サミログinシンガポール ーシンガポールLife備忘録ー sakilogsg.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

東京でのworking woman生活から一転、2014年11月からシンガポールで始まったゆるやかな日々を綴っていきます.


by Sammy
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:シンガポール自然公園( 4 )




連休最終日は夫が朝からマクリッチ貯水池までランニングするというので、私はバスで行って合流することに。
少し下調べをすると、情報サイトに

「ゴムの老木とみずみずしい草木が生い茂るマクリッチ自然遊歩道は、自然愛好家が心ゆくまで自然を満喫できる場所です。 3kmにわたる熱帯雨林が、マクリッチ貯水池公園と名門ゴルフコース、シンガポール・アイランド・カントリー・クラブをつないでいます。 」

と書いてあったので、小一時間散歩するにはいいかも〜そのあとMarmalde Pantry Stableでランチして、Pasabellaで買い物して帰ろうかな、などと考えていましたが、とんだ誤算でした。

a0328548_0374097.jpg
霧の摩周湖のよう…この時点で大雨は予想できたはずですが
a0328548_0374141.jpg
序盤の美しい景色に目を奪われ

a0328548_037426.jpg
道も整備されていたし、遊歩道が続くのかと思いきや

a0328548_0374223.jpg
だんだんと水たまりが増えてきました。
でも、トレイルランニングをしている人たちがたくさんいて、ちんたら歩いている私たちをどんどん追い越していきます。
こんなゴツゴツした水はけの悪い道をよく軽快に走れるもんだと、驚きました。

a0328548_0374383.jpg
雨が降り始め雨足が強くなってきました。
幸い折りたたみを持ってきていましたが、だんだんとスコールに。
立ち往生なるか、と思った途端に東屋みたいなものが現れ、助かりました。

a0328548_0374492.jpg
一周する気は毛頭なかったのですが、吊り橋を目指すと必然的に一周することになるみたいです。
吊り橋がちょうど中間地点といった感じでしょうか。

a0328548_0374464.jpg
コンバースのスリッポンを履いてきてしまったことを痛く後悔。
ようやく吊り橋の入り口らしき景色が

a0328548_0374586.jpg
一方通行のみ、もう後戻りはできません。

a0328548_0374537.jpg
全長250Mもある吊り橋!丈夫なワイヤーでたくさん吊るしてあるし、あまり揺れないのでスリル的なものはなく。
景色もほとんど緑なので、高所恐怖症の人でも大丈夫かも?

a0328548_0374660.jpg

a0328548_0374782.jpg
向こうから歩いてくるのは、野生のサル!
途中にも何匹かいて、可愛いな〜と見ていましたが、この至近距離はちょっと怖かった…
ドンドン進んでくるので、目を合わせないようにしていたのですが、夫がじっと見つめてしまってその瞬間に
「シャー!」と牙を剥かれ威嚇されました。
目は合わせちゃいかんです!

a0328548_0374736.jpg
最後の方は遊歩道もあり、行きよりは楽チン。ゴルフ場のわきを通ってようやくゴールしたのが14時半なので、3時間半は歩いたことになります!

残念ながらコンバースは捨てざるを得ないくらいボロボロになりました。

今日はコンディションがよくなかったけれど、家からバスで10分の距離にトレッキングが楽しめる場所があるのは、
すごくいいなと思いました。天気がいい時に再チャレンジしたいです。

夜はニュートンとオーチャードの間にあるFar East Plaza1階の激安フレンチ「SAVEUR」へ。
ブギスのPurvis St.の店舗は有名ですが、ここにもあることをバスの中から発見し、行ってみることに。
予約はHPからがスムースでおすすめです。
a0328548_0374834.jpg
ローカル感溢れるショッピングセンターですが、ここだけ外観がオシャレです。
a0328548_00500483.jpg
6時なのにこの混み様!客層はほとんどシンガポーリアンの若者です。
彼らは早めの夕食を食べてホーカーで夜食を食べたりするので、この時間の混み具合も納得できます。

a0328548_00500474.jpg
写真を撮り忘れましたが、飲茶のようにメニューシートから好きなアイテムをチェックしてウェイターに渡す仕組みになっています。
メニューの内容は本格的なフレンチなのにどれもやすい!Bistro du vinの1/3ぐらいかな?

