サミログinシンガポール ーシンガポールLife備忘録ー sakilogsg.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

東京でのworking woman生活から一転、2014年11月からシンガポールで始まったゆるやかな日々を綴っていきます.


by Sammy
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:海外旅行( 48 )



a0328548_18471938.jpg
すっかりご無沙汰してしまいました。
今どこから書いているかというと
a0328548_18464011.jpg
この景色でわかりますでしょうか?
4月のスリランカ旅行の記事を書きたかったのですが、たまにはリアルタイムで更新を…ということでビクトリア湾を眺めながら香港1日目について書きます。

シンガポールから3時間20分のフライトで空港に着いたのは昨晩10時過ぎ。
まず驚いたのが香港人の歩く速度と仕事の速さ!
SIMひとつ取り替えるのでも動きがシンガポールの3倍ぐらい速く感じました。

機内食をスキップしたので到着ロビーのCrystal Jadeの隣にある「何洪記粥麺」で遅めのディナー。
本店はコーズウェイベイにありますが、海老麺でミシュランを獲得し続けていることで有名な店舗です。
海老麺はさることながらこちらのピータン粥が優しい味で、割と揺れたフライトの後にホッとしました。

a0328548_18592871.jpg
無事ホテルにチェックインしてすぐに就寝。

翌朝。窓を開けてみると思わず目を疑いたくなる光景が眼下に。
a0328548_19022967.jpg
そして部屋中に響き渡る工事の音。
テレビをつけてごまかしてみるもやはりうるさい…
フロントに電話して部屋をシティビューに変えてもらいました。
ハーバービューならかなり上の階が望ましいですが、20階以上はグランドクラブフロアになるので、多分料金が跳ね上がります。

シティビューにはなりましたが、ラッキーなことに最上階で静か。ハーバーは同じフロアのラウンジから綺麗に見晴らせます。

平日は一人ということで、お友だちに相談したら香港在住のお友だちをご紹介していただきました110.png
予約してくださった「夜上海」はガイドやブログを見て行ってみたいと思っていたお店。
ホテル最寄の湾仔駅から一駅のアドミラルティ(金鐘駅)直結のパシフィックプレイス内にあります。
a0328548_19102688.jpg
香港の地下鉄は早いし綺麗で便利。
人もエスカレーターでは右側に並ぶし、ぶつかると謝るし、優先席はゆずるし、日本人的なマナーを感じました101.png

そしてモールが綺麗!標識とかインテリアにセンスを感じます。
a0328548_19111608.jpg
「夜上海」はビジネスランチで賑わっていました。
a0328548_19112248.jpg
棒棒鶏やキクラゲ
a0328548_19114035.jpg
エビチリ風な一品
a0328548_19115038.jpg
小籠包、そして最後の金木犀スープに入った黒ごま団子が絶品でした。
a0328548_19121753.jpg
週末は激辛料理好きの友達が東京から合流することになっていて、四川料理となりそうなので、今日の上海ランチはとても嬉しいチョイスでした。
そして、香港が大好きという素敵な女性に色々と教えてもらい、充実の初日ランチとなりました。
山に登ったり、島に遊びに行ったり。沖縄が近かったり。
シンガポールと香港は似ていると聞いていたけれど、レジャーはこちらの方が充実というか日本に近い楽しさがあるのかな?と思いました。

a0328548_19142690.jpg
ランチの後は香港の渋谷と呼ばれるコーズウェイベイへ。
トラム観光をしたいという私をチケット売り場まで連れて行ってくださり、そこでお別れ。
出発まで一時間ほどあったので、時間潰しにぶらぶら。メイン通りから一歩入ると、
a0328548_19181518.jpg
Isabel MarantやSandro、Majeなどヨーロッパブランドや、Zuccaなど日本のブランドもあり、ちょっと裏原宿っぽい雰囲気。
その後、そごうで飲み物を調達し、いざトラム乗り場へ。

a0328548_19140794.jpg
ゆっくりゆーっくりと一時間もかけて上環へ。
地下鉄だと10分かからない距離です。
a0328548_19135226.jpg
この上環エリアには坂をのぼるとNoHo(ハリウッド通りの北側の意味)エリアがあり、オシャレらしいのですがこの日は疲れてグランドハイアットへ。

一休みしてから、また違うお友だちの友だちとディナーへ。
ランカイフォンというエリアのLKFホテルにある「Carbone」というイタリアンは、NYに本店があるアメリカ風の骨太なイタリア料理に定評があるお店です。
ゴッドファーザーの世界さながらのゴージャスなインテリア。

a0328548_16412626.jpg
ワインもお料理も美味しくて堪能しました。
このお友だちは西洋人ですが、また違った目線で香港を見ていて面白い。
a0328548_16412821.jpg
ランカイフォンは外人やクラブが多くて六本木のような雰囲気で賑やか。
a0328548_16412911.jpg
a0328548_16432489.jpg
帰り道こんな落書きも見かけましたが、全体的に安全な感じがしました。
ネットでも香港の治安は良いと書いてあったけど、女子の一人歩きはやめた方が良いですね。

盛りだくさんな初日が終わりました!


