながら荷物を待ってもまだ来ない…
ホテル近くのゴルフ場でのティータイムも9時から12時、そして15時のトワイライトへと変更。
a0328548_17121860.jpg

このままじゃ何にもできないね…と、とりあえずプロショップでゴルフウェアを買い、クラブとシューズをレンタルして、メガネのままプレーしようか、とゴルフ場に向かいました。027.gif

a0328548_12105619.jpg
(Borrowed from Chakatravel.com)

アーニーエルスが設計したゴルフ場は海の間近にグリーンがあって、昨年プレーしたオーストラリア・ハミルトン島のゴルフ場を思い出しました023.gif
ここで奇跡が!プロショップで買い物をしていると、フロントデスクのスタッフがゴルフバッグと荷物を持って現れたのです!!!078.gif
どうやら、ランカウイの空港に見に行ってくれたみたいで、空港内に放置されていた様子…空港も全然電話が繋がらなかったし、ほかの荷物でてんてこ舞いだったんでしょうね。とにかくよかった!

急いでウェアに着替えてランチ。
a0328548_17121706.jpg
アジア麺もサンドイッチ(ラップ)も美味しくて気分が上がってきました。
a0328548_17121525.jpg
海に向かって伸びるフェアウェイは、両サイドに森があり狭いですが、コース自体はそこまでトリッキーでもなく(バンカーも一つもない…!)楽しめました。
a0328548_17121647.jpg
道端で井戸端会議中のお猿さんたち。さきほどのシロマブタザルは草食で穏やかなのに対し、こちらはかなりヤンチャで、じゃれあって喧嘩したり、こちらに牙をむいてきたり。猿によってかなり性質が違うんですね〜

a0328548_17121659.jpg
屋根の上にも。
最終日にネイチャーウォークの今度はサンゴ版に参加しましたが、こちらでは岩の上でカニをバリバリと食べるたくましい猿に遭遇しました。

a0328548_20200369.jpg
こう見るとやっぱりシロマブタザルが一番かわいい…
a0328548_20200389.jpg
カラフルではないけれど、ちゃんと生きているサンゴ礁。8000年の年月をかけて形成され、Datai湾を津波から守ってくれたのだとか。
手付かずの自然の姿は圧巻でした。

スーツケースが届き、次の日はメインアクティビティのジェットスキーでの島巡りへ!
次記事に続きます083.gif

最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2017-02-04 12:40 | 海外旅行 | Comments(0)

明けましておめでとうございます!
去年は極寒のソウルと雪の日本で年末年始を過ごしましたが、今年は3泊4日でマレーシアのランカウイ島へ。
ゴルフにジェットスキーとアクティブに過ごしました。

さて、初っ端からハプニングが。
早朝のシルクエアーからKLでマレーシアエアラインに乗り換えて、という旅程の中、不安が的中し、ランカウイ空港でスーツケースが出てこない…008.gif
私たちだけではなく30人ほどが同じ様な状況で小部屋の事務所前にはズラリと行列が。小一時間待ってようやく自分たちの番になり、滞在先とスーツケース、ゴルフバッグの特徴を伝えました。

さて、出てこないものは待っていても仕方がないので、滞在先の「Andaman Datai」へ。
空港から車で30分ほどの山を越えたところにあるDatai Bayに面しているリゾートです。
a0328548_18093704.jpg
ここにした理由は、近くにあるEls Clubでラウンドしたかったから!
もうひとつ「The Datai」という有名リゾートが近くにあるのですが、割高&満室で「Andaman」にしましたが、結果、正解だったと思います060.gif
a0328548_18093873.jpg

到着後、コンシェルジュに状況を説明すると、おそらく4時までには届くだろう、とのこと。その時点で1時だったので後数時間か〜雨も降ってきたし。ととりあえずランチをすることに。

朝食も用意される「The Restaurant」でのグリーンカレーとチキンバーガーがどちらも絶品でした016.gif
a0328548_18093987.jpg

ボトルキープしてくれるとのことだったので、Pouilly Fumeをボトルで。酒税がかからないランカウイだからか、70SGDとお得な価格でした069.gif

お部屋はオーシャンビューで、ソファとテーブルがついているのが気に入りました。小さなバルコニーもあり、バスタブも深くて全体的にゆったりとした感じでくつろげます。
a0328548_18093912.jpg

a0328548_18094028.jpg

a0328548_18094216.jpg

a0328548_18094219.jpg
朝から色々あって疲れたのでゆっくりバスタイム。

さて、4時になったのでコンシェルジュに行ってみるもののやはり届いておらず…夜の便で届くはずと言われましたが、保障はないので(ランカウイの空港に電話が繋がらないとのこと)、明朝のゴルフを午後に変更しました。
a0328548_18094332.jpg

部屋に戻りシルクエアー、KLの空港、マレーシアエアにかけてみるも、なしのつぶて007.gif今日はもう出てこない、と諦め、洗顔とローションを買いにギフトショップへ…と行ってみたもののおいてない…015.gif

バギーでスパに送ってもらい、事情を説明したら洗顔とローションを分けてくれたけれど、渋々といった感じがちょっと残念でした。

ディナーはビーチ沿いのレストランへ。ビーチにそのままあるので床が砂というのが面白かった。
a0328548_18094457.jpg


シーフードがメインのレストランで、魚を選んで料理してもらうこともできるけれど、お昼が遅かったので、アペタイザーのタコとメインのシーバスを一つずつでシェアして、一杯ずつ飲んで軽めに。

