サミログinシンガポール ーシンガポールLife備忘録ー sakilogsg.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

東京でのworking woman生活から一転、2014年11月からシンガポールで始まったゆるやかな日々を綴っていきます.


by Sammy
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:シンガポール生活初期( 6 )


仕事再開と旧正月料理


今年の旧正月は2/19(木)が元旦で週明けまで4連休です。街中で「新年快楽(シンネンクァイラ)!」と派手に書かれたオブジェが飾られ、金柑の鉢植えが置かれています。
a0328548_1371869.jpg
そして私が来星してから今日で3ヶ月。友人たちが2回遊びに来て、船便と航空便が来て、新年があり、バリ旅行があり、ウクレレとヨガを習い…と色々なことがありすぎて、3年ぐらい経ってしまったように感じるのですが、実際は11月から2月になっただけなんですね…。日本はまだまだ寒いし…。シンガポールのように季節がなくって日照時間がながいと、時間の感覚が狂ってしまう…。

そしてこのタイミングで仕事を再開することにしました。好きな時間に好きな事をし、趣味を楽しみ、シンガポール中を散策する生活は楽しいけれど、消費ばかりで生産性のない生活は少しストレスでもあり。(特に物価が高いシンガポールでは…。)
今は、夫の給料だけで生活や旅行を楽しめるけれど、いずれ東京に帰った時には二人働く、というのが現実的なので、キャリアは細々でも積んでおいた方がいいよね、とも思い…。

今までやってきたPRの仕事に近く、フリーランスのように自分のペースで働けるポジションが運よく見つかったので、トライしてみることにしました!

さて、今日は初出勤&歓送迎会も兼ねて、職場付近の中華料理屋さんで、旧正月料理「魚生(ユーシェン)」をいただきました。

a0328548_1372033.jpg
野菜の千切りに刺身、ナッツが加わったものを「ローヘイ(=今年もお金に恵まれますように)」といいながら箸で高く持ち上げ、みんなでかき混ぜます。

周りを見るとみんな立ち上がって盛り上がっていました。
a0328548_1371926.jpg
あまり美味しくないと聞いていたので身構えていましたが、まぁこんなもんでしょうか…?ドレッシングがあまったるいのがすべてを台無しにしている気がするので、来年は青じそやらピエトロ持参でトライしたいかなと(笑)。


しかし、久しぶりに敬語を使って複数の人と話し、書類を見たり会議をしただけで、ぐったりと疲れが。すっかり身体と頭がニート化していました。
3ヶ月前までは1時間かけて乗り継いで出勤し、ミーティングやアポや外出がいくつも入っていたなんて嘘のよう…。一人ランチに慣れてしまった今、接待ランチとかできる気がしない。ダラけてしまった自分が情けない…。
a0328548_1371789.jpg
気を取り直し、夕食はシンガポール3ヶ月記念に、チキンライスを作りました。
炊飯器に醤油や酒や生姜、ニンニク、長ネギと鳥ももを入れて、炊くだけ。
Huber'sで買った新鮮な鳥で。(こちらではホルモン剤が入っていない鳥を探すのにもひと苦労です><)

今日はスーパーも17:30までで、明日、明後日はどこもお休み。シンガポールはゴーストタウンみたいになってしまうのでしょうか。チャイナタウンに行ってみたいようなみたくないような…(笑)

[PR]
by sakilog-sg | 2015-02-18 01:37 | シンガポール生活初期 | Comments(1)