[PR]
by sakilog-sg | 2017-06-22 19:34 | 海外旅行 | Comments(0)

a0328548_16302216.jpg
アナンタラチェンマイの朝食の場所は川沿いでいい雰囲気。
a0328548_16331526.jpg
でも内容はちょっとがっかりで117.png フレンチトーストもワッフルも明らかに冷凍!
チェンマイには可愛いカフェがたくさんあるので、知っていたら朝食抜きのプランにしたのに〜…
2日連続で食べるにはかなりテンションのさがる内容でした。

a0328548_16463282.jpg
気を取り直して、赤い乗り合いタクシーのソンテオで旧市街へ。
前の晩にニマンヘミン通りで買った藍染のセットアップが早くも活躍♪

a0328548_16305229.jpg
5分足らずで旧市街の入り口へ。
地図で見ると、あまり車が入ってこないのかなと思いきや、ぜんぜん交通量があります。

a0328548_16304759.jpg
ワットプラシンに入る前にチェンマイ一美味しいというAkha Ama Coffeeをチェック。
a0328548_16304452.jpg
アイスラテ、コクがありまろやかで美味しかった!
a0328548_16304240.jpg
通りを渡ってワットプラシン内へ。
a0328548_16495795.jpg
ワットプラシンとは「獅子の寺」という意味で、ラーンナー朝文化が色濃く残る、チェンマイでもっとも格式高いお寺なのだとか。
とにかくゴールドで豪華!
厳かとかひっそりという日本のお寺とは違い、かなりの迫力。
a0328548_16304961.jpg
a0328548_16520583.jpg
でも、東南アジアのお寺の雰囲気も好きだなぁ…
写真は撮りませんでしたが、たくさんの黄金の仏像があり、熱心にお祈りしている人々の姿が印象的でした。
a0328548_16564651.jpg
ワットプラシンから5分ぐらい歩き、soiを入ったところにあるのが
a0328548_16570195.jpg
アムリタガーデン。日本人が経営しているマクロビカフェです。
a0328548_16585515.jpg
優しい味付けの蒸し野菜やミネストローネ、おむすび。
とってもシンプルな味付けなんだけれど、本当に美味しかった!
隣でベビ連れでランチを食べていたママさんとおしゃべり。
チェンマイ在住で少数民族の方と結婚してこちらで子育てをしているのだとか。
ゆったりしたチェンマイの雰囲気がとても好きで暮らしやすいと言っていました110.png

川向こうのカフェへの行き方などを教えてもらい、またソンテオに乗ってチャイナタウンで下車。
川にかかる橋を渡るとCharoenrat Rdに出ました。前日にカオソーイを食べたのもここから近いはず。
a0328548_17064212.jpg
インテリアショップやお洋服やさんを見た後にお目当てのWoo Cafeへ。

a0328548_17080923.jpg
フローリストなのかケーキ屋さんなのか分からないぐらい、いたるところに色鮮やかな花々が。
a0328548_17082075.jpg
a0328548_17083969.jpg
ケーキも美味しくて、しばしまったり。
a0328548_17114524.jpg
食器類も豊富。THANNなどのコスメなどもあり、お土産探しに最適♪

ホテルに戻った後は、Oasis Spaのバンにピックアップしてもらい、また川向こうの北の方へ。
インターナショナルスクールがある住宅地にひっそりと佇む一軒家スパです。
a0328548_17130893.jpg
イエローで統一されたインテリアが可愛い162.png

a0328548_17132194.jpg
お部屋も広々で、マッサージもとても上手で満喫しました。
a0328548_17133130.jpg
旧市街のワットプラシン近くにもありますが、バン送迎込みなのでこちらの方が楽チンかも。
ホテルのスパより安いしオススメです♪

夜はアナンタラ内の「1921」でベトナム料理やグリーンカレーを。小ぶりなポーションでどれも美味しかった!

そして最終日。
午後のフライト前に、友人に勧めてもらった旧市街のカフェ「Fern Forest Cafe」でランチ。
a0328548_17165794.jpg
a0328548_17170400.jpg
ギターのボサノバ生演奏が流れるゆったりとした中庭でカフェ飯風がパオライスを。
辛くて美味しかった!

チェンマイは、ゆったりとした空気感が好きでした。
これで、もう少し排気ガスがなければ街歩きが楽しめるのになぁと思いました。

数ある中で、結局お寺はワットプラシンしか行かなかったけれど、カフェホッピングができて満足な週末旅でした♪



[PR]
by sakilog-sg | 2017-05-27 17:24 | 海外旅行 | Comments(0)

a0328548_22183733.jpg
4月の始めに2泊3日でチェンマイに行ってきました。
直行便で3時間。
バンコクよりもずっと北にあり、山に囲まれてるということで涼しいかと思っていたら、暑い!
空港から外に出た途端、シンガポール並みの蒸し暑さにちょっとガッカリしました(笑)
東京→軽井沢は車で1時間半だけど、よっぽどそっちの方が温度差がある…

a0328548_08294767.jpg
ホテルの車をお願いしましたが、チェンマイはこじんまりとしていて空港からめちゃ近いので、普通のタクシーで十分です。

a0328548_08294733.jpg
空港から出るとすぐにお堀の景色が。向こう岸には桜のような色の花をつけた木も見えました。
a0328548_23065200.png
(画像はお借りしました)