同じ便に乗っていた家族を見かけたので話しかけると、シンガポールからで4人の中、子ども2人は手荷物だったからまだマシだったとのこと。赤ちゃんがいたら大変だったと話していて、確かに…と納得&同じシチュエーションのゲストがいるということで、「お互い何かわかったらアップデートしよう」と話し、ちょっと心強く安心しました012.gif

コンシェルジュに寄り、最後の確認をしてやはり荷物はなく、明朝のネイチャーウォークを予約。その夜は何だかどっと疲れて早めの就寝でした014.gif

次の日に続きます。


最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2017-01-07 18:26 | 海外旅行 | Comments(0)

a0328548_16030049.jpg

a0328548_16030164.jpg
3日目の朝はFusion Maiaをチェックアウトし、バンで30分、インターコンチネンタルへ。車は事前にお願いしてインターコンチネンタルに手配してもらいました(有料)。
この半島の向こう側にリゾートがあります。
湾岸沿いのドライブは見晴らしがよくて快適でした。

a0328548_16030240.jpg
こちらロビーの建物に入ると見えてくるバルコニー。
高台なので風がすごい…!
ホテルのスタッフも古い中国の衣装みたいなものを纏っており、少し大げさなアジア感のあるインテリアといい、トゥーランドットの舞台のよう。

フュージョンマイアの新しくてシンプルでプライベート感がある雰囲気といい何もかもが対照的です。

a0328548_16030325.jpg
この絶景はフュージョンマイアでは見られなかったなぁ005.gif
しかし、この景色を見られたのはこのチェックインの時で最後でした。
というのも、ポツリポツリと始まり、去る時にはザーザー降りの雨となってしまったから…。
a0328548_16030410.jpg
カート道をバギーで送ってもらうと部屋がある建物に着きました。
a0328548_16030488.jpg
すべての部屋がオーシャンビュー。
建物の感じから広々としたレイアウトを期待しましたが、ドアを開けると

a0328548_16030545.jpg
すぐにベッド…!
フュージョンマイアにはソファエリアがあったのでちょっと狭く感じました。
a0328548_16030636.jpg
そしてバスルームはこんな感じ。
狭くはないんだけれど、何もかもが重厚な造りで大ぶりで圧迫感たっぷりです。
ミラーの上にもう一つミラーが上から鎖で吊るされていたり。
この山の上に、しかも全客室にこれだけ大きな建築資材や重そうな家具を運ぶのはさぞ大変だったことでしょう…042.gif

a0328548_16030776.jpg
バスルームのアメニティはHARNNでした♪

a0328548_20491612.jpg
ケーブルカーに乗ってビーチレベルまで降り敷地を散策することに。
写真を撮り忘れてしまいましたが、シーフードのレストランやスパがある建物、プール(大人用、子ども向け)がありましたが、雨雲が広がってきており閑散としていました。
a0328548_20491704.jpg
メインのレストラン「Citroen」へ遅めのランチに。朝食もここで用意されます。

a0328548_20491837.jpg
カリフラワースープに生春巻きなど。
味はとても美味しいけれどちょっと高いかな?
a0328548_20491868.jpg
カクテルのあとは部屋で少しゆっくりしてから、ディナーへ。

a0328548_20491921.jpg
ビーチから撮ってみたのですが、雨雲に覆われて真っ暗で何が何やらですね。
ウェブサイトで見る写真はとても綺麗だったので、晴れていたら夕暮れに撮りに来たかったなーと。
a0328548_20492611.jpg
インターコンチに1泊でも泊まりたかった理由はLa Maison 1888でディナーをしたかったから069.gif
昨年からピエールガルニエ氏が監修していることでも話題のお店です。

a0328548_20492689.jpg
インテリアは天井が高くフレンチコロニアルな雰囲気です。
a0328548_20492761.jpg
居心地が良いソファシート016.gif
a0328548_20492866.jpg
ナプキンもカトラリーもモノトーンなクラシックで素敵です。
a0328548_20492932.jpg
コースではなくアラカルトで数品オーダーしましたが、特に美味しかったのが白身魚のソテーと

a0328548_20502703.jpg
ラムのステーキです011.gif

a0328548_20502971.jpg
デザートはアソートの後にこちらのプチフルールが出てきましたが、焼き菓子はちょっとパサっとしていて残念でした。

a0328548_20502968.jpg
ピエールガルニエ氏の肖像画を後に部屋でゆっくり休みました。

そして、朝。
ザーザー降りで肌寒い!

a0328548_19325280.jpg
「Citroen」に朝食に行くとフォーを作ってくれるステーションが。
a0328548_19325359.jpg
熱々のチキンフォー。
フレンチの後だったので、ちょうどアジアな麺ものが食べたいと思っていたところ。
やさしい味のスープが胃を癒してくれました。

a0328548_19325351.jpg
朝食後、夕方のフライトまで時間があったので、テラス席に移動。

a0328548_19325455.jpg
アップルパイとカフェオレをお供に読書したり

a0328548_19325510.jpg
海を眺めたり。

a0328548_19325600.jpg
晴れていたらビーチでゆっくりしたいけれど…この日は台風が接近していて、風が強く帰りのフライトも少し揺れました。

さて、二つのホテルに泊まってみましたが、私たちとしてはフュージョンマイアの方がサイズ的に敷地内を移動しやすいし、全体的にオーガニックでオシャレで明るい雰囲気だったので好きでした。
インターコンチはゴージャスだけれど、部屋はあまりくつろげる感じではないし、レストランが高いので連泊は少し厳しい気がしました。
バンコクのSiamホテルも設計したビル・ベンスリー氏が外観からインテリアまでデザインしただけあって、統一したラグジュアリー感がありとても素敵なリゾートでしたが…。

