サミログinシンガポール ーシンガポールLife備忘録ー sakilogsg.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

東京でのworking woman生活から一転、2014年11月からシンガポールで始まったゆるやかな日々を綴っていきます.


by Sammy
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

急な辞令で8月中旬に本帰国してからすっかり更新が滞ってしまいました。

本帰国直前まで通ったお気に入りのレストランやスリランカ旅行など、また後日アップしたいと思います…!

帰国してからは、1ヶ月六本木のサービスアパートに滞在し、その間に家を決める予定でしたが、お盆休みなどもあり、結局決まるまで1ヶ月半ほどかかりました。
a0328548_14532322.jpg
(注:ヒルズレジデンスではなく、もっと古くて狭いサービスアパートです…119.png

シンガポールの広さと眺望、築浅、駅近など考えると、なかなか予算内に収まる物件がなく、難航しました。
東京の家賃、心なしか上がっている気がします。
上記の条件を満たすとなると、タワーマンションが出てくるわけですが、高層が苦手で地盤が良いところでないと不安、緑が窓から見える景色を希望、とすると、必然的に低層になってくるわけで…
その上、眺望が抜けている、となるとほとんど無かったのですが、ようやく理想の物件が予算内で見つかりました。

というのも、「駅近」という条件をはずしたからだと思います。
もともと独身の頃は、駅まで自転車で通っていたし、運動のためにも徒歩13分は許容範囲かなと思い。
シンガポールで考えると割と遠く感じますが、今後はウォーキングを日課にしたいと思います!
a0328548_14532240.jpg
帰国してしばらくは、雨が続き、シンガポールでの日々が懐かしくなりましたが、自分でも拍子抜けするぐらいにすぐに慣れました。2年8ヶ月過ごしたシンガポール。暖かい気候といつでも車を呼べる環境は恵まれていたけれど、日本の快適さはやはり素晴らしいなと思います。本帰国した方々が口を揃えて言う「サービスの良さと食の充実」、自分が帰国するまでは「へ〜」って感じでしたが、その2点は大きいです。
加えて、秋の気候と雑誌や美術館の展示や、コンサートなど文化的な面と。
今から2年ぶりの秋が楽しみです110.png

そして、個人的に帰国してよかったと思える理由が、いつでも美味しい麺料理が食べれること♫
ひとりのお昼や、夫と一緒の週末は、麺料理を食べログで検索して、食べに行ったり。
どのエリアにも美味しいお店があるので、わざわざ行かなくとも、ショッピングに行った先で検索して、入れるのが本当に便利だと思います。

今日までに行った美味しい麺屋さんを一部ご紹介します162.png

黒ごま冷やし坦々麺
学生時代を過ごした吉祥寺はよく行く街で、暑い日にはこれが無性に食べたくなって3回ほど行きましたが、ゴマの風味と辛さがたまらない一品です。

新宿伊勢丹の7階にある銀座アスター。1600円しますが、母に勧められて食べてみたら納得の味でした。今まで食べた中で一番美味しい担々麺かも…?

a0328548_13503944.jpg
麺屋 藤しろ(目黒)
目黒駅から徒歩2分、雑居ビルの1階にある鶏白湯つけ麺のお店。
ネギは九条ネギ、メンマの代わりに筍、とこだわりを感じられる具材に、弾力があり香り高い麺と、柚子が聞いた鶏白湯スープが絶妙にマッチ。フレンチやイタリアンの経験がある店主と聞いて納得。つけ麺好きとして、いろいろ食べてきましたが、かなりレベル高いと思います!