チェンマイの地理はわかりやすくて、こんな感じです。
お堀に囲まれた旧市街に泊まる人が多いと思いますが、私たちが泊まった「アナンタラ」はナイトバザールの近くでした。
a0328548_08294823.jpg
川沿いに佇む、アジアンリゾートといった建築に写真で一目惚れして決めたのですが、実際は開放感があってもっと素敵でした。
a0328548_08294846.jpg
Crea Travellerやフィガロに出てきそうな、ザ東南アジアリゾート感!

a0328548_08294952.jpg
早朝便で着いたのが9時過ぎだったので、ロビーもがら空き。
a0328548_08295075.jpg
プールの向こうに見えるのがピン川です。

a0328548_08295043.jpg
お部屋の準備がまだできていないということだったので、荷物を置いてブランチを食べに。

a0328548_08295148.jpg
トゥクトゥクで。今日は学校がお休みという息子さんも一緒に。

a0328548_08304780.jpg
向かった先は、川を越えて少し北上したローカル感のある場所・・・
a0328548_22181593.jpg
お目当ては、チェンマイ名物カレーラーメンの「カオソーイ」!
お店の名前は「Khao Soi Samoe Chai」です。
英語が一切通じない店でしたが、これでもかなり辛さを控えめにしてくれたはず・・・ですが、やっぱり辛かった〜!
麺は美味しいのですが、上にある揚げ麺はちょっと重かったかな。
ライムをたくさんしぼって、シンハビールとともに(私はココナッツウォーター。正解でした)、これまたチェンマイ名物という辛いソーセージも一緒に・・・

タイに来た〜!って感じのブランチでした129.png
a0328548_22553524.jpg
さて、ホテルに戻るとお部屋が用意されていました。
リバービューのデラックスルーム。
a0328548_22552618.jpg
蚊がいるので、外のソファに寝転んで川を眺める・・・ということはしませんでしたが、スッキリモダンで居心地が良いお部屋でした。
写真はないですが、バスルームが広くて気に入りました!

そしてまたトゥクトゥクにのり、チェンマイ一お洒落と言われる「ニマンヘミン通り」へ(上の地図をご参照ください)。

このトゥクトゥクの旅がきつかった!
午前中よりずっと気温があがっている上に、市街地は排気ガスと埃がすごい。
そして、西日が強い時刻に西に向かって走っているもんだから、眩しくて眩しくて・・・日やけも気になりました。
移動は乗り合いタクシーのソンテウをお勧めします。
a0328548_22554366.jpg
さて降ろしてもらったのはMAYAというショッピングモール前。
こちらはスルーして、通りを南下してお店を見ながらブラブラ。
a0328548_22560763.jpg
途中、カフェに立ち寄ったり。
a0328548_22561380.jpg


a0328548_22562034.jpg
早めのディナーは「トーン」というチェンマイで一番人気と言われるチェンマイ料理のお店。
a0328548_22562651.jpg
このほかにも数皿。
この生姜と豚を煮込んだカレーもチェンマイ名物とのことですが、激ウマでした!
食べたものがうろ覚えで、テキトーすぎる食レポですみません・・・
でも、ここは半屋外で、雰囲気もよく、ポーションが小さいのでたくさん頼めるし、この日はお腹がいっぱいでしたが、外でお肉を炭焼きにしていたので、どうやらそれが目玉メニューみたいです。
a0328548_22563330.jpg
夕暮れ。ニマンヘミン通りより東に1本入ると、車の通りも少なく歩きやすかったです109.png
a0328548_22563864.jpg
途中で見つけた藍染めのお店。
チェンマイの伝統工芸だとか。こちらでタンクトップとガウチョのセットアップを買いましたが、次の日のお寺めぐりや後のスリランカ旅行でも活躍しました169.png
a0328548_22564416.jpg
帰りはトゥクトゥクではなく、赤い乗り合いタクシーの「ソンテウ」で。
一緒に乗っていたカップルがナイトバザールで降りたので、ここで降りてホテルまで歩いて帰ることに。

人気のエスニック雑貨やジュエリーなど、アジアに来たばかりの頃だったらどれも欲しくなったと思うけど、こういうナイトバザールも、もう何回め?という感じになってきて、結局欲しいものはなく。

本当に吟味しないと、家のインテリアに合わないんですよねぇ…
だから、ちょっと欧米テイストが入ったBoutiquesで売られるようなものが人気なのかも。お値段は魅力だけれども。

盛りだくさんな一日が終わりました。
2日目に続きます♪
最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2017-05-15 23:26 | 海外旅行 | Comments(2)

a0328548_15565189.jpg
4月はタイ(チェンマイ)、スリランカ、日本(東京&軽井沢)と3カ国へ。
シンガポールにほとんどいることがなかった多忙な月でした。