ただし、フュージョンは日本人率がかなり高いので、あまり大声で日本語で会話できない雰囲気だったのが窮屈だったかな…ダナン行きのバンの中など全員日本人で、ちょっとヒソヒソ声になったり。
私の記事ではあまり写っていなかったかもしれませんが、フュージョンには子連れファミリーもたくさんいました。プールもちょうどいい広さだし、敷地も目が届くくらいの広さなので子どもだけで遊んでいても安心な感じがしました。

ダナン&ホイアン旅、3泊しましたが、一つのリゾートなら2泊3日でも十分満足かも!
直行便も便利でオススメです016.gif
最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2016-11-15 15:57 | 海外旅行 | Comments(0)


a0328548_18331392.jpg
朝は8時からのヨガへ参加。
ビーチと海、山を臨む絶好のロケーションです。
お水もマットもあるのでお気楽。
a0328548_18331499.jpg
ヨガ後はメインの建物のラウンジで朝ごはんを。
野菜、フルーツ、スムージーなどヘルシーなものから、点心やおかゆ、ベトナム料理も充実のビュッフェでした。

a0328548_18331573.jpg

a0328548_21581835.jpg

一人一品メインを頼めるので、エッグベネディクトとパンケーキ、次の日はブンチャとステーキを食べました。
どれもちょうど良いポーションで凝った味付けで美味しかったです011.gif

a0328548_18331631.jpg
さてこのフュージョンマイア、日本の雑誌にもよく掲載される人気リゾートですが、宿泊にスパサービスが込みというお得な特典が005.gif1日に2メニューまで施述を受けることができ、2泊3日の場合は一人3日間で6メニューを楽しむことができるのです。
一泊朝食付きで300ドルだとしても、スパで元が取れているような気がする…

a0328548_18331758.jpg
フェイシャル、ボディ、スクラブ、ラップ・・・お肌が弱い方にはヘッドマッサージやネイルサービスもあります。
混み合うので事前の予約がベターですが、到着してからの時間変更も割とフレキシブルに対応してくれました。

お部屋も綺麗で技術は100点ではないけれど、マッサージ師によってはとても上手で丁寧でした。

a0328548_18331871.jpg
スパ内には素敵なギフトショップが016.gif

a0328548_18331941.jpg
ヨガウェアや雑貨、ジュエリー、食器など。
a0328548_18332087.jpg
またもやラズベリーカラー!ホーチミンで出会ったamaiiの食器もありました。
商品も女性向けがほとんどですので、男性へのお土産はホイアンで買うのが良いかもしれません。

a0328548_18332089.jpg
ビーチは綺麗でしたが、海の水は冷たく石がゴロゴロしていたので、遊ぶような海ではないかもしれません。
ソファやインフィニティプールから眺めるだけの人が多かったような。

a0328548_18445931.jpg
潮風が気持ちよく、思わず伸びをしたくなる開放感!

フュージョンマイアからはホイアンへのシャトルバスが出ています。
私たちは夕方18:30に乗り、ディナーをして22時のシャトルで帰りました。
滞在した2泊3日中、二日とも夜はホイアンへ。

a0328548_18450006.jpg
真っ暗でよくわかりませんが、運河沿いにお店が軒を連ねています。
a0328548_18450142.jpg
街中にはショップやレストランがひしめいていて賑やか!
a0328548_18450168.jpg
ホイアンでどうしても行きたかったのは「Metiseko」本店。
ホーチミン2区で出会ったフランス人デザイナーのブランドですが、アトリエ&本店があるのはホイアンなのです。
遊び心のあるデザインとシルクの心地良さが気に入り、母と義母へのギフトはここで買おうと決めていました。(ついでに自分用も…)

a0328548_18450270.jpg
タッセルのピアスがかわいい♪

a0328548_18450371.jpg
2階建ての大きなショップハウスで、メンズやインテリア用品も充実しています。
色々アイテムがある中で、一番お得感があって使えそうと思ったのはショールです。

a0328548_21581983.jpg
こちらは自分用に買ったグレーの大判ショール。
母たちにはホイアンのランタンをモチーフにしたカラフルなものにしました。
シルク100%なので寒い季節にも重宝しそう012.gif
価格もJim Thompsonに比べるとリーズナブルでした。

a0328548_21582072.jpg
ディナーは友人に教えてもらった「Morning Glory」へ。

a0328548_18450454.jpg
2階の席がオススメです。

a0328548_18450428.jpg
客層は外国人がほとんどでしたが、ちゃんとしたベトナム料理でした。
左はホイアン名物のホワイトローズ。飲茶のハーカオみたいで、感動するほどではないけど、軽くてエビとガーリックがマッチして美味しい。
でも、一番美味しいと思ったのは右のナスとひき肉の炒め物!
ちょっと甘辛くて生姜が効いていて、子どもも大人もパクパクいけちゃう味でした011.gif

a0328548_18450525.jpg
シャトル出発まで時間があったので、Coco Boxというコーヒー屋さんへ。
a0328548_18450678.jpg
練乳が効いたベトナムアイスコーヒーが超美味でした。
こちらのお店はコーヒー豆やココナッツ製品などが充実していたのでお土産が買えて助かりました。