酢重ランチとMotoko Clinic


今日もオーチャードは快晴です。雨季は終わってしまったのでしょうか?
a0328548_22431641.jpg
今日は日本人の間で人気が高いマンダリンギャラリー内の「酢重正之」でランチをしました。
丸の内で働いていた頃はよく新丸ビルにランチに行ったお店。ヒカリエも軽井沢店も含め、これで全店行ったことになるのかな?と思いきや、ミッドタウンはまだでした。

a0328548_22431793.jpg
Suju... だそうです。ランチセットは27ドルの日替わりをオーダーしました。
a0328548_22431777.jpg
a0328548_22431824.jpg
ふかふかのご飯久しぶりで、口の中が一瞬痺れました。
チキン南蛮と鯖塩焼き、なすの田楽、きんぴらごぼう、ほうれん草のおひたし、明太子、という仲々ない正統派なまったくひねりのないメニューでしたが、美味しかったです。自分も料理のレベルを上げないと、と思いました、
a0328548_22432041.jpg
大きなプリンとほうじ茶飲み放題(無料のお茶はシンガポールではレア)がついて27ドルは悪くないかも…。でも、日本なら3000円近いランチなんて軽い会食レベルですが。やっぱり感覚が麻痺してきたのかも。

そしてその後向かいのパラゴンにある日系の産婦人科「Motoko Clinic」へ。評判どおりの綺麗な女医さんで、聡明でクールな印象でしたが、聞いたことには丁寧に答えてくれ、エコーも長い間説明しながらじっくり診てくれました。

心構えはしていましたが、最後お値段を見てやはりびっくりしてしまいました。シンガポールは本当に何もかもが高い!
でも、体は大事だし、必要経費だと思うことにします。
Motoko先生の説明のおかげで色々な心配事も解消され、やっぱり病院っていうものは早め早めに行くものだな〜と再認識。

a0328548_22432145.jpg
今日は夕焼けがすごく綺麗でした。

[PR]
by sakilog-sg | 2015-01-16 22:43 | シンガポール生活初期 | Comments(0)

2015年に建国50年を迎えるシンガポール。「SG50」というキャンペーンがあちらこちらで盛り上がっていて、マリーナベイの花火をどこで見ようか?とリサーチしていたところ、マリーナの水上に浮かぶコンサート会場「The Float」でイベントがあるらしいことが判明。オンラインでチケットを見てみると26ドルとリーズナブル!グループで買うとさらに割引あり、ということで友達夫婦+日本から来ているお友達+私たち夫婦+私の日本から来る友達の6人で購入。
a0328548_12400688.jpg
a0328548_12394193.jpg
だいたい予想はしていたけれど、会場に入るまですごい行列でした。19時に到着して、会場入りしたのが20:30。
a0328548_12424239.jpg
飲み物買うのにも時間がかかりそうなのでとりあえずシートへ。先にお友達夫婦が入って席を確保してくれていたので、みんなで良い席に座れました072.gif

a0328548_13120388.jpg

日本からの友達は22時チャンギ着。間に合うかドキドキしましたが、以前Uberという個人タクシーシステムを利用した時に友達になったドライバーの男の子にお願いしたので、彼女を空港内の到着ゲートでお迎えし、会場にオンタイムに送り届け、彼女のスーツケースを私たちのマンションにドロップオフまでしてくれて、すべてがスムースでした043.gif

23時。日本の友だちからあけおめLINEが。こちらは後一時間。
シンガポールの国歌が流れ、観客が歌っていました。
そしてついにカウントダウン!
SG 50 おめでとう〜!
a0328548_12434481.jpg
a0328548_12413920.jpg
a0328548_12412763.jpg
10分ほどでしたが、すごい迫力でした。日本の花火に比べて風情はないものの、間髪入れずにボンボンあがるのと、かなり間近で見たので、ダイナミックで綺麗だった!
a0328548_12454960.jpg
そしてお待ちかねの、「BIG BANG」のライブ
メンバーのひとりである「G-DRAGON」のライブは、埼玉スーパーアリーナに見に行ったこともありますが、遠くから豆粒ぐらいにしか見えない位置の席でもチケットが1万円ぐらいしました。
今回はこんなに至近距離で、しかも新曲含め10曲以上のパフォーマンスで、26ドルのチケット!観客も総立ちでかなり盛り上がりました。

年越し蕎麦もこたつで見る行く年来る年もなくて、少し「大晦日」感は足りなかったけれど、熱帯の夜でBIG BANGと花火のエネルギッシュな年越しも悪くなかったです070.gifいい年になりますように!