シギリヤロックに登ったり、チェンマイで寺巡りをしたり、
a0328548_15564971.jpg
a0328548_15564793.jpg
東南アジアリゾート!って感じのリゾートに滞在したり、
a0328548_15565460.jpg
話題のGinza Sixで草間アートを見たり、
a0328548_15565651.jpg
春の軽井沢で3年ぶりに桜を見たり…179.png

飛行機と移動が苦手な私にとってはハードスケジュールでしたが、充実した1ヶ月でした。

最近インスタばかりであまりブログアップできていないのですが、それぞれの旅行記をまたゆっくり書きたいと思います110.png

[PR]
by sakilog-sg | 2017-05-08 16:02 | 海外旅行 | Comments(0)


3泊4日のバリ・ウブドへの母娘旅行。
最終日は、朝ヨガ&朝食の後、車をチャーターしてシドゥメン村へ向かいました。

a0328548_11332860.jpg
シドゥメン村へはウブドから1時間ほどのドライブ。

a0328548_11332999.jpg
青空が映える田んぼや、

a0328548_11332959.jpg
ジュリアロバーツ主演の映画「食べて祈って恋して」を思い出させる椰子の木と水田の風景

a0328548_11333093.jpg
街中を通ると、学校帰りの子どもたちの姿が。
こんなに田舎でもきちんと制服を着て。ドライバーさん曰くバリ全土で同じ制服で、曜日ごとに色が違うのだとか。
近所の人が一目で子どもを見分けることができる、村全体で守っているような雰囲気が安心だなと思いました。

a0328548_12271633.jpg

お供え物のチャナン。
その場でお店の方が作ってくださいます。
a0328548_12271782.jpg


シドゥメン村が近づいてくると、一気にのどかな風景に。
この三匹のワンちゃん(見かけからして兄弟かも)じゃれあって遊んでいて可愛かった。
のびのびして幸せそうだなぁ…012.gif

a0328548_11333242.jpg
オランダ人の奥さんとインドネシア人の旦那さんが経営しているという、ガイドブックに載っていたタイルやさん。
a0328548_11333369.jpg
セメントタイルでなかなか重いのだけれど、上の段の細長い小さなタイルを一つ買おうと思ったら、ここはショールームでホールセールのみとのこと。残念だけれど、やっぱり重かったから見るだけでよかったかも042.gif
a0328548_11333308.jpg
そこのタイル屋さんの男の子がスクーターで道を案内してくれて、ワルンで一息。

a0328548_11333435.jpg
時折遊びに来るオーナーの娘さんが可愛かった016.gif

a0328548_11365797.jpg
さて、今回シドゥメン村へ向かった理由は、手相を見てもらうため。
松原亜希子さんは、シドゥメン村に嫁いで15年、鑑定歴は30年ほどのベテラン手相占い師さん。
道中で購入したチャナンをお供えしました。
a0328548_11365717.jpg

鑑定してもらっている母。亜希子さんの言葉に時々ホロリとしていました。
私も見てもらいましたが、手を差し出し、質問をすると、間を置かずにとてもはっきりと的確に答えてくださいました。
早いしハキハキしているのだけれど、まったく威圧的ではなく、優しく温かく、母が涙した理由も納得。
手相を見てもらうのは初めてでしたが、色々と言い当てながらも今後についてのアドバイスも分かりやすく、なんだかとても勇気がでました。

今まで占いを見てもらうというと45分とか60分が多い中、20分って短いのでは、と思っていたけれど亜希子さんの無駄のないスピード感で充実の20分。タイムアップ後も質問に答えてくださり、本当に親切だなぁと012.gif 料金は20分3000円でした。

私の後には、日本からそのまま来たであろう女子が控えていました。
私たちもガイドブックを見てきたのだけれど、ちょうど昨年末に発行されたばかりなのに、すでにたくさんの人が訪れているのだとか。

a0328548_11365898.jpg
亜希子さんの素敵なご自宅を後にし、途中テキスタイルのお店などを見ながらウブドに戻ってきました。

a0328548_11365940.jpg
Monkey Forest 通りのカフェで遅めのランチ。
母は日頃テニスやゴルフで日焼けしているからか、ウブドの風景に違和感なく溶け込んでいました(笑)049.gif

a0328548_11365932.jpg
リゾートに戻った後は、スパで2時間のトリートメント。
屋外のスパって気持ちがいい!と母は感激していたけれど、私はカエルの声がめちゃめちゃ近くてちょっと緊張しました(笑)
最後のディナーはゴージャスに!と行きたいところだけれど、結局二人とも胃が疲れていて、持参したフリーズドドライのにゅうめんを部屋で食べました。マイペースにできるのも母娘旅行の醍醐味…!