ホイアンは日中暑いから夜がいいよと聞いていたけれど、その通りだと思います。
昼だと川の汚さやゴミなどが目立ってあまり綺麗ではないのかも…
ランタンも幻想的な夕方〜夜にディナーも兼ねて2、3時間がちょうど良いかなと思います043.gif
最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2016-11-09 22:30 | 海外旅行 | Comments(0)

a0328548_18231795.jpg
この2ヶ月、仕事を始めたり日本に弾丸帰国をしていたりと慌ただしく、かなり久しぶりの更新です042.gif
9月のハリラヤハジの連休に、3泊4日でベトナムのビーチリゾートダナン&世界遺産の街ホイアンを訪れました。
ダナンとホイアンは車で小一時間の距離なので一度の滞在でビーチと古都の両方が楽しめ、一石二鳥感がある旅行でした043.gif

a0328548_18231778.jpg
金曜早朝のシルクエアでダナンへ!
朝日で輝く海に見とれ、あっという間の2時間でした。

a0328548_18231892.jpg
眼下に広がるダナンの景色。
ちょうど雨季に入る直前だったので、ドキドキしていましたが綺麗に晴れていてラッキーでした。
a0328548_18231911.jpg
泊まりたいホテルが二つあって決めきれず、最初の2泊を「フュージョンマイアリゾート」に、最後の1泊を「インターコンチネンタル」に滞在しました。
a0328548_18232057.jpg
「フュージョンマイア」は空港から30分、ホイアンの街へも30分の好立地。
インテリアは全体がラズベリーピンクとパープルで統一されていて、女性が好きそうな雰囲気です。
a0328548_18232018.jpg
ロビーのお花も色が統一されていて素敵。

a0328548_18232189.jpg
ラウンジで頂くウェルカムドリンクはすっきりとしたベリー系のモックテルでした。

a0328548_18232260.jpg
ロビーがあるメインの建物を出ると、目の前には海が見え、期待が高まります。
a0328548_18232321.jpg
こんな風に低層のビラが点在している感じが、去年プーケットで滞在した「SALA」に似ていました。
a0328548_18232462.jpg
こちらのグリーンハウスで野菜やハーブを育てていて、オーガニックにこだわったリゾートという感じがします016.gif
a0328548_18282255.jpg
宿泊したビラのインテリアもラズベリー色で統一されていました。
a0328548_18282073.jpg

a0328548_18282126.jpg
バスルームもゆったりした作りでくつろげます。
a0328548_18282002.jpg

すべてのビラにプールがついています。
さて、このお部屋に落ち着く前に案内されたお部屋は、海に向かって左側の方でしたが、隣のリゾートが工事中なので、窓からクレーンが見えたり騒音がしたりで落ち着かず…008.gif
そのあと連れて行ってもらったビラも、ビーチから遠くて、ちょっと不便に感じたので、チェックインの時間を遅らせてもいいから静かでビーチやレストランに近いビラがいい、と伝えてここになりました。

同じリゾート内でもビラのロケーションによってまったく違った滞在になると思うので、いくつか部屋が空いていて選べそうであればホテルにリクエストをした方が良いと思います…!034.gif

a0328548_18282377.jpg
お部屋に置いてあったお花も可愛くて嬉しい016.gif
a0328548_18282496.jpg
敷地内にはレストランが2軒あり、ロビーがあるメインの建物では朝食が出て、ランチはプール沿いのこのカフェで食べている人が多かったです。

a0328548_18282625.jpg

a0328548_18282619.jpg
ちょっとおしゃれにアレンジされたベトナム料理。
とにかくお野菜が美味しくてヘルシーで満足度が高いランチでした。
食べたのはブンチャ、エビの唐揚げ、生春巻き、シーフードスープ、など。

a0328548_18282719.jpg
ランチの後はプールでまったり。
ソファに座っていると、アイスクリームを持ってきてくれます060.gif

長くなったので後編に続きます016.gif


最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2016-11-09 00:03 | 海外旅行 | Comments(0)

a0328548_17004160.jpg
ペナン最終日の3日目は夕方のフライトまで時間があったので、ジョージタウンのE&Oホテルでスパ&アフタヌーンティーでゆっくりすることにしました。
a0328548_17004107.jpg
2日目を宿泊したGホテルの朝食ラウンジ。
1泊目のJawi Peranakanと対照的な広々としたダイニングです。
a0328548_17004249.jpg
ビュッフェの種類も充実011.gif
前の晩が屋台で野菜不足だったのでサラダをたっぷりと。
a0328548_17004239.jpg
タクシーでジョージタウンに戻り、海沿いのE&Oホテルへ。
英国植民地時代の名残りを感じさせるコロニアル建築が美しい高級ホテル。
創業はシンガポールのラッフルズホテルと同じアルメニア人のサーキーズ兄弟だそうです。どうりで雰囲気が似ています。リークアンユーやチャップリンなど著名人が多く宿泊したことでも有名。
a0328548_17004339.jpg
a0328548_17004309.jpg
廊下には額に入ったプラナカンタイルの数々が012.gif
a0328548_17004426.jpg
スパのお部屋は広々と明るく気持ちがいい016.gif
a0328548_17004489.jpg
穏やかな海が見える窓。