赤のハウスワインは驚愕の6ドルでしたが、飲みやすくミディアムボディのメルローでした。
そのほか
a0328548_00500682.jpg
ガーデンサラダ4.5ドル
a0328548_00500666.jpg
フォアグラ9ドル
a0328548_00500594.jpg
ダックコンフィ14ドル(うろ覚えです)
a0328548_00500532.jpg
ステーキ(150g)20ドル(?すみませんうろ覚えです)

アイスティーは1.5ドルで、シンガポーリアンはほとんどアイスティーを飲んでいました。

お会計は二人で84ドル(税込)!
どれもしっかりとした味付けで、焼き加減もちょうどよく、量も盛り付けも洗練されていてとても美味しかったです。
デザートもパンナコッタやキャラメルケーキなど美味しそうで食べたかったけど映画の時間があったので、断念。

3コースランチも平日は22ドルでかなりお安い。

雰囲気も悪くないし、これはかなり通えそうです049.gif
よろしければワンクリックお願いします058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2015-04-07 00:35 | シンガポール自然公園 | Comments(0)

旧正月休み二日目の金曜日。朝起きると夫は出勤しており、終わったころにマリナベイサンズでランチをすることに。

a0328548_18525654.jpg
MRTだと微妙に行きづらいのですが、バスだと目の前で停まってくれます。こうやって見上げるとやっぱりこの設計怖い…(笑)(上の船みたいな部分は日本が作り、下の部分は、耐震的に不安だと日本の会社が断ったので韓国の会社が作った、と聞いたことがあります)

a0328548_18525767.jpg
久々のShops at Marina Bay Sands。昨年7月に家探しの際に初めてシンガポールに来たとき、夫の仕事が終わるまでひとりで時間をつぶした場所でした。自然光が燦々と降り注ぐこの明るいショッピングモールで、「ここに住むのも悪くないかも?」と思ったのを思い出し、懐かしくなりました。

よく来ることになるかと思いきや、こちらに住んでからはまだ2回目。たまに来てみると、このバブリーで真新しい雰囲気が「シンガポール!」って感じがしてワクワクします。
a0328548_18525861.jpg
今日も快晴。ランチの後は以前から気になっていた島めぐりをすることに決定!

a0328548_18525916.jpg
フェリーが出ているのはマリナベイサンズからタクシーで5分ほどのところにある、Marina South Pierです。昨年夏にできたばかりのMRTレッドラインの新しい駅「Marina South Pier」があるところです。

a0328548_185305.jpg
屋上からの景色。ネットの時刻表では2時間おきに出ているとのことだったので3時のに乗るつもりでしたが、2時半にチケットを買いに行くと「早く!もう出るよ!」となぜか焦らされ…。

a0328548_1853171.jpg
慌てて停泊していた小さな船に乗り込みました。
大学生の時ギリシャの島々を1週間かけてフェリーで周り、同じような「アイランドホッピング」をしたな…と規模は全然違うけれど懐かしい気持ちに。
a0328548_19144285.jpg
セントジョンズ島までは約20分。小さい船なので揺れるか心配でしたが、揺れを感じる間もなく到着しました(笑)。
a0328548_1853215.jpg
窓からの景色。シンガポールはリバーもマリナベイも色が濁っているので、やっぱり海の色はいいな〜とテンションがあがりました。

a0328548_1853313.jpg
セントジョンズ島はかつてハンセン病患者の隔離施設や犯罪者の刑務所として利用されていたとのことですが、今は海辺でのバーベキューや釣りが楽しめるレジャースポットとなっています。
a0328548_1853381.jpg
何やら公園みたいなものがあるみたいなので、ビーチをあとにし、少し散策してみることに。
a0328548_1853594.jpg
米ドラマ「LOST」に出てくるような島を想像していましたが、きちんと整備されていて、ボタニックガーデンみたいでした。