翌日10:40の便でシンガポールには1時過ぎに到着。
パラゴンの鼎泰豊でランチしたのは2時。何もかもがスピーディーでスムーズなのに母はびっくりしていました。
やっぱりシンガポールからの旅行は便利。

次回の母との旅行はどこに行こう?
ウブドの満足度が高かったので、これを超える旅はなかなか難しいけれど…
うーん、やっぱりいつかまた母とウブドに来たいなぁと思ったのでした012.gif



最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2017-02-24 12:28 | 海外旅行 | Comments(0)


a0328548_21362279.jpg
3泊4日でバリ島のウブドに行ってきました。
ウブドののどかな雰囲気と大自然、そして住んでいる人たちの親切さに本当に癒された4日間でした。
2年前、最初のバリ旅行はスミニャックだったのですが、私は断然ウブド派です012.gif

帰ってきてまだ1日…完全な「ウブドロス」に陥っており、大した文章が書けそうにないので、写真だけ載せます。
a0328548_21362319.jpg
テガラランの棚田
a0328548_21362418.jpg
スターバックスの裏にはこんなに素敵な寺院が

a0328548_21473145.jpg
目抜き通りのMonkey Forest StとHanoman Stを結ぶオシャレなDewisita St.

a0328548_21473251.jpg
色と質感が一目で気に入ってしまったセラミックのお店「Kevala Home
どこか馴染みのあるデザインだと思ったら、National Galleryのフレンチ「Odette」でも使われているとのことでした005.gif
a0328548_21473173.jpg

カゴショップ「Ashitaba

そのほか、ヨガウェアやジュエリー、アロマなど寄ってみたいお店ばかりでした。
a0328548_00274861.jpg

a0328548_00274913.jpg


a0328548_21500516.jpg
バイクは通るけれども道もきちんと清掃されていて、ふと足元を見ると、かわいいワンちゃんや

a0328548_21500517.jpg
チャナンと呼ばれるバリ特有のお供え物が。

a0328548_00274934.jpg

a0328548_21362501.jpg
Monkey Forest st の入り口にあるGaya のオーガニックジェラートもとっても美味しかった016.gif
a0328548_21473350.jpg
友人に勧められて宿泊したMaya Ubudは、ロケーション、ホスピタリティ、CPすべてが最高でした。

a0328548_21473422.jpg
広々と開放感たっぷりの敷地
a0328548_21500689.jpg
母と毎朝通ったヨガスタジオ

a0328548_21362741.jpg
渓谷を臨むカフェ

a0328548_21473410.jpg
朝食はチョイスは少ないけれどもオムレツ、菓子パン、スープ、どれもとっても美味しい。特に絶品だったのは、ムルタバ。レシピを知りたいくらい。

a0328548_21473508.jpg
お部屋も女子旅にぴったりのオシャレな色合いのインテリアと

a0328548_21473610.jpg
朝日が見えるバルコニー
a0328548_00275039.jpg


a0328548_21473680.jpg
ゴロンとなるのに最高なソファ


色々なアジアのリゾートに泊まった中でも、Maya Ubudのスタッフたちは、とりわけ感じが良く、いつも笑顔で本当に癒されました012.gif


ウブド滞在中に訪れた「シドゥメン村」へと続きます。








最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2017-02-21 00:28 | 海外旅行 | Comments(2)

a0328548_20120361.jpg
大晦日は年越しもせずに11時に就寝し、翌朝は6:30に起きてタクシーで山を越え、今回の度のハイライトであるジェットスキーに挑戦!
大昔高校生のときにアメリカで体験したことはあるのですが、その時はビーチで遊んでいてノリで借りて小一時間乗り回した程度でした。

今回は4時間のツアーで、8つの島々をめぐるアイランドホッピングなので、ちょっと次元が違います。

a0328548_19580363.jpg
ビーチは空港の少し南で、この辺りにジェットスキーの業者がいくつもあるのですが、ネットの評判がよかったMega Sportsにしました。
乗る前にジェットスキー前で記念撮影。
いざツアーが始まると、ライフジャケット&ショートブーツの重装備で全然サマにならなかったので、先に撮っておいてよかった(笑)

さて、今回用意しておいてよかったものは
ースポーツ用のサングラス(とにかく激しく弾むので、ファッション用の物では落ちてしまいます)
ーiPhoneの防水カバー。(紐付き。Far East Plazaなどローカルモールで安く売っています)
ーラッシュガード(4時間炎天下のため長袖が必要)
ースプレー式日焼け止め(クリームを塗っている余裕がない)
ー予備のコンタクトレンズ
ーグミ(塩水で口がしょっぱくなるので)
ーミネラルウォーター(配られるかなと思いきや配られなかったので)
ー上記を入れる防水バッグ(Mega Sportsでも購入可能)
ーバスタオル2枚とハンドタオル1枚

逆に必要なかったものは
ー着替え(着替えるスペースがなく、結局水着&ショートパンツで帰ることに)
ーTevaなどのストラップ付きビーチサンダル(ショートブーツを貸し出してくれたので)
ーデジカメ(一応持って行ったし、撮りましたが今思えば落とす確率も高かったなと…)