a0328548_17004429.jpg
2時間半のボディートリートメントは466MYR(154 SGD)。
ボディラップやスクラブも入り、マッサージのクオリティも高く大変満足度の高いプランでした。
a0328548_17004549.jpg
マッサージの後は一階の1885というダイニングでアフタヌーンティーを。
焼き菓子、サンドイッチともにとても美味しくて、正統派の英国式アフタヌーンティーを堪能しました063.gifこれで一人20ドルちょっとだった気が…シンガポールの半額以下です。
a0328548_17190030.jpg
ダイニングを外にでると海が。
風光明媚なリゾート感、地中海沿いの街みたい…といっても反対側の出口から出ればまた全然違う雰囲気なのですが…
a0328548_17190015.jpg
フライトまでまだ時間があったので、タクシーで5分ほどのコーンウォリス要塞へ行ってみました。
a0328548_17190059.jpg
1786年に初めて英国人がペナンに上陸した際に建てられた要塞です。
ラッフルズがシンガポールに上陸したのは1819年ですから、30年以上も前にペナンはイギリスの植民地になっていたんですね005.gif
a0328548_17190149.jpg
いくつかある大砲の内、この大砲は子授かりの大砲と言われていて、花を手向けて二人で願い事をすると良いのだとか056.gif
a0328548_17190128.jpg
ペナンに上陸した東インド会社のフランシス・ライトの銅像。
10分もあればみて回れるのですが、その割に入場料が高いのが微妙でした…確か20ドルぐらいしたような。ガイドもなしでこれは高い気がします…

対照的に入場料が1リンギットと格安だったのが、ペナン博物館。
30円の安さにしては内容も充実していました。エアコンが効いていなくて暑いし、展示物は特に迫力があるものには欠けるので、まぁ行っても行かなくてもという場所ではありますが…015.gif
歴史が好きで、シンガポールの博物館にも良く行くということであれば、関連づけることができて楽しいかもしれません045.gif
a0328548_17190125.jpg
この小ささはシンガプーラキャットかな?
a0328548_17190273.jpg
お土産がないかとLove Laneをぶらぶら。
a0328548_17190283.jpg
こちらのお店はもともと中国から来た金細工職人のアトリエだったそうですが、5年前にギフトショップとして再オープンしました。

a0328548_17190311.jpg
レプリカですが、プラナカンタイルもたくさんありました。
a0328548_17190327.jpg
ペナンの有名観光名所の一つであるブルーマンション。
見学できる時間(ツアーの時間)が決まっていて11時、14時、15時半と1日に3回あるのですが、私たちは今回は参加できませんでした。
a0328548_17223032.jpg
マラッカでもプラナカンマンションを訪れたし、シンガポールにもオートラムパークにブルーマンションがあるし、いっか…と思ってスルーしましたが、TripAdvisorを見る限り、とても素晴らしい様なので、一見の価値ありかもしれません。

1日目はジョージタウンの壁画探し、2日目はガーニードライブでショッピング&屋台、3日目はE&Oホテルと観光、と朝着いて夜アウトだったので丸3日間ペナンに滞在しました。

もしかしたら、1泊2日でも十分楽しめるのかな、と感じたので、土曜の朝到着、ジョージタウン散策、夜ガーニードライブ屋台、日曜はバトゥフェリンギ(ビーチ)、ってのもありなのかもしれません。次回訪れるならそうするかな…?

風情があって安くて安全で…シンガポールから週末旅行で行くにはオススメの場所です016.gif




最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2016-06-25 19:07 | 海外旅行 | Comments(0)

a0328548_12444840.jpg
ペナン旅2日目の朝。
気持ちよく起きたと言いたいところですが、夜中のバイク&爆竹と朝5時台に朗々と響きわたるコーランで寝不足気味…014.gif
街中の歴史的建造物に泊まるのは素敵な体験ですが、街の騒音や窓があまり防音されていない点などは見落としていました。

Booking.comで2泊抑えたつもりが、うっかり1泊しか予約できていないということが旅行の数日前に発覚し、1日しか泊まれなかったのですが、それはそれで良かったのかもしれません…042.gif
a0328548_12444923.jpg
さて朝食ですが、このテーブルに宿泊者が集まり、
a0328548_12444979.jpg
フルーツやパン
a0328548_12444984.jpg
ナシレマやロティで軽い朝食を。
セルフサービスだし、ホテルの朝食としてはちょっとシンプル過ぎる気も…?