a0328548_1853619.jpg

a0328548_1853732.jpg
小ぎれいなシンガポール大学のキャンパスもあり。

a0328548_1853861.jpg
ビーチは思いのほか狭く、座ってゆっくりする感じでもなかったので、小一時間ほど散歩したのち、次の船でクス島を目指しました。

a0328548_1853988.jpg

a0328548_1853107.jpg
ものの10分弱でクス(中国語で亀の意味)島に到着です。
a0328548_18531195.jpg
その昔、船が難破した際に漂流していたマレー人と中国人を亀が助けた、という言い伝えからクス島には中国系の寺院とマレー寺院があります。

a0328548_18531271.jpg
この日は空いていましたが、毎年9月ごろにはたくさんのシンガポーリアンがクス島に巡礼に訪れるのだとか。

クス島もセントジョンズ島も売店も何にもないので、飲み物や食べ物を持参する必要があります。そして、クス島はスマホが圏外(時々なぜかインドネシアの回線が入ってくる)ので、本などを持っていくといいと思います。

芝生で海風に吹かれながら角田光代さんの旅エッセイを読みました。東南アジアをよく旅されているので、海のすぐ向こうにいたなんて、と時折不思議に思いながら…。

a0328548_18555149.jpg
角田さんが描く主人公が好きで、小説はほとんど読んだと思うのですが、旅エッセイは初めてでした。

好奇心旺盛で旅が好きなんだけれど、神経質でビビりな自分といつも葛藤しているところとか、共感できる部分がたくさん描かれていて、気持ちがスッとしました。色々とわけがわからないことが多すぎて戸惑うんだけれど、この国にいる限り受け入れないと前に進めないというところが、自分のシンガポールでの日常と似ているな〜と感じたり。

そして、エッセイの中に垣間見られる、角田さんのサブカルチャー要素が強いんだけれど、基本ちゃんとしているところがナチュラルで素敵だなと思いました。

さて、話は戻りますが、セントジョンズ島とクス島。

結論から言って、日本から来た友達や家族を連れていくほどの特別感もないし、女子同士や家族同士でピクニック行こう〜ってほどの場所でもないです。とにかく何にもないし、大勢で座るような場所もあまりなかったので。

連休中、特になにもすることがない夫婦が、お菓子と本を持って半日過ごすにはちょうど良かったかな、と(笑)船も往復18ドルでお手ごろですし。スマホもあまり使えないので、デジタルクレンジングにもなります。

Wikiによると、シンガポールには大小60以上の島々があるのだとか…!
次は自転車で回れるらしい、自給自足で有名な島「ウビン島」に行ってみたいと思います。


よろしければワンクリックお願いします058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2015-02-24 18:52 | シンガポール自然公園 | Comments(0)

朝起きたら少し天気が怪しかったけれど、久しぶりに少し遠出がしたくなって、36系統のバスに乗ってEast Coast方面へ。

このバスはチャンギ空港に行くバスなので、高速を通るのですが、隣を走っていたスクールバスから生徒たちが振り向いて手を振ってきて可愛かった012.gif 子どもは癒されますね
a0328548_22385771.jpg
コンドや高層ビルが立ち並ぶ景色に慣れているので、こういう一軒家が並んだ低層地域はほっとします。南国の花が咲き溢れていて、ゆったりした雰囲気。

a0328548_22385910.jpg
Signupの街にあるPranakan Hotel 内のカフェ「Penny University」でランチ。愛読しているフードブログ「Lady Ironchef」で紹介されていて前から気になっていたお店です。

a0328548_2239154.jpg
水曜日の昼下がりなのに満席。この人たちはみんなフリーランスか学生なのかしら?
a0328548_2239070.jpg
Fresh Grapefruit Juice (6 SGD)は今まで飲んだグレープフレーツジュースの中で一番美味しいかも!チーズバーガーは普通かな。
a0328548_2239276.jpg
ランチ後、East Coast Parkまで歩いてみることに。地図上ではすぐ近くなのですが、この大きな道路(イーストコーストパークウェイ)をどう渡れば良いかわからない…。HDB内をウロウロしていると、スケーター系の男の子がUnder Passまで連れて行ってくれました。
これは知らないと絶対分からなかった…。
a0328548_23173873.jpg
a0328548_2239352.jpg
地下を歩いて地上に出るとEast Coast ParkのCエリアに到着!