持ってかなくて、必要だったと感じたものは
ー小銭とティッシュペーパー(ジオパークのトイレが有料)

a0328548_20120568.jpg

最初に運転したのは一応経験者である私ですが、インストラクターに4台(8人)でついていくのですが、とにかく波が荒く、ジャジャ馬に乗ってるかのように弾んで大変でした042.gif
前の人のジェットストリームに捕まると余計に弾むので4台V字で進むのですが、これがなかなか難しくて、しかも40マイルは出していないと逆に安定しないので、周囲をにらみつけながら、かなり神経を使いました
a0328548_20120400.jpg
夫に交代した途端になぜか、波が穏やかに015.gif
a0328548_20120561.jpg
絶壁や

a0328548_19580440.jpg
洞窟に入ったり、

a0328548_19580418.jpg
途中下りてジオパークに立ち寄り、淡水の湖で泳いだり、マングローブを見たり、イーグルネストがある岩を見たり…大自然を堪能しました。

a0328548_20120693.jpg
こちらは最後に立ち寄ったスポットで、通常ならシュノーケルがツアーに含まれているのですが、この日は波が荒くて中止となり少し残念でした。
最初は怖かったスピードも、段々はまってきて、最後には大声で叫びながら猛スピードで走ってすごくリフレッシュできました!

かなりアクティブな年始め。楽しい1年になるといいな〜024.gif

a0328548_20120728.jpg
ホテルに戻り、ランチの後はハンドルを握りしめた緊張で凝り固まった体をほぐしにスパへ。
前日のゴルフの後に入れていたのですが、荷物が遅れたため、1日後ろ倒しになり、結果それでよかった気がします。

風や鳥の音を聞きながらのスパは、エアコンが効いてスピリチャルな音楽がかかっている室内スパよりもずいぶんとリラックスできました016.gif
a0328548_20120767.jpg
東を向いているので夕日は見えないのですが、スパのテラスからのDatai Bayの景色が綺麗でした。

夜は、元旦、ということで敷地内の日本食レストランで日本食でNew Year Dinner Buffetが開催されていたので行ってみることに。
あまり期待せずで行ったけれど、その場で揚げてくれる熱々の天婦羅に天つゆと大根おろし、生姜まで用意されていて割と本格的。
煮物も鉄板焼きも美味しくて、日本酒まで用意されていて、お正月気分を味わえました012.gif

Andaman Dataiには託児所も完備されていて、プールにはスライダーもありました。
ファミリーでも、大人だけでも楽しめるリゾートだと思います083.gif

今度は週末に、直行便で訪れたいと思います060.gif


最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2017-02-08 16:20 | 海外旅行 | Comments(0)

a0328548_12104959.jpg
(Borrowed from Trip Advisor)
自然が多いランカウイ島の中でも、私たちがステイしたDatai Bayエリアは熱帯雨林のなかにすっぽりと包まれています。
a0328548_17121296.jpg
2日目の朝になってもスーツケースはやっぱり届いていなかったけれど、気をとりなおして朝のネイチャーウォークに参加。
生物学を専門とするガイドさんについて敷地内を散策する1時間のアクティビティです。
無料ツアーで人気なので前日までにコンシェルジュデスクでの予約が必要です。

a0328548_17121309.jpg
数ある木々の中からを見つけてくれるのですが、モモンガみたいな動物や

a0328548_17121431.jpg
ランカウイでよく見られるDusky Leaf Monkey(シロマブタザル)など、珍しい動物がたくさん!
シロマブタザルは準絶滅動物に登録されていて主にマレー半島でしか見られないとのこと。赤ちゃんはオレンジ色ですごくかわいいです016.gif

a0328548_17121402.jpg
こんな風に大人も子どももぞろぞろ。マイナスイオンを浴びながら、珍しい動植物のふむふむ情報をたくさんもらって、楽しいウォークでした。

さて、プールサイドで朝食を食べ、ビーチでゆっくりしながら荷物を待ってもまだ来ない…
ホテル近くのゴルフ場でのティータイムも9時から12時、そして15時のトワイライトへと変更。
a0328548_17121860.jpg

このままじゃ何にもできないね…と、とりあえずプロショップでゴルフウェアを買い、クラブとシューズをレンタルして、メガネのままプレーしようか、とゴルフ場に向かいました。027.gif

a0328548_12105619.jpg
(Borrowed from Chakatravel.com)

アーニーエルスが設計したゴルフ場は海の間近にグリーンがあって、昨年プレーしたオーストラリア・ハミルトン島のゴルフ場を思い出しました023.gif
ここで奇跡が!プロショップで買い物をしていると、フロントデスクのスタッフがゴルフバッグと荷物を持って現れたのです!!!078.gif
どうやら、ランカウイの空港に見に行ってくれたみたいで、空港内に放置されていた様子…空港も全然電話が繋がらなかったし、ほかの荷物でてんてこ舞いだったんでしょうね。とにかくよかった!