a0328548_13504177.jpg
朧月(銀座)
有楽町にほど近い銀座6丁目、東急プラザ銀座の裏あたりにある小さなお店です。
平日の昼時に訪れましたが、サラリーマンがほとんど。10分ほど並びました。オーソドックスな魚介豚骨は濃厚ながら重すぎず美味。太麺も食べ応えあり、チャーシューの炙り具合、卵の半熟度も申し分ないです。女性にはちと量が多いカナ…(並でも)

a0328548_13504006.jpg
まつもと(西荻窪)
無性に冷やし坦々麺が食べたくなった昼下がり。西荻の小さな中華料理屋にして1500円は高いとわかりつつも、トライしてみました。見かけによらず辛くてボリューミー。そして、かなりこだわりを感じる味!でも、私の中ではやっぱりOL時代によく食べた表参道の希須林を超えるのは難しいかなぁ。

a0328548_13504214.jpg
雲林坊(日本橋)
東京の東の方に明るくない私ですが、学生時代からの友だちに連れていってもらいました。
汁なし担々麺は、香港で食べて以来ですが、美味しくて、一気に食べてしまいました。シンプルなんだけど、味が抜群。山椒が鼻に抜けて美味しい…!

a0328548_16472089.jpg
百日紅(新宿三丁目)
明治通りを挟んで伊勢丹の向かいにあるビルの地下2階にあるお店。濃厚煮干しつけ麺は超濃厚ながら美味しすぎて飽きのこない味でノンストップで完食しました。あ、でも、途中でスープをあっためてもらいました。ひや麺のコシを残しつつ、熱いスープが好きな私には嬉しいサービスです!

a0328548_13503024.jpg
一歩 (杉並区 ※最寄り駅なし)
中学生の時から通っている地元のラーメン屋さん。正統派の博多豚骨ラーメンは、細麺と絶妙にマッチ。いつ食べても満足度が高いラーメンです。漫画がズラーッと並べられていて、アットホームな雰囲気も落ち着く。辺鄙な場所でも、土日は行列でだいたいいつも30分は待ちます。でも、並ぶ価値のある味!

a0328548_13503106.jpg
冷やし担々麺(自作)
番外編は、どうしても大至急冷やし担々麺が食べたくなった時に作った自作です。
豆板醤や甜麺醤を入れてもお店の味にならないのは、黒胡椒と山椒が足りないから…?作ってみてあらためて担々麺の奥深さを感じました。

食テロならぬ麺テロな記事になってしまいました…。
シンガポールでの2年と8ヶ月、美味しいレストランには出会えたけれど、やっぱり麺好きとしてはちょっと物足りなかった。
日本が天国に感じます…(笑)
ここに挙げた以外にも相当量の麺屋を巡っているので、体重が増えたことは言うまでもなく…
新米の美味しい季節、これからどうやってしぼって行こう…。

今週末はついに新居への引越しです。
落ち着いたら、麺以外のグルメ記事もアップしたいと思います(←食べることしかしてない…)




[PR]
# by sakilog-sg | 2017-09-25 16:59 | 東京 | Comments(0)

a0328548_11095110.jpg

大好きなお料理の先生がシンガポールを去ることになってしまったので、一緒に通っていたみんなでブーケをプレゼントすることにしました。

Upper ThomsonのFar East Floraにお昼前に集合。
バスを降りて階段を降りたらすぐ右手にある大きなところです。
a0328548_11064029.jpg
(詳しくは以前の記事をどうぞ⭐️)

a0328548_11064602.jpg
ゆっくり吟味したいところですが、中はとにかく極寒。
何度も外に出て暖をとりながら、お花を選びました。
上は厚手のパーカーを持って行ったけれど、靴下を忘れたのは失敗でした!

4人ともブーケ初心者なので、お花のレッスンで習った3色以上は使わない、だけを念頭に選んだのですが、大きさや形など、種類の違うお花を組み合わせるのって本当に難しい…
しかも、素敵だと思っても意外に高かったりするので、あっという間に予算オーバーになってしまいます。

a0328548_11020810.jpg
選んだお花たちは、一旦我が家で水揚げをし、その間に近くの李白で飲茶ランチ♫

お腹も満たされ、ブーケ作り開始です!
a0328548_10572640.jpg
先生の分と自分たちのアレンジメント用にお花を仕分けたら、葉や茎を下処理します。
この作業がそれぞれのお花の個性を知る大事なプロセスだとレッスンで習いましたが、確かに、観察することで、その後どのように組んだら良いを考えることができて楽しい!

