サミログinシンガポール ーシンガポールLife備忘録ー sakilogsg.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

東京でのworking woman生活から一転、2014年11月からシンガポールで始まったゆるやかな日々を綴っていきます.


by Sammy
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

シドニー3日目* Hunter Valleyワイナリーへドライブ


a0328548_16261756.jpg

3日目はワイナリーへ行く予定にしていたけれど、ツアーに入るのか自分たちで行くのかギリギリまで決められず、レンタカーを予約したのが前日の夜。
Red dotという会社で保険入れて100ドルぐらいで予約できました。

ナパでは自分たちで、パースではツアーに参加したけれど、早朝〜夕方まで時間を取られるのと、違うと思ったワイナリーにもいなくちゃいけないのと、ランチ場所が選べない、などを考え、ドライブも兼ねて自分たちで行くことにしました。
a0328548_16122519.jpg

旅行先のレストランはいつも私がリサーチしているので、3日目の朝食場所は夫に調べて決めてもらうことに。
a0328548_16231750.jpg
Edition Coffee」というカフェで、サリーヒルズの住宅街の一角にありました。
a0328548_16231796.jpg
客層はオシャレでヒップな感じ。休日のようなゆったり感ですが火曜日の朝です。
a0328548_16261648.jpg

a0328548_16282159.jpg
比較的新しいこのお店は、北欧x日本xオーストラリアという面白いコンセプト。
素材はオージー、メニューは北欧x日本って感じです。
店内は北欧家具で落ち着いた雰囲気です。
ミューズリーも、レンコンドッグも美味しくて、丁度いい軽さでした。
お店を出るときに、オージーの店員さんが「ジャーネー!」って笑顔で手を振ってくれました。
日本に住んでいたことがあって日本語がペラペラなんだとか005.gif

朝食後、Museum駅近くのレンタカーで車を借りたら、ナビに最初のワイナリーを入れてGo!
a0328548_16122574.jpg
この日もいい天気でした058.gif
a0328548_16122554.jpg
とても運転しやすいハイウェイ。
a0328548_16122572.jpg
2時間ほど進むとのどかな風景が。
a0328548_16122573.jpg
シドニーから車で2時間ちょい北上し、ハンターバレーに到着しました024.gif
まずはインフォメーションセンターでパンフレットを集めてから、
a0328548_16244992.jpg
最初のワイナリーTyrrell'sへ。
昨年ビンタン島にも一緒に行った元同僚&親友Eちゃんからのリコメンで。
彼女は、青山のアカデミードゥバンに通い、シドニーに弾丸出張中に一人でハンターバレーを訪れたワイン通027.gif
このワイナリーは、4代家族経営を続けてきた老舗でオーストラリアで初めてシャルドネの商品化に成功したのだとか。
a0328548_16261756.jpg
アットホームな雰囲気で、テースティングルームもとても小さく質素。
若い女性とおじいさんの二人が気さくに色々なワインを注いでくれます。
セミニョンを購入。

その後、2件ほど回り、ランチ場所へ。
ハンターバレーはナパと違って、ワイナリー同士がとても近いので、周りやすい!
a0328548_16244991.jpg
夜もオージー料理の予定だったので、お昼は「Cafe Enzo」でイタリアンにしました。
a0328548_16261720.jpg
キンキンに冷えたプロセッコが爽快!
a0328548_16261780.jpg
サラダとパスタ。
こんなにこじんまりした田舎のレストランでどうやったらこんなに本格的なイタリアンが作れるの?というぐらい、凝った味で美味しかったです011.gif
a0328548_16261735.jpg
ランチが終わった時点で2時半ぐらい。
レンタカーは6時リターンが厳守だったので、駆け足であと2軒回ることに。
McGuiganはハンターバレーでもメジャーな大型ワイナリー。
テイスティングも賑やかに混んでいたけれど、サービスがとてもスムーズで、アドバイスも的確。Shirazを買い、先日バーベキューに持って行きましたが、美味しいと好評でした016.gif
a0328548_16244813.jpg
最後はDe Bortoliという、これまたEちゃんオススメの一軒へ。
種類が豊富で、美味しいと思った白が7ドルという驚愕のお値段!
翌日からのハミルトン島で飲むために2本ゲット。

シンガポールに帰ってきてから思うのですが、ワイナリーでもっとたくさん買いたかった!
でも、スーツケースに入れて持って帰るのには限度があるし、梱包して発送するのも面倒だし…
4〜5本気に入ったのが帰ればベストかなと思いました。

レンタカーもギリギリ6時に返して、ディナーへ。
NYからハネムーンで訪れている友達夫婦と会うことになっていたのですが、予約してくれたEsterは、前日と同じChippendaleにありました。
やっぱりこのエリア流行っているのかな?
a0328548_16274234.jpg
メニューには、Leek/Sesame Sauce/Bread Crumbs
とか、Roasted Cabbage/Mustard/Miso
のように、素材と基本的な調理法が書かれているだけ。

最近Telok Ayerにできたオーストラリアン「Cheek by Jowl」もそんな感じなので、オーストラリアで流行っているスタイルなのかも?
a0328548_16115567.jpg
リークや
a0328548_16115422.jpg
エビ、
a0328548_16115436.jpg
タコと生ハム、
a0328548_16115408.jpg
などのほか、 Bone Marrowも…
ほとんど男性陣が食べましたが…
お料理はどれもダイナミックで、素材をそのまま生かしていて、美味しかった!
前の日のKensington Street Socialのは二人で分けるのにちょうど良い量なのに対し、
こちらはボリューミーなので、4人で行って良かった011.gif
a0328548_18103851.jpg


次の日からはいよいよハミルトン島へ…!


最後まで読んでいただきありがとうございました!よろしければワンクリックお願いします058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sakilog-sg | 2016-03-21 16:31 | 海外旅行 | Comments(0)