急いでウェアに着替えてランチ。
a0328548_17121706.jpg
アジア麺もサンドイッチ(ラップ)も美味しくて気分が上がってきました。
a0328548_17121525.jpg
海に向かって伸びるフェアウェイは、両サイドに森があり狭いですが、コース自体はそこまでトリッキーでもなく(バンカーも一つもない…!)楽しめました。
a0328548_17121647.jpg
道端で井戸端会議中のお猿さんたち。さきほどのシロマブタザルは草食で穏やかなのに対し、こちらはかなりヤンチャで、じゃれあって喧嘩したり、こちらに牙をむいてきたり。猿によってかなり性質が違うんですね〜

a0328548_17121659.jpg
屋根の上にも。
最終日にネイチャーウォークの今度はサンゴ版に参加しましたが、こちらでは岩の上でカニをバリバリと食べるたくましい猿に遭遇しました。

a0328548_20200369.jpg
こう見るとやっぱりシロマブタザルが一番かわいい…
a0328548_20200389.jpg
カラフルではないけれど、ちゃんと生きているサンゴ礁。8000年の年月をかけて形成され、Datai湾を津波から守ってくれたのだとか。
手付かずの自然の姿は圧巻でした。

スーツケースが届き、次の日はメインアクティビティのジェットスキーでの島巡りへ!
次記事に続きます083.gif

最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2017-02-04 12:40 | 海外旅行 | Comments(0)

明けましておめでとうございます!
去年は極寒のソウルと雪の日本で年末年始を過ごしましたが、今年は3泊4日でマレーシアのランカウイ島へ。
ゴルフにジェットスキーとアクティブに過ごしました。

さて、初っ端からハプニングが。
早朝のシルクエアーからKLでマレーシアエアラインに乗り換えて、という旅程の中、不安が的中し、ランカウイ空港でスーツケースが出てこない…008.gif
私たちだけではなく30人ほどが同じ様な状況で小部屋の事務所前にはズラリと行列が。小一時間待ってようやく自分たちの番になり、滞在先とスーツケース、ゴルフバッグの特徴を伝えました。

さて、出てこないものは待っていても仕方がないので、滞在先の「Andaman Datai」へ。
空港から車で30分ほどの山を越えたところにあるDatai Bayに面しているリゾートです。
a0328548_18093704.jpg
ここにした理由は、近くにあるEls Clubでラウンドしたかったから!
もうひとつ「The Datai」という有名リゾートが近くにあるのですが、割高&満室で「Andaman」にしましたが、結果、正解だったと思います060.gif
a0328548_18093873.jpg

到着後、コンシェルジュに状況を説明すると、おそらく4時までには届くだろう、とのこと。その時点で1時だったので後数時間か〜雨も降ってきたし。ととりあえずランチをすることに。

朝食も用意される「The Restaurant」でのグリーンカレーとチキンバーガーがどちらも絶品でした016.gif
a0328548_18093987.jpg

ボトルキープしてくれるとのことだったので、Pouilly Fumeをボトルで。酒税がかからないランカウイだからか、70SGDとお得な価格でした069.gif

お部屋はオーシャンビューで、ソファとテーブルがついているのが気に入りました。小さなバルコニーもあり、バスタブも深くて全体的にゆったりとした感じでくつろげます。
a0328548_18093912.jpg

a0328548_18094028.jpg

a0328548_18094216.jpg

a0328548_18094219.jpg
朝から色々あって疲れたのでゆっくりバスタイム。

さて、4時になったのでコンシェルジュに行ってみるもののやはり届いておらず…夜の便で届くはずと言われましたが、保障はないので(ランカウイの空港に電話が繋がらないとのこと)、明朝のゴルフを午後に変更しました。
a0328548_18094332.jpg

部屋に戻りシルクエアー、KLの空港、マレーシアエアにかけてみるも、なしのつぶて007.gif今日はもう出てこない、と諦め、洗顔とローションを買いにギフトショップへ…と行ってみたもののおいてない…015.gif

バギーでスパに送ってもらい、事情を説明したら洗顔とローションを分けてくれたけれど、渋々といった感じがちょっと残念でした。

ディナーはビーチ沿いのレストランへ。ビーチにそのままあるので床が砂というのが面白かった。
a0328548_18094457.jpg


シーフードがメインのレストランで、魚を選んで料理してもらうこともできるけれど、お昼が遅かったので、アペタイザーのタコとメインのシーバスを一つずつでシェアして、一杯ずつ飲んで軽めに。

同じ便に乗っていた家族を見かけたので話しかけると、シンガポールからで4人の中、子ども2人は手荷物だったからまだマシだったとのこと。赤ちゃんがいたら大変だったと話していて、確かに…と納得&同じシチュエーションのゲストがいるということで、「お互い何かわかったらアップデートしよう」と話し、ちょっと心強く安心しました012.gif

コンシェルジュに寄り、最後の確認をしてやはり荷物はなく、明朝のネイチャーウォークを予約。その夜は何だかどっと疲れて早めの就寝でした014.gif

次の日に続きます。


最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2017-01-07 18:26 | 海外旅行 | Comments(0)

a0328548_16030049.jpg

a0328548_16030164.jpg
3日目の朝はFusion Maiaをチェックアウトし、バンで30分、インターコンチネンタルへ。車は事前にお願いしてインターコンチネンタルに手配してもらいました(有料)。
この半島の向こう側にリゾートがあります。
湾岸沿いのドライブは見晴らしがよくて快適でした。

a0328548_16030240.jpg
こちらロビーの建物に入ると見えてくるバルコニー。
高台なので風がすごい…!
ホテルのスタッフも古い中国の衣装みたいなものを纏っており、少し大げさなアジア感のあるインテリアといい、トゥーランドットの舞台のよう。

フュージョンマイアの新しくてシンプルでプライベート感がある雰囲気といい何もかもが対照的です。

a0328548_16030325.jpg
この絶景はフュージョンマイアでは見られなかったなぁ005.gif
しかし、この景色を見られたのはこのチェックインの時で最後でした。
というのも、ポツリポツリと始まり、去る時にはザーザー降りの雨となってしまったから…。
a0328548_16030410.jpg
カート道をバギーで送ってもらうと部屋がある建物に着きました。
a0328548_16030488.jpg
すべての部屋がオーシャンビュー。
建物の感じから広々としたレイアウトを期待しましたが、ドアを開けると

a0328548_16030545.jpg
すぐにベッド…!
フュージョンマイアにはソファエリアがあったのでちょっと狭く感じました。
a0328548_16030636.jpg
そしてバスルームはこんな感じ。
狭くはないんだけれど、何もかもが重厚な造りで大ぶりで圧迫感たっぷりです。
ミラーの上にもう一つミラーが上から鎖で吊るされていたり。
この山の上に、しかも全客室にこれだけ大きな建築資材や重そうな家具を運ぶのはさぞ大変だったことでしょう…042.gif

a0328548_16030776.jpg
バスルームのアメニティはHARNNでした♪

a0328548_20491612.jpg
ケーブルカーに乗ってビーチレベルまで降り敷地を散策することに。
写真を撮り忘れてしまいましたが、シーフードのレストランやスパがある建物、プール(大人用、子ども向け)がありましたが、雨雲が広がってきており閑散としていました。
a0328548_20491704.jpg
メインのレストラン「Citroen」へ遅めのランチに。朝食もここで用意されます。

a0328548_20491837.jpg
カリフラワースープに生春巻きなど。
味はとても美味しいけれどちょっと高いかな?
a0328548_20491868.jpg
カクテルのあとは部屋で少しゆっくりしてから、ディナーへ。

a0328548_20491921.jpg
ビーチから撮ってみたのですが、雨雲に覆われて真っ暗で何が何やらですね。
ウェブサイトで見る写真はとても綺麗だったので、晴れていたら夕暮れに撮りに来たかったなーと。
a0328548_20492611.jpg
インターコンチに1泊でも泊まりたかった理由はLa Maison 1888でディナーをしたかったから069.gif
昨年からピエールガルニエ氏が監修していることでも話題のお店です。

a0328548_20492689.jpg
インテリアは天井が高くフレンチコロニアルな雰囲気です。
a0328548_20492761.jpg
居心地が良いソファシート016.gif
a0328548_20492866.jpg
ナプキンもカトラリーもモノトーンなクラシックで素敵です。
a0328548_20492932.jpg
コースではなくアラカルトで数品オーダーしましたが、特に美味しかったのが白身魚のソテーと

a0328548_20502703.jpg
ラムのステーキです011.gif

a0328548_20502971.jpg
デザートはアソートの後にこちらのプチフルールが出てきましたが、焼き菓子はちょっとパサっとしていて残念でした。

a0328548_20502968.jpg
ピエールガルニエ氏の肖像画を後に部屋でゆっくり休みました。

そして、朝。
ザーザー降りで肌寒い!

a0328548_19325280.jpg
「Citroen」に朝食に行くとフォーを作ってくれるステーションが。
a0328548_19325359.jpg
熱々のチキンフォー。
フレンチの後だったので、ちょうどアジアな麺ものが食べたいと思っていたところ。
やさしい味のスープが胃を癒してくれました。

a0328548_19325351.jpg
朝食後、夕方のフライトまで時間があったので、テラス席に移動。

a0328548_19325455.jpg
アップルパイとカフェオレをお供に読書したり

a0328548_19325510.jpg
海を眺めたり。

a0328548_19325600.jpg
晴れていたらビーチでゆっくりしたいけれど…この日は台風が接近していて、風が強く帰りのフライトも少し揺れました。

さて、二つのホテルに泊まってみましたが、私たちとしてはフュージョンマイアの方がサイズ的に敷地内を移動しやすいし、全体的にオーガニックでオシャレで明るい雰囲気だったので好きでした。
インターコンチはゴージャスだけれど、部屋はあまりくつろげる感じではないし、レストランが高いので連泊は少し厳しい気がしました。
バンコクのSiamホテルも設計したビル・ベンスリー氏が外観からインテリアまでデザインしただけあって、統一したラグジュアリー感がありとても素敵なリゾートでしたが…。

ただし、フュージョンは日本人率がかなり高いので、あまり大声で日本語で会話できない雰囲気だったのが窮屈だったかな…ダナン行きのバンの中など全員日本人で、ちょっとヒソヒソ声になったり。
私の記事ではあまり写っていなかったかもしれませんが、フュージョンには子連れファミリーもたくさんいました。プールもちょうどいい広さだし、敷地も目が届くくらいの広さなので子どもだけで遊んでいても安心な感じがしました。

ダナン&ホイアン旅、3泊しましたが、一つのリゾートなら2泊3日でも十分満足かも!
直行便も便利でオススメです016.gif
最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2016-11-15 15:57 | 海外旅行 | Comments(0)