でも、ここのホテルはサービスがすごく温かかったので睡眠と朝食を除けばとても快適なステイでした。お部屋の温度も水の水圧もまったく問題ナシ、ベッドも寝心地良し、そしてフロントスタッフがいい人たちで、レストランのレコメン、タクシーを呼ぶ、諸々問い合わせや予約などテキパキとヘルプしてくれてとても助かりました。

さて、タクシーに荷物を積んで向かった先は2軒目のホテル。
a0328548_12444900.jpg
a0328548_13135221.gif
こちらペナンの地図をtourist malaysiaのサイトからお借りしました。
ジョージタウンから車で20分ほど北上したところが2泊目の宿泊先のガーニードライブです。さらに北上すると、ビーチリゾートでファミリーに人気のバツーフェリンギがあります。

到着したのは「Gホテル ケラワイ」。
目と鼻の先にもう一軒「Gホテル ガーニー」がありますが、ケラワイの方が新しく落ち着いた雰囲気です。
a0328548_12445020.jpg
一泊目とは対照的なモダンなデザイナーホテルといった雰囲気。
a0328548_12445030.jpg
チェックインの間までルーフトップのラウンジでお茶を出してくれました063.gif
a0328548_12445104.jpg
ルーフテラスとプールからペナンの街が一望できます。
a0328548_12445159.jpg
お部屋はゆったりとした広さで、かなり静か…!今夜はゆっくり眠れそうです。
a0328548_12555360.jpg
a0328548_12555312.jpg
深いバスタブと

a0328548_12555429.jpg
アメニティのブランドもオーストラリアのオーガニックブランド016.gif
a0328548_12445143.jpg
隣にガーニーパラゴンというモールがあったので、そこでランチにしました。
a0328548_13234168.jpg
(Borrowed from Hotels.com)
a0328548_12555485.jpg
2階の屋外にあるLuna Richというイタリアン。パスタもピザもとても美味しかった!
a0328548_12555469.jpg
ホテルを挟んでもう一軒向こうにプラザガーニーというやや庶民的なモールがあります。
a0328548_12555583.jpg
やはりシンガポールと比べると物価が安く感じました。
夫は、まったく予定外でしたがここでメガネを新調することに027.gif
ヴィクター&ロルフのメガネが日本やシンガポールで買うよりも6割ぐらいの値段で、視力を測りレンズもその場で作ってくれました。
一時間後にピックアップというのでその間、モール内にあるタイマッサージへ。
a0328548_12555563.jpg
昨日ジョージタウンの街を歩き回ったので足がかなり疲れ気味。
こちらのマッサージも綺麗な施設なのに値段がシンガポールの6割ぐらい…!
a0328548_12555534.jpg
無事メガネを受け取り、ホテルのルーフトップのカクテルアワーへ。
宿泊者には無料でアパタイザーのみならずドリンクもサーブされるというかなり太っ腹なサービスです。
a0328548_12555606.jpg
夜はお目当てのガーニードライブの屋台へ。
ホテルから海沿いを歩いて5分ほど北上したところにあります。
a0328548_12555618.jpg
ようやく出会えた絶品屋台メシ!
プラウンミーは海老の出汁が濃厚でかなり美味しかったです。
看板を撮り忘れてしまいましたが、入り口入って割とすぐ右手にあり、大きくプラウンミーとか海老麺と書いていた気がします。
a0328548_12565568.jpg
チャークイティオの行列に20分ほど並んでゲットしたのがこちら。

a0328548_12565577.jpg
海老がプリっとしていて美味しいけど、ちょっと卵と油が夜食べるには重いかな…
でも、食べてみてよかったと思える味でした。

そんな感じで、ペナンでホーカー行くならレッドガーデンよりガーニードライブだと思います。バトゥフェリンギにも人気のホーカーがあるようです。

最終日に続きます043.gif



最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2016-06-20 13:42 | 海外旅行 | Comments(2)


a0328548_16024785.jpg
ホテルに戻ると部屋の準備が出来ていました。

a0328548_16024806.jpg
2階建てのロフトになっていて2階にも大きなベッドがあるので、ファミリーでも十分に泊まれるサイズでした。
ゆったりしたソファもあり、居心地が良くてしばし一休み014.gif

a0328548_16024918.jpg
窓からは鮮やかなタイルの噴水が。
a0328548_16024967.jpg
a0328548_16025019.jpg
泳ぐというよりは鑑賞用だけれども、やはりタイルが素敵なプールも。
夕方になって大分涼しくなったので、また街に繰り出すことに。

最初の目的地は、お友だちがブログで紹介していたヘッドスパ
a0328548_16025078.jpg
資生堂のプロダクツをふんだんに使ったヘッドスパで、二人で70ドルというリーズナブルさ!
スタッフもとても親切で、二人がかりでブローをして髪も巻いてくれました016.gif
a0328548_16025144.jpg
ヘアサロンの近くにあるウォールアート。
人だかりの前でポーズをとって写真を撮る恥ずかしさにも段々慣れてきました(笑)
a0328548_16025118.jpg

a0328548_17431468.jpg

日が暮れ始めたジョージタウンの街をジャランジャラン。
日中よりもいい雰囲気です。
a0328548_16025280.jpg
a0328548_16025263.jpg
モスクもライトアップされていて綺麗でした。
a0328548_16065333.jpg
ペナンといえば屋台のローカルフードということで、レッドガーデンという大きなホーカーへ。

a0328548_16065400.jpg
ポピアやロバックをおつまみにお目当はペナン名物のラクサ。
日本人には好き嫌いが分かれるというこの味いかに…

ココナッツミルクは使われていないのでまろやかさはないのですが、かなり濃い目のスープに魚とタマリンドの酸味が効いています。
一口目は、新鮮で、冷汁とか魚介系ラーメンとかが好きな私は「いける!」と思って結構勢いよく食べていましたが、
段々魚っぽさというか汁にとけたシーチキンみたいな歯ごたえに飽きてきて、最終的には「まぁ・・・普通?」という結論に039.gif
マラッカで食べたカレーラクサの方がかなり美味しくて好きでした。