a0328548_2239458.jpg
道路と芝生の向こうにビーチと海が見える!子どもが遊んでいて平和な光景に癒されました。

a0328548_2239652.jpg
しばらく本を読んでまったりしていると、雲行きが怪しくなってきて…。
a0328548_2239796.jpg
あっという間にスコールが!近くにサンマルクカフェがあったので駆け込みました。Happy Hourでカクテルが30%オフだったので、サンセットビーチとともに再び本を読んで、1時間後、雨があがったので、バスで帰りました。
a0328548_2239862.jpg
イーストサイドはのんびりしていてサンタモニカみたいでした。イーストコーストパークは、バーベキューやスポーツができるので、休日は混んでいるようなのですが、こうやって思い立って平日の午後にのんびりしに来るにはいい場所だなと思いました058.gif

[PR]
by sakilog-sg | 2015-01-21 22:37 | シンガポール自然公園 | Comments(0)

一日に2、3回降っていた雨も、段々と少なくなってきて晴天続きのシンガポール。「雨季が終わった?今がチャンス!」と、森の中に歩道が張り巡らされた「空中公園」Hort Parkに行ってきました。

a0328548_121035100.jpg
オーチャードからは14番のバスで20分ほど。Alexandra Rd.で降りると左右に入り口があり、どちらに進むか迷いましたが、Harbour Frontの方へ。

a0328548_12395969.jpg
a0328548_12103723.jpg
水も持たずに散歩感覚で訪れた私たちですが、思ったよりも長く登りもあり、なかなかのハイキングコース。

ようやく道が開けて大きな洋館(Alkaff Mansion Ristoranteというイエメンの大富豪の豪邸を改装したレストラン)も見えたので、「ようやくゴール?」と思っていると、まだ道は続いている様子。

後どれくらいかね…。と思っていると何やら人だかりが。よく見てみるとお猿の親子がいる!

a0328548_12103843.jpg
可愛い!野生の猿なんてすごい!と興奮していると、人慣れしているのか近づいてくる。バリでの教訓を思い出し、慌てて頭の上のサングラスを押さえました。
そのまま進んでいくと今までの歩道や林道とはまた違う雰囲気の綺麗な道が。自転車やバギーの子連れのファミリーも多くいました。

a0328548_1210391.jpg

a0328548_12103919.jpg
逆光ですが遠くに見えるのはKeppel Bayと海。

a0328548_12104077.jpg
その後また林道に入り、
a0328548_12104141.jpg
最後はMt. Faberの駅に到着!

a0328548_121042100.jpg
パノラマビューが楽しめるレストランは夕暮れ時のカクテルに来てもいいかも。アパタイザーやラクサなどのローカルフードも充実していました。
帰りはロープウェイに乗ってみようか?と値段を見ると、なんと一人28ドル!(片道でも往復でも一緒みたいです)
帰りは下りだったので、歩いてHarbour Front の駅まで10分ほどで着きました。
そして目の前に停まったバスで帰宅。

自宅からバスで20分で景色あり、野生の猿あり、のユニークなハイキングコースが楽しめるなんてシンガポールの狭さ万歳!
Hort ParkのHPを見ると、今日通った道以外にもハイキングコースがあるみたいなので、今後もまた訪れたいなと思いました。

Hort Park
33 Hyderabad Road, Off Alexandra Road, Singapore 119578

Park hours: 6am to 10pm(7時以降はライトアップされます)




More
[PR]
by sakilog-sg | 2015-01-10 12:05 | シンガポール自然公園 | Comments(0)