先生のブーケは一番上手なMちゃんが。
a0328548_11021631.jpg
赤と白のカラーがシンガポールっぽく仕上がりました♫
メインの花は大人っぽく、ユーカリや小花を入れることで可憐な感じが出て、先生の雰囲気とぴったりだねとみんな満足^^

マンゴームースを作ってあったので、お友だちが持ってきてくれた手作りの絶品チーズケーキと、ティータイム。
a0328548_11022345.jpg
お花作りにリーバイの飲茶におうちでティータイム…なんて絵に描いたような駐妻の昼下がり!笑

花市場で買うお花はひとつひとつが多いので、こうやって3〜4人で行って買って分けるのがいいと思いました。
お値段的にもお得だし、種類も多く買えるし!

こちらはレッスンで作ったアレンジメント

a0328548_11023027.jpg
アスチルベやネコジャラシのような繊細なニュアンスのお花はさすが先生のセンス。

蕾だったフリージアも2日後にはこんなに満開に。
a0328548_11301583.jpg
部屋が甘く優しい香りに包まれました♫
最後まで読んでいただきありがとうございました058.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by sakilog-sg | 2017-08-22 11:32 | シンガポール生活:日常 | Comments(4)

a0328548_20583276.jpg
日曜日はコーズウェイベイのお粥で朝ごはんを食べた後は、Dim Dim Sumで早めのランチ。
美味しかったけれど、全体的にちょっと大きめ。頼みすぎに注意です。
a0328548_16560884.jpg
お店を出る頃には人だかりが。人気店なんですね〜

その後、歩いて湾仔の方に行き、リートンアベニューで紅茶などお土産を。
a0328548_16590007.jpg

a0328548_17101499.jpg
トラムに乗って中環に行き、エスカレーターでハリウッド通りまで行き、デザインショップが集まるPMQへ。
香港っ子の友だちとボーイフレンドと合流して、大平山通りを案内してもらいました。
a0328548_20583308.jpg
ここのLOF10というギャラリーカフェラテがすごく美味しかった❤️

a0328548_20583423.jpg
新旧が混在しているのだけれど、調和がとれていて落ち着く雰囲気。

a0328548_20583536.jpg
外団を降りたり登ったり。左手にあるのが彼らがオススメするベーカリー「Po's Atelier」。

a0328548_20583559.jpg
建物もとても素敵なのですが、パンオショコラが美味しいというので、テイクアウトしてみました。

a0328548_20583652.jpg
実際、めちゃくちゃ美味しくて、今まで食べたパンオショコラの1位2位を争うほど!
後から調べたら、日本人が監修しているとのこと。どおりで!
a0328548_20583661.jpg
北欧家具のお店があると思えば、

a0328548_20583750.jpg
中国茶のオシャレなサロンがあったり。
a0328548_20583838.jpg
試飲して、お土産にいくつか購入。
パッケージもシックで素敵でした。

a0328548_20583849.jpg
香港っ子たちとお別れして、中環に歩いて戻り、バスターミナルから2階建バスに揺られてビクトリアピークへ!



[PR]
# by sakilog-sg | 2017-07-13 20:46 | 海外旅行 | Comments(0)

a0328548_19042847.jpg
香港3日目の朝はグランドハイアットをチェックアウトしてコーズウェイベイのホテルへ移動。
チェックイン前にホテル目の前のリーガーデンズ「西苑」にて早めのランチ。
ジャッキーチェーンが惚れ込んだと言われる名物チャーシュー。
美味しかったけれど、かなりボリューミーでした。

a0328548_19042972.jpg
リーガーデンズの周りは整然としていてちょっと高級な雰囲気。
でも一本入るとかなりローカル感のある通りになったり、香港って面白い。

a0328548_19043094.jpg
これから2泊する「Lanson Place」。
香港で唯一Small Luxury Hotelsに加盟しているホテルです。
こじんまりとしていて、プールもレストランもないけれど、一泊2万ほどとかなりお値打ち。

a0328548_19043176.jpg
女性の一人旅or出張にいいかも。
なぜこのホテルに移動したかというと、今日から東京から元同僚の女友達Aちゃんが香港旅に参加するから♩
手頃でアクセスが良くちょっとオシャレなこちらのホテルを選びました。