まぁ、レッドガーデン自体観光客向けっぽいホーカーなので、あまりレベルは高くないのかも。
やはりペナンで有名なのはガーニードライブというホーカーですが、そちらは2日目に訪れたのでまた後ほど…

タイガービールと屋台フードで終わるのがなんとなく寂しくて近くにあったワインバーへ。
a0328548_16065425.jpg

a0328548_16065422.jpg
オードブルなどをつまみました。
雰囲気が良くて居心地がいいお店です。
24 Muntri St.
a0328548_16065526.jpg
Muntri St.とLove Lane周辺にはワイヤーアートがたくさんあります。

偶然見つけて感激したのがこちら↓
a0328548_16065528.jpg
ペナン出身のJimmy Chooが初めて靴作りを学んだのが、この壁の後ろにあるHong Kong Shoe Storeというお店だったそうです。
こんなにローカル感のある場所で、世界的なデザイナーが誕生したなんて何だかすごい005.gif

いつまでもぶらぶらと散策していたい気持ちを抑えてホテルへ。

2日目に続きます016.gif
最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2016-06-17 17:45 | 海外旅行 | Comments(0)

a0328548_16240522.jpg
4月末、Labor Day の連休を利用し、2泊3日でペナンに行ってきました。
ペナンはマレーシア本土と橋でつながっている島で、KLやJBと並ぶ都市です。治安も良く、住みやすいことから、リタイヤ後のロングステイの場所としても人気。

そして、島の中の「ジョージタウン」というエリアが、マラッカとセットで2008年にユネスコに登録されてからは、世界中から旅行者が集まる観光地としても注目を集めています。

早朝のタイガーエアーでひとっ飛び。1時間であっという間にペナンに到着です。

a0328548_16240533.jpg


空港でタクシー券を買うカウンターがあり、ジョージタウンまでは定額47リンギットでした。13〜15SGDと言ったところかな?出口を出るとすぐに係員が誘導してくれて、とても綺麗なセダンへ。
運転手は80ぐらいのおじいちゃん。英語で一生懸命ペナンの説明をしてくれました。 冷房も効きすぎておらず安全運転で、なんだか日本を思い出す安心感。ジョージタウンまでの快適なドライブで、すでに「ペナンっていいところ!」と好印象。その地に降り立ってから一番最初に接するタクシーの運転手って、その土地の第一印象を決める重要な役割なぁと実感。

今回ステイしたのは2軒のホテルです。一泊目は「Jawi Peranakan Mansion」というプラナカン建築の邸宅。
a0328548_13570974.jpg
ジョージタウン市内に点在するヘリテージホテルの中で一番新しいホテルです。
a0328548_13570941.jpg
イスラムとプラナカンが融合されたエキゾチックなインテリアが素敵016.gif
a0328548_13571075.jpg
プラナカンタイルもいたるところに。
a0328548_13571053.jpg
ランプはイスラム風。
まだ、12時前でチェックインできなかったので、荷物を預けて街散策に出かけることにしました。
a0328548_13571002.jpg
目抜通りのひとつであるCampbell通りを海の方向へ行くとぶつかるBeach通り沿いにあるカフェへ。
a0328548_13571159.jpg
China Houseという数あるペナンのカフェの中でも人気の一軒です。
a0328548_13571106.jpg
早めのランチに食べたカレーが期待以上に美味しかった!
a0328548_13571237.jpg
China Houseは焼きたてのケーキやタルトと

a0328548_13571268.jpg
アートギャラリーが有名。
ショップハウスを広々と使っていて気持ちがいい空間です。
夜にはDJも入ってカクテルアワーもあるみたい。オシャレだな〜

ペナンが注目されている理由のひとつが街中に点在するウォールアート。
4年前にリトアニア人アーティストが壁に描いた絵が人気を集め、その後色々なアーティストが壁に描き始めたことから、今では街の至る所で壁画を見ることができます。
ホテルはカフェに置いてあるMAPを手にウォールアートを探してみることに。
マップはコチラでダウンロードできます(重いので少し時間がかかるかもです042.gif
a0328548_15380527.jpg
(Borrowed from Tabizine)
こんな風にひっそりとある壁画。
a0328548_13571345.jpg
探し当てた時は嬉しくて思わず一緒にパチリ。
a0328548_14020915.jpg
こんな力作も。
a0328548_14020928.jpg
この古びれた色あせた感がレトロでなんとも素敵…

a0328548_14021086.jpg
Love Laneというバックパッカーに人気の通りにあるカフェで一休み。
a0328548_16240640.jpg

その後アート散策をしばらくしてから、一旦ホテルへ。

後半に続きます016.gif


最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村

[PR]
by sakilog-sg | 2016-06-16 16:28 | 海外旅行 | Comments(0)

