サミログinシンガポール ーシンガポールLife備忘録ー sakilogsg.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

東京でのworking woman生活から一転、2014年11月からシンガポールで始まったゆるやかな日々を綴っていきます.


by Sammy
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

パースDay1 フリーマントル



今日からいよいよパース旅行。朝7時の便なので、まだ暗いうちからタクシーを呼んでチャンギへ。
「空港で朝ごはん食べて飛行機で映画見て…」とルンルンで予定を立てていたのもつかの間。
スピード狂のクレイジータクシーに当たってしまったのです025.gif

こちらのタクシーは運転が荒いのが常ですが、時速130キロで高速を飛ばし(「Slow Down!」とスピードメーターに警告が出ていたほど)思いっきりGをかけてくるので、速攻車酔いに。
おそるおそる「アンコー(シンガポールではよくおじさんをUncleと呼びます)、私車酔いするたちなので、少しスピードさげていただけますか」と聞くと「I'm a safe driver!」&舌打ち。逆効果でした。
「神様今死ぬのはいやです。パースから帰ってきてからにしてください!」と祈ること20分。なんとかチャンギ空港に到着。
かなりグロッキーな状態で、飛行機の中で立て続けにリバース…。フライトを台無しにしてくれたアンコーにイラ立ちながら、パースに到着しました。

a0328548_12485052.jpg
パースの気温は32度でほぼシンガポールと一緒なのですが、カラッとしていて風が冷たくて、ロサンゼルスとすごく似ています。「Loneliest City」との異名を持つパースは世界の都市の中でも近くに街がないことで知られていて、一番近い都市はインドネシアの首都ジャカルタなのだとか。確かに地図でも見てもかなり「ぽつねん」としています。

a0328548_12595798.jpg
レンタカーを借りてまずは4泊滞在するサービスアパート「Assured Ascot Quay」へ。
パースには、ホテルよりもサービスアパートの方が多く、Booking.comでもたくさんチョイスがあって迷ったのですが、ここを選んで大正解でした。
a0328548_13072402.jpg
決めてはパースを流れるスワン川上流にあり、Google Mapで見るとその周りに公園が広がっていること。
白鳥がいる川沿いを毎朝散歩して本当に気持ちがよかったです。

パースの街中までも10分ほど。道は広くて運転しやすいし、シンガポールのように飛ばす人もいないし。サイクリングをしている人も多くてなにもかもがゆったり。
a0328548_13060966.jpg
サービスアパートにチェックインするも、早めの夕食に出かけようということで、パース近郊の港町「フリーマントル」へ。
a0328548_12494224.jpg
シーフードの人気店「Kailis」で食べることにして、まずは街を散策。
着いてから気がついたのですが、パースがあるウエストオーストラリア州ではこの日は「Labours Day」といういわゆる勤労感謝の日で祭日。お店が8割方閉まっていました。祝日は旅行前に調べておくべきですね。
a0328548_12504792.jpg
a0328548_12504866.jpg
地ビールの工場「Little Creatures」は空いていたので、ビールを買って海辺で夕日を見ながら一杯。
a0328548_13182755.jpg
a0328548_13130885.jpg
その後「Kailis」に戻り、シーフードディナー。
店内でシーフードやワインを購入して外で食べるので、気軽な感じですが、ちゃんとワインクーラーまで用意してくれて、ファーストフード感がないのが嬉しい。


a0328548_12534508.jpg
オイスターにロブスターに、フィッシュアンドチップスに…。これだけ食べて4人で100ドルぐらいでお得感満載です。
海とシーフードと広い景色、そして何よりパースの人はみんなとても親切!
はじける笑顔で「No Worries! (You're Welcome)」と若い人もおじさんも優しく、接客も丁寧。
チップ文化じゃないのに素晴らしい。

パースでは気持ち良く過ごせそうな予感です。来て良かった…!

[PR]
by sakilog-sg | 2015-03-12 13:23 | 海外旅行 | Comments(0)