Aちゃんは小さい頃に香港に住んでいて、大人になってからも頻繁に訪れている香港好き。
夜景と辛いものが大好き!
無事に4時ごろ落ち合って、すぐに少しドレスアップして向かったのは、歩いてすぐのPullman Hotelのルーフトップバー。
a0328548_19043184.jpg
前日ご飯を一緒にした香港っ子たちが、Le Laboというフレグランスブランドのパーティーに誘ってくれたので行ってみることに。
a0328548_15281098.jpg
グランドハイアットから見るのとはまた違った景色。後ろを振り返るとビクトリアピークが見えて、山と海に挟まれたロケーションが神戸やサンフランシスコに似てるなと思いました。

カクテルを楽しんだ後は、予約していたSoHoの四川料理「四川菜太平伙へ。
マイルド目でお願いしたけれど…
a0328548_19043287.jpg
見るからに辛そう!でも・・

a0328548_19043207.jpg
平然と黙々と食べる香港っ子たち。
スリランカに行った時も思ったけれど、やっぱり生まれながらにして食べ続けてる人たちは本当に辛さに強い。

a0328548_19043334.jpg
ひーふー言いながら辛くもとても美味しい四川料理を堪能した後は、
香港っ子たちがお勧めする話題のデザート屋に。
ガイドブックにも載っている香港名物のエッグワッフル鶏蛋仔(ガイダンジャイ)をパフェにアレンジしたもの。
チョコレートと、中に入っているパッションフルーツのゼリーが絶妙にマッチして美味しかった♩

a0328548_19043396.jpg
セントラルの駅を突き抜けてフェリー乗り場に行き、いざ未知の世界「九龍」へ!
この日は香港返還20周年前でフェリーがタダでした。
さっきまでいた場所を海の上から眺めるのは不思議な気持ち。

a0328548_19043442.jpg
ものの10分足らずで九龍側へ到着。
香港っ子たちは、香港島側に住んでいるので、こんなに近くても月1ぐらいしか来ないのだとか。
高級ブランドが建ち並ぶ広東ロードを過ぎたら、いきなりセンター街のような喧騒。
人が多くてびっくりしました。
そして中でも服装や大人数で歩く姿で目立っていたのは本土から来た中国人たち。
a0328548_15252360.jpg
香港っ子たちが連れて行ってくれたのは「Woolloomoollloo」というバー。
この前にもアイバーに行ってみたけれど、激混みでした。多分ほとんどが観光客といった客層。
a0328548_15242892.jpg
予約もなしに飛び込みで入ったのにこんなに素敵なソファ席が空いていてラッキーでした。
それにしても、四川料理➡️フェリー➡️ルーフトップバーと、自分たちの地元なのにザ・観光なプランに付き合ってくれた香港っ子たちに感謝です♩

[PR]
# by sakilog-sg | 2017-07-03 18:54 | 海外旅行 | Comments(0)

香港二日目は前から予約していたヘアサロンへ。
コーズウェイベイにある「Assort」は外苑前に本店がある日系サロン。
NYやアムステルダムにも出店しています。インスタで見たスタイルが気に入り予約しました。

電話で場所の確認をしたら「18階です」と言われたので、近代的なビルかと思ったら割とローカルな雑居ビル。
香港は古いビルでも高層なんですね〜
a0328548_13570370.jpg
ミニマルなインテリアがスタイリッシュな素敵なサロン。
ディレクターの鈴木さんは立ち上げで香港に2年半前に来たのだとか。
私がシンガポールに住んでいる期間とほぼ一緒で、しかも同年代で親近感!

