サミログinシンガポール ーシンガポールLife備忘録ー sakilogsg.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

東京でのworking woman生活から一転、2014年11月からシンガポールで始まったゆるやかな日々を綴っていきます.


by Sammy
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

シドニー最終日*オペラハウスとオーガニックコスメ


a0328548_14153318.jpg
ハミルトン島からシドニーに午後到着し、チェックインしたのはインターコンチネンタルシドニー。
次の日にシンガポールに戻るまでの1泊だけなので、ハーバーに近くてアクセスが良いロケーションを選びました。
a0328548_14075496.jpg
ハミルトン島のサービスアパートの倍の値段でこじんまりとしたお部屋だけれど、窓から見える景色がすごくキレイ!
眼下に広がるのは王立植物園。
a0328548_14075575.jpg
旅の前半のシドニー滞在ではオペラハウスに行く時間がなかったので、歩いて見に行くことに。
a0328548_14075589.jpg
金曜日の夜ということもあり、観光客の他にもアフターファイブを楽しむ人たちで賑わっていました。

a0328548_14075532.jpg
ライトアップされたオペラハウスが出現!
ハーバーの景観にマッチして何とも言えない存在感。
a0328548_14075635.jpg
館内にあるガラス張りのバーで、カクテルを。
ライティングがロマンティック。
シンガポールのマリーナの夜景のような豪華さはないけれど、しっとりしていて大人な雰囲気が心地よい012.gif

a0328548_14075692.jpg
ハミルトン島では毎日洋食で、さすがに舌が疲れてきていたので、ディナーにはお寿司をつまみました。
日本人向けというより、オシャレなラウンジみたいな感じで、お料理の内容は西麻布の権八を思わせる、外国人に受けそうな味付けが多かったですが、久しぶりの和食は美味しかったです。

*********************
そして次の朝。
窓のブラインドを開けると、何とも爽やか!

a0328548_14075661.jpg
夫は早速ランニングへ。
今日半日で最後だなんて名残惜しすぎる007.gif
a0328548_14075748.jpg
英国植民地時代は財務局だった歴史的建造物だけあり、ロビーの雰囲気もレトロ。

a0328548_14075757.jpg
朝食はバランスよくたっぷりと063.gif
a0328548_14075760.jpg
建物の雰囲気がとても気に入ったので、シドニーに来た時にはまた宿泊したいなと思いました♪
あと、サービスも良心的だなと思ったのが、ハンターバレーで買ったワインをハミルトン島に行っていた4日間預かってくれたこと!
瓶を持たずに移動できて本当に助かりました。
チェックアウトをし荷物を預けて、再度オペラハウスへ。
a0328548_14153318.jpg
ウォーターフロントではなく、植物園から歩いて行きました。

a0328548_14153304.jpg
実は正面から見ると3つ独立した建物になっています。
青い空とホワイトのコントラストが美しい…
a0328548_14153419.jpg
ツアーに参加しないと中には入れないので、建物の中だけサラッと見ることはできません。
なので、ツアーで見て回るとほぼ貸切状態でとても空いています。
a0328548_14153400.jpg
日本人ガイドの女性がとても上手で分かりやすかったです。そしてとても綺麗な方でした!
a0328548_14153404.jpg
シドニー交響楽団の本拠地でもあるオペラハウスには大小5つの劇場があって、オペラや演劇、コンサートなど年間1600以上が上演されているとのこと。ってことは1日5つ?!何とも忙しい会場なのです。

a0328548_14153530.jpg
デンマークの建築家、ヨーン・ウツソンによるデザインは、一次選考は落ちたものの遅れてきた選考員のサーリネンの目にとまり、233件の応募作品の中から選ばれたのだとか。
複雑な構造のため、工事が難航し、当初4年だった工期は16年にもおよび、ようやく1973年に完成しました。
2007年に世界遺産に登録されました。
a0328548_14153532.jpg
オペラハウスの屋根には105万6000枚という気が遠くなる数のタイルが使われています。
艶があるホワイトと光沢のないクリーム色が組み合わさってできているので、天候や時間によって見え方が変わるようになっています。
汚れにくい特殊加工が施されていて雨でキレイになるため定期的な清掃が必要ないのだとか。
建設されてから今までに掃除されたのは、2回だけらしいです・・・!

a0328548_14153512.jpg
30分の駆け足ツアーでしたが、あまり時間がなかった私たちには嬉しいスピード感でした。
地下鉄に乗ってショッピングモールへお土産と、コスメを買いに…!
a0328548_14153655.jpg
St. Jamesの駅を降りたところにあるのは大型デパートのWest Field
隣にはオーストラリアのDavid Jonesというデパートがあり、ここの地下に欲しかったブランドがほとんど集約されていました!

a0328548_14153600.jpg
ミランダカーが手がけるオーガニックブランドのKORA、おなじみAesop、ルームディフューザーで愛用しているGlass House、Ecoyaのキャンドルなどなど。ハーブが入ったネックピローなどもあり、もっと時間があれば色々見たかった…
それにしても、オーストラリアってオーガニックコスメがたくさんあって本当に羨ましい…

a0328548_14170466.jpg
ホテルに戻り、荷物をピックアップしたら地下鉄で空港へ。

a0328548_14170519.jpg
この赤茶色の大地も見納め。
思い立って2月に予約して3月に決行したオーストラリア旅行だけれど、7泊8日のシドニー&ハミルトン島はとても充実したプランでした。
レンタカーでワイナリーに行ったり、アイランドゴルフを楽しんだり…
白い砂浜で朝からシャンパンを飲むなどという非現実的(かつちょっと手持ち無沙汰)なことをしてみたり。

美味しい空気を吸って、美しい景色をたくさん見て、心からリフレッシュできた旅でした。
またいつか来れたらいいな…012.gif


最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2016-06-02 22:53 | 海外旅行 | Comments(0)