[PR]
by sakilog-sg | 2015-01-01 12:38 | シンガポール生活初期 | Comments(0)

シンガポールの現地メディアで働いているいとこに誘われてMBSで行われたファッションイベントに行ってきました。開始は夜の11時。日本だったら家を出て都心に繰り出すのにはかなり面倒くさい時間ですが、マリナベイまでタクシーで10分足らずなので、10:45に出て会場には11時に着いてかなり便利。
a0328548_01394441.jpg
今日はMCMのファッションショーの後、韓国のアーティスト「Bi (ピ、またはRain)」が登場するとのことで、若いかなり攻めのファッションの人もちらほらと来ていました。

a0328548_23080145.jpg
このライチの量!さすが東南アジアです。
a0328548_23080276.jpg
a0328548_23080374.jpg
TWGもスポンサーだったので、ミニタルトやマカロンがたくさんありました。夜中にライチマティーニとスイーツ・・・罪悪感よりも誘惑が勝ちました。
a0328548_23144354.jpg
a0328548_23080344.jpg
結局待てど暮らせど「Bi」は出てこなかったので、ギブアップして1:30頃帰宅。火曜日の深夜のイベントなのにかなり盛り上がっていてシンガポーリアンは元気だなと思いました。


[PR]
by sakilog-sg | 2014-11-25 23:05 | シンガポール生活初期 | Comments(0)

シンガポールに来て5日目。オーチャードの外に出て見たくて、ガイドブックを見ていると、どうやらチョンバル(Tiong Bahru)というエリアがオシャレらしい、ということになり行ってみることにしました。
a0328548_12265986.jpg
まだ携帯を契約していないので、アパートから一歩外に出るとネットが繋がらないため、出発前にGoogle Mapで行き方をチェック。
a0328548_19264480.jpg
行きたい場所(Tiong Bahru Bakery)と出発地を入れるだけで、バスの系統と時刻表まで出てくるんだからGoogleマップも本当に進化したもんだ…

アパートの真裏にあるバス停で待っているとバスが到着。こちらでは、タクシーのように手を上げないと止まってくれないとガイドブックに書いてあったので、違和感を感じながらも自分でバスを止めました。

a0328548_19240937.jpg
Pasmoのようなカード(Ezリンク)もまだなかったので、運転手さんに行き先を告げて言われたとおりの運賃を支払ったらいざ出発!シンガポールは緑が多くて道が広くて本当に綺麗。おまけに車内アナウンスもないもんだから、遊園地のトラムに乗っているような気分になります。降りるところは電光掲示板か、自分のiPhoneのGPSでチェックし、無事目的地周辺で下車。と思ったらいきなりのスコール…

チョンバルベーカリーは、渋谷でよく行っていたゴントラン・シェリエのゴントランさんのお店です。後から知ったのですが、実はオーチャードにもあり、シンガポールではかなり人気のお店なのだとか。
a0328548_19241026.jpg
a0328548_19241135.jpg
色々食べたかったのですが、とりあえずパンオショコラとラズベリージュースみたいのを頼みました。美味しかったけれど、日本に比べたらかなり高くバリエーションも少なく感じました。
a0328548_19241229.jpg
その後あたりをブラブラと散策。東京だったら時間もないしブラブラしたいエリアなんてあまりなかったので、平日に散歩できるというだけでものすごい幸福感です。一見ローカルなレストランが点在するだけの住宅地だけれど、突如オシャレなお店が現れるあたり、「シンガポールの南青山」と呼ばれているのもうなずけます。
a0328548_19241499.jpg
a0328548_19241350.jpg
団地の一角に突如現れた北欧系のインテリア雑貨やベビー用品が揃うお店「Bloesem」。キャンドルや家具や本や素敵なものばかり。サボテン鉢を買ったのですが、サボテンがなかったので、店員さんに勧められたチョンバルマーケットのお花やさんへ。後から知ったのですが、ここのマーケットは新鮮なお野菜やお肉が定評で、駐在員の奥様たちに人気なのだそうです。今度保冷剤を持って買い物に来よう。サボテンは、結局「Bloesem」の裏にあるお花屋さん「One Olive」で買いました。