いろいろな香港ネタを教えてもらいながら、思い通りのスタイルに仕上げてくださいました♪
a0328548_13573315.jpg
ヘアサロンを出ると通りを挟んでシャネルのCoCo Cafeが。
シンガポールに来た時は予約して行きましたが、香港でも予約制らしく入れませんでした。
トレンディな香港女子をじっと観察する怪しげな私…
a0328548_13575825.jpg
ちょうどランチタイムだったので、ヘアサロンのすぐそばにある汁なし担々麺のお店へ。
a0328548_13590390.jpg
ローカルなおばちゃん二人と相席でしたが、いずれも真っ赤な担々麺と惣菜をものすごい速さで食べていました。
a0328548_14020225.jpg
小心者の私は1辛にしましたが、十分ピリ辛でした。
そしてめちゃくちゃうまい〜!!!
一人ゆえ誰かと分かち合わないのが残念すぎるくらいのうまさ!
山椒、ピーナッツ、豆板醤、唐辛子・・・複雑なんだけどシンプルにうまい!
そして麺のコシがやばい。
このお店はもう一度食べたくて後日再訪しました。

困ったのが私の広東語がしょぼすぎて全然お茶をもらえないという・・・
「ンゴイ」のアクセントの位置が間違っていたみたいです。

口がヒリヒリするまま、タイムズスクエア地下のCity Superへ。
そして見かけたのが、会社員時代にお世話になっていたRF1!
a0328548_14041463.jpg
なんて便利なの香港!
素敵ヘアサロンに激ウマ担々麺に惣菜屋さんに。
香港住みたいかも!と思っちゃいました。

そしてMTRにのって中環(セントラル)へ。

お目当ては有名なミッドレベルエスカレーターに乗ること。
ウォンカーウァイの「恋する惑星」にも出てきましたね。
a0328548_14115969.jpeg
香港版アメリ?的なこの映画。
フェイかわいい♡

a0328548_14062396.jpg
a0328548_14063501.jpg
坂が多いとは聞いていたけれど、エスカレーターを何本も登ってもなかなか上までたどり着かない・・・
途中、スーパーの袋を両手に持って登っていくメイドさんを何人も見かけました。
坂の上の高級住宅地で雇われているのかな。ここまで坂が多いと買い出しも一苦労ですね。

a0328548_14071470.jpg
シンガポールにもあるPureも坂の途中にありました。
通うの大変そう・・・。

頂上に着いたらギャラリーなどを見てから歩いております。
入念にリサーチしたはずの香港旅行ですが、夜中の12時までエスカレーターが登りだけなのは盲点でした。
a0328548_14072671.jpg
ハリウッドロードのBe Juicedでアサイーボウルを。
やっぱり食べ慣れたものを口にすると落ち着く・・・

そしてMTRで一旦ホテルへ。
a0328548_14345806.jpg
グランドハイアット11階のサウナはSPAを利用しなくても入れて窓からの景色が絶景。
じんわりしながらハーバーを行き交うフェリーを眺めてリラックス。

a0328548_14350734.jpg
ラウンジからの夕焼けがとても綺麗。

夜は少しオシャレしてまたSoHoへ。
大学時代の友達が紹介してくれた香港っ子たちが連れて行ってくれたのは、モダン香港料理のお店と、カクテルが美味しいバー「Stockton」。
a0328548_14363977.jpg
クリスチャン・ルブタンのPRと香港のデパートLane Crawfordでマーケティングをしているとのこと。
シンガポールにもよく出張で来るのだとか。
私もファッションで働いていたので、話が弾んで楽しかった!
a0328548_14451065.jpg
美味しいカクテルとともに夜は更けていくのでした。



[PR]
# by sakilog-sg | 2017-06-30 14:48 | 海外旅行 | Comments(2)