a0328548_14153318.jpg
ハミルトン島からシドニーに午後到着し、チェックインしたのはインターコンチネンタルシドニー。
次の日にシンガポールに戻るまでの1泊だけなので、ハーバーに近くてアクセスが良いロケーションを選びました。
a0328548_14075496.jpg
ハミルトン島のサービスアパートの倍の値段でこじんまりとしたお部屋だけれど、窓から見える景色がすごくキレイ!
眼下に広がるのは王立植物園。
a0328548_14075575.jpg
旅の前半のシドニー滞在ではオペラハウスに行く時間がなかったので、歩いて見に行くことに。
a0328548_14075589.jpg
金曜日の夜ということもあり、観光客の他にもアフターファイブを楽しむ人たちで賑わっていました。

a0328548_14075532.jpg
ライトアップされたオペラハウスが出現!
ハーバーの景観にマッチして何とも言えない存在感。
a0328548_14075635.jpg
館内にあるガラス張りのバーで、カクテルを。
ライティングがロマンティック。
シンガポールのマリーナの夜景のような豪華さはないけれど、しっとりしていて大人な雰囲気が心地よい012.gif

a0328548_14075692.jpg
ハミルトン島では毎日洋食で、さすがに舌が疲れてきていたので、ディナーにはお寿司をつまみました。
日本人向けというより、オシャレなラウンジみたいな感じで、お料理の内容は西麻布の権八を思わせる、外国人に受けそうな味付けが多かったですが、久しぶりの和食は美味しかったです。

*********************
そして次の朝。
窓のブラインドを開けると、何とも爽やか!

a0328548_14075661.jpg
夫は早速ランニングへ。
今日半日で最後だなんて名残惜しすぎる007.gif
a0328548_14075748.jpg
英国植民地時代は財務局だった歴史的建造物だけあり、ロビーの雰囲気もレトロ。

a0328548_14075757.jpg
朝食はバランスよくたっぷりと063.gif
a0328548_14075760.jpg
建物の雰囲気がとても気に入ったので、シドニーに来た時にはまた宿泊したいなと思いました♪
あと、サービスも良心的だなと思ったのが、ハンターバレーで買ったワインをハミルトン島に行っていた4日間預かってくれたこと!
瓶を持たずに移動できて本当に助かりました。
チェックアウトをし荷物を預けて、再度オペラハウスへ。
a0328548_14153318.jpg
ウォーターフロントではなく、植物園から歩いて行きました。

a0328548_14153304.jpg
実は正面から見ると3つ独立した建物になっています。
青い空とホワイトのコントラストが美しい…
a0328548_14153419.jpg
ツアーに参加しないと中には入れないので、建物の中だけサラッと見ることはできません。
なので、ツアーで見て回るとほぼ貸切状態でとても空いています。
a0328548_14153400.jpg
日本人ガイドの女性がとても上手で分かりやすかったです。そしてとても綺麗な方でした!
a0328548_14153404.jpg
シドニー交響楽団の本拠地でもあるオペラハウスには大小5つの劇場があって、オペラや演劇、コンサートなど年間1600以上が上演されているとのこと。ってことは1日5つ?!何とも忙しい会場なのです。

a0328548_14153530.jpg
デンマークの建築家、ヨーン・ウツソンによるデザインは、一次選考は落ちたものの遅れてきた選考員のサーリネンの目にとまり、233件の応募作品の中から選ばれたのだとか。
複雑な構造のため、工事が難航し、当初4年だった工期は16年にもおよび、ようやく1973年に完成しました。
2007年に世界遺産に登録されました。
a0328548_14153532.jpg
オペラハウスの屋根には105万6000枚という気が遠くなる数のタイルが使われています。
艶があるホワイトと光沢のないクリーム色が組み合わさってできているので、天候や時間によって見え方が変わるようになっています。
汚れにくい特殊加工が施されていて雨でキレイになるため定期的な清掃が必要ないのだとか。
建設されてから今までに掃除されたのは、2回だけらしいです・・・!

a0328548_14153512.jpg
30分の駆け足ツアーでしたが、あまり時間がなかった私たちには嬉しいスピード感でした。
地下鉄に乗ってショッピングモールへお土産と、コスメを買いに…!
a0328548_14153655.jpg
St. Jamesの駅を降りたところにあるのは大型デパートのWest Field
隣にはオーストラリアのDavid Jonesというデパートがあり、ここの地下に欲しかったブランドがほとんど集約されていました!

a0328548_14153600.jpg
ミランダカーが手がけるオーガニックブランドのKORA、おなじみAesop、ルームディフューザーで愛用しているGlass House、Ecoyaのキャンドルなどなど。ハーブが入ったネックピローなどもあり、もっと時間があれば色々見たかった…
それにしても、オーストラリアってオーガニックコスメがたくさんあって本当に羨ましい…

a0328548_14170466.jpg
ホテルに戻り、荷物をピックアップしたら地下鉄で空港へ。

a0328548_14170519.jpg
この赤茶色の大地も見納め。
思い立って2月に予約して3月に決行したオーストラリア旅行だけれど、7泊8日のシドニー&ハミルトン島はとても充実したプランでした。
レンタカーでワイナリーに行ったり、アイランドゴルフを楽しんだり…
白い砂浜で朝からシャンパンを飲むなどという非現実的(かつちょっと手持ち無沙汰)なことをしてみたり。

美味しい空気を吸って、美しい景色をたくさん見て、心からリフレッシュできた旅でした。
またいつか来れたらいいな…012.gif


最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2016-06-02 22:53 | 海外旅行 | Comments(0)