a0328548_19241462.jpg
公団やローカルな飲食店が経ち並ぶ道を進むと「Books Actually」というガイドブックに載っていた本屋さんが。シンガポールは公用語が英語なので洋書の種類が豊富で値段も手頃なのが嬉しい。
a0328548_19241631.jpg
その隣にも素敵なセレクトショップが。アスティエがほぼフルラインナップで揃っていました。
a0328548_19241576.jpg
シンガポールに来る時にPR仲間の友人たちからアスティエのお皿をもらったな・・・と懐かしくなりましたが、つい2週間前のことです。まだ到着して1週間弱なのに遠い昔に感じるのはなぜだろう?

チョンバルを歩くことあっという間に3時間。また雨が降ってきそうだったので、急いでバスに乗りました。
セレクトショップの店員さんや途中道を聞いた人など、チョンバルで出会ったシンガポーリアンはみんな若くてオシャレで英語が上手。

カルチュラルでゆったりとした時間が流れるチョンバルは、一人で自由気ままに散策するのに楽しいエリアだなと思いました。




[PR]
by sakilog-sg | 2014-11-21 19:18 | シンガポール生活初期 | Comments(0)

不動産エージェントのアンソニーとマリナベイエリアからドライブすること10分ほどで、リバーバレーに到着しました。
今日は金曜日でコンドミニアムは見れないとのことなので、サービスアパートメントを下見です。
サービスアーパートメントとは、ホテルのような部屋にキッチンがついたユニットのことで、ハワイなどにあるヒルトンやマリオットなどのタイムシェアの部屋に作りが似ています。
サービスアパートメントの良いところは:
ー毎日クリーニングが入るので、部屋が常に清潔(お皿も洗ってくれます)
ー毎朝ラウンジやプールサイドで無料の朝食が用意される
ークリーニングを部屋から出して部屋に届けてくれる
ー宅配を受け取ったり、電球を取り換えたり、エアコンを直してくれたり、サービスが行き届いている
ータクシーを呼んでくれたり、傘を貸してくれたり、ホテル並みのサービスがある
ーフロントが24時間常駐しているので安心

なので、単身の駐在員の方などには打って付けだと思います。

私的には、夫婦二人だしそんなにサービスも必要ないし、ホテル暮らしみたいで落ち着かなさそうなので、コンドミニアムがいい、とアンソニーにメールで伝えていたのですが、
「掃除もしてくれるし、絶対楽ですから!」
とアンソニーが強く勧めてくるので、とりあえず下見することにしました。

リバーバレー以外にも、ロバートソンキーや、オーチャードから少し離れたシャングリラホテルの隣りにあるサービスアパートも見せてもらいましたが、どれも同じ理由(古い、廊下が外、家具のセンスがイマイチ、バスタブがない)で却下し、
「やっぱりサービスアパートはないかな」
と思っていたところ、最後に見た物件が、他のとは比にならないぐらい素敵でした。

外観はレンガの壁で落ち着いた感じ、ロビーもアールデコ風なハイセンスな感じで、デザイナー家具がラグジュアリーな感じ。そして、かかってある絵も私が大好きなNYのセントラルパークの白黒写真。偶然にも夫との初旅行の場所でもあります。
お部屋の中も、広くはないものの、家具もシンプルだし、なにより窓から見る景色は眼下に緑が広がっていて素敵。

スタッフも親切でプールも綺麗だし、いいかもしれない!ととりあえずサービスアパートの中では唯一の候補に。そこで今日の内見は終了となりました。

a0328548_12562579.jpg

[PR]
by sakilog-sg | 2014-07-10 01:06 | シンガポール生活初期 | Comments(0)