サミログinシンガポール ーシンガポールLife備忘録ー sakilogsg.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

東京でのworking woman生活から一転、2014年11月からシンガポールで始まったゆるやかな日々を綴っていきます.


by Sammy
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2015年新年はバリへ*夕日とバリ腹→ブキティマの水炊き「鶏金」


バリは夕日が本当に綺麗でした。インフィニティプールに映ると更に美しく、2日目も3日目もプールサイドでカクテルを飲みながら夕日を堪能しました。

a0328548_23104303.jpg
a0328548_23171208.jpg
2日目の夕食はTripadvisorでもスミニャックのレストランで1位のインドネシア料理「Bambu」へ。
オープンエアで、とても素敵な空間。サーバーの服も白いバリの民族衣装で素敵でした。男の人も長い長いスカートにお花を頭につけているのに全然違和感がなかった。バリの男の人たちは、みんな肌が小麦色でツヤツヤで、細マッチョで、目がキラキラしていて、かなり美男子でした。
そして、バリの人たちは物腰が柔らかく、サービスがきめ細かく、ホスピタリティ精神にあふれ、まるで日本のレストランにいるような気持ちになりました。

a0328548_23173036.jpg
a0328548_23182728.jpg
味付けもマイルドで素材が新鮮で、美味しかったです。

そして、これは3日目の夜に起こったことなのですが、某レストランで食べた後、夜通し激しい腹痛と嘔吐に見舞われ、ほとんど一睡もできませんでした…。朝になっても収まる様子がなく、このままの状態だとフライトに乗れない、と思い、ホテルが連絡してくれたスミニャック市街のクリニックに行くことに。
a0328548_23271828.jpg
お医者さんは、症状を聞くなり「よくあります。特にここ2、3日。注射を打ちましょう」と。
なんの注射かわからなかったし、ここ2、3日、とはどういう意味なのか詳しく聞きたかったけれど、フライトの時間もあるし、とにかく胃痛が激しかったので、注射をすることに。

飲み薬を処方されて全部で1万5000円ほど也。
デンパサールの空港で、コーンフレークを食べてから飲み薬を飲んだら、飛行機には乗れるくらいの症状にはなり、一安心。無事シンガポールに帰ってまいりました042.gif

インターネットでしらべると「バリ腹」といって、このような原因不明の腹痛は誰にでも起こるとのこと。
ミネラルウォーターで歯磨きをしたし、気をつけてはいたつもりでも、やっぱりプールには入ったし、サラダも食べたので、まったく菌が入ることはなかったとも言い切れず。しかし、どう気をつければいいんでしょうね。またバリには行きたいのですが、この思いは二度としたくはないな、とも思い…。複雑です009.gif

帰国後もしばらく収まらず、食欲もなかったので、ブキティマに新しくできた水炊き屋さん「鶏金」に行ってまいりました。

水炊きのほかにとんぺい焼きとポテサラをオーダー。
とんぺい焼きとポテサラはとっても美味しかったです。
水炊きも、作ってくれるし、それなりに美味しいのですが、スープと野菜と鶏を一緒に食べたい場合には、ちょっと歯がゆいかも。というのも最初にスープだけ飲んでから最後の雑炊まではほとんど汁気がないまま具を食べることになるからです。
a0328548_23470920.jpg
a0328548_23470386.jpg
a0328548_23465793.jpg
でも、お店の雰囲気とコスパはとてもよかったし、新鮮な鶏の出汁のおかげ(?)でこの後バリ腹は快復したので、もう一度行ってみたいと思います。

鶏金

住所:557 Bukit Timah Rd Crown Centre 1F

電話:6464-5908 

18:00~23:00(LO22:30)
土日祝12:00~15:00、18:00~23:00(LO22:30)


[PR]
by sakilog-sg | 2015-02-02 23:07 | 海外旅行 